ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami farm
電話 0845-24-0465 大地の恵み
お買い物はこちらから送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
新着情報 Information
 プライバイシーポリシー
 農家兼業日記51
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク(ちょこっと寄り道)
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
お買い物 He buys it and it is a thing.
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
商品一覧 Goods list
 柑橘類
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 ハーブ類
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
因島のおばあちゃんのみかん園スタッフです!
準備中

 私たちが栽培しています

携帯用Qrcord
ホームページ
携帯Qrコード ホームページ
メール
携帯Qrコード メール
戻る 農家兼業日記1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
16 17
18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
 35 36 37 38 39 40 41 42  43 44 45 46 47 48 49  50
塗装工事が終わり足場が外される 
足場が外されたので久々に洗濯物を外に干しました 丸テーブルクロス用のリネン生地が届く
2018/2/21 今日は出荷はありませんでした。
先週、外壁塗装工事と雨どい取替工事が終わり、今日足場が外されました。1か月半ぶりに窓から外の景色、、、
洗濯物も外に干すことが出来ました。

長屋アパート6室の玄関ドアの取替工事も今日から始まりました。
玄関踊り場もコンクリートからタイル張りになる予定です。

店舗部分の玄関に関しては、DIYでやらせてほしいと伝えています。
他の5部屋に関しては、大工さんに、センスよく色の組み合わせをして統一感を持たせてね。。とお願いしました。
「はい、わかりました!」と気持ちの良い返事、出来上がりが楽しみです。。
店舗以外の建物周辺と、アパート内の補修工事は、因島で息子たちと取引のある業者さんにお願いしています。

今日は、おでんを煮込みながら、作業ズボンの繕いや、足場が外された後のゴミの片付け、痛めている膝の筋トレ

午後からテーブルクロス用のリネン生地も届いています。
ワッフル生地はキッチンクロスに、、テーブルセンターもいろいろとデザインを考え中、、
センスとか全く自信がないけれど(+o+)、、
チクチクが大好きだから、ただ早く作りたい。。。
無肥料栽培で木を元氣に育てることが出来るか
深さ60cmの水脈 腐葉土でおさえて
2018/2/20 午前中レモンの収穫出荷、午後からみかん山で、苗木のメンテナンスの続き。
水脈を塞がないよう、周囲に15年以上堆積した腐葉土を入れていきました。

温州みかんの無肥料栽培を成功させたい!自然栽培指導者による指導の下、指導通りに1年生苗木を60本植樹しましたが、3年ほどですべて枯れ、1本も育ちませんでした。指導者は「収入にするためには農薬を使いんさい、実が生るようになってから使わんようにすりゃぁええんよね」と、、、しかし、何があっても農薬は使わないという一念で取り組んでいましたから、収入以前の問題ととらえていました。
1年生苗木では育たなかったので、3年生苗木を植えました。1年生苗木のように枯れはしないものの、5年以上経っても成長しないばかりか、老木のように幹周辺に苔が出はじめたのです。

そんな時、大地の再生矢野智徳氏との出会いがあり、問題を抱えた木のメンテナンス方法を教わりました。
問題は木よりも大地にあったのです。根を張っていけるような大地でなければ、木は健全に育っていかないのだということをしりました。
6段目の蜜柑ぎ2本のメンテナンスが終わりました  
昨年、5段目の宮川温州2本の内1本を水脈と空気通しのメンテナンスを行ったところ、数か月でみるみる成長し、木の幹周辺の苔がだんだん薄くなくなってきているのを確認しました。この春からの成長が楽しみです。
レモンは原木だから性質上強く、無肥料でも良く育ちます。
しかし、柑橘樹はほとんどがクローン。台木に接ぎ木をして出来るみかんの木、人が手を加えなくなると、数年もすると枯れてしまいます。自然のなかに放置されると、雑木のようには生きていけません。

なり年には衰弱し、害虫の的となって枯れていくみかんの木を、悲しく見守ることしかできなかった8年間、、、
切り上げ剪定の無肥料自然栽培では、温州みかんの木は衰弱していく一方でした、、

ブドウの自然栽培をしていた知人も同じ思いを語ってくれました。
こうした無肥料自然栽培のリスクについて、どう対処していくべきかということを、農家に伝えることは、指導面において重要なことだと考えます。

あるミカン農家さんが、収入が半分以下になってしまいアルバイトしなければ生活できなくなってしまったという現実を、自然栽培講習会で語られたという事実もありました。

木はストレスにより甘い実を生らしますが、これでは、木に負担をかけているにすぎず、いくら甘い実が生ったとしても、決して喜ばしいことではありません。

市販の苗木が、無肥料の圃場では何故育たないのかということを色々と考えました。
育つどころか、退化していく苗木たち、、、
台木を育てる段階から、肥料や農薬が使われているとしたら、環境が全く異なる場所ではなじむことが出来なかったのかもしれない、、、それなら、無肥料自然栽培下のカラタチの種を撒き、台木を育てることから始めてみようと、数年前から取り組み始めました。

出荷と収穫、圃場の整備、剪定作業、スタッフの指導に追われる中、接ぎ木をするタイミングを2年程のがしてしまいましたが、3年前、レモンの接ぎ木苗5本を知人から分けてもらうことが出来、1年場所になれる期間を設けた後、2年前に植樹、やはりレモンは原種なので、40cmほどから2m以上によく育っています。市販の苗木よりも、趣味で育てた苗木の方が元気にたくましく育つのは何故なのでしょうか。商売用の苗木を育てている圃場と、そうでない圃場との違いは明らかです!
よく育っているレモンですが、この苗木の周囲のメンテナンスも必要と考えています。
 
2018年2月20日の夕暮れ
明日も晴れ。。そろそろ一雨ほしいと思う夕暮れ時。。

刻々と移り変わる景色を見ながら、朝まででも動いていたいと思ってしまう、

あぁ、、だけど、もう少しと思う前に切をつけよう、、、

大事な時が訪れようとしているのだから、
  今日も目標に向けて、元氣に取り組むことが出来ました

すべてに感謝、、、

今日のお昼はヨモギ餅・おやつはサツマイモ 
 

2018/2/19 出荷後、先日勝浪さんに頂いたヨモギ餅を蒸し焼きにして、今日の昼食、超エコな器で頂きま~す(*^^*)
おやつにお芋も持ってきた。

さて今日も頑張ろう

茨城県のオーガニックサツマイモ
2018/2/19 苗木の周囲をほりすすむと、出ました!花崗岩の岩盤層、、、中々進まずちょこっと休憩中、、、
くたびれちゃった、、 
苗木の周囲をメンテナンスス 15年以上の腐葉土
2018/2/19 炭を撒き入れ、作業している直ぐ上の、15年ほど竹や雑木や草など積み重ねできたフカフカの腐葉土を撒き入れ、古竹や古木、剪定枝や竹を敷き、炭を撒き入れ粗腐葉土を撒き入れ、暗くなって、スマホの電池も22%。。
最後まで写せなかったけれど、竹の枝を差し込むところまで出来ました。今日もやり切れた!!

お芋もお餅も美味しかったな~ 

腐葉土を撒き入れる 竹や炭、腐葉土を撒く オーガニックルッコラ入りおにぎり
 2018/2/19 今日も暗くなるまで頑張れました。帰ったら、息子がご飯を炊いてくれていたので、ポム・ド・テールのルッコラをおにぎりに入れて、お味噌汁といただきました。一汁一菜の喜び!(^^)! 
少しずつ進んでいるという喜び
苗木周辺の水脈整備と整地 苗木周辺の水脈整備と整地
2018/2/18 受注出荷準備後、昨日切っておいた竹の枝を落とし、50cm~70cm長さに竹を切り、圃場両脇の雑木林と竹藪に切り重ねてあった竹や腐食した切株など燃やし、一部は斜面の端に土止めとして竹の枝と共に差し込み、表面の草たちを土止めした上に戻しながら、雨が降ってきたときにも、削った斜面が流れないように、所々点穴と水脈を作りながら少しずつ進んでいく。
自然の景観を壊さず、周辺とのバランスを見ながら、なだらかで作業がしやすく、安定感のある圃場になるように。。。
西の空に三日月、山の精霊たちの声が聞えはじめる、、、もう終わりなさい、、かえりなさい、、   
西の空に三日月
 2018/2/18 17時過ぎ、高校時代の恩師T先生から「ワカメを届けたいけど、帰ってる?」と連絡あり、、、「暗くなるまで仕事してるから、頂きに伺います」と答えると、「いいえ、帰ったころに届けるからね」と言ってくださって、採れたてワカメをボイルして、1回分ずつに小分けし、焙煎した菊芋茶もティーパックに入れたものと、チリメンジャコまで届けてくださいました。自然の恵みをいただけて心がほっこり、幸せいっぱいの一日だった。。。早く休んで明日も元気に頑張ろう!
 野菜のパスタ&赤ワインとセロリーの葉っぱ入りケーキ
オーガニック野菜の重ね煮のパスタ オーガニックセロリの葉っぱとオーガニック赤ワインのケーキ
2018/2/18 ポム・ド・テールの野菜たちの重ね煮(人参、玉ねぎ、ジャガイモ、セロリ、トマト)と古代小麦ファッロのパスタ、お鍋の下に薄塩を振って、トマト、セロリ、ジャガイモ、玉ねぎ、にんじんの順番に重ね、上に薄塩を振って弱火で煮込み、手作りハーブソルトとガルムを加えただけのパスタです。野菜のうまみが凝縮されて調味料類いろいろくわえなくても美味しくいただけました。

赤ワインとセロリーの葉っぱ入りケーキ(国産薄力粉、重曹、有精卵、菜種油一番搾り、オーガニック赤ワイン、天然塩、オーガニックシュガー)レモンのママレードをはさんで!(*^^*)!毎日がオーガニックだったら、超幸せ。。。
昨日の続き、、、 
青い空 苗木周囲の水脈整備 水脈整備に利用する竹を伐採
2018/2/17 今日は週一の整体治療の日でした。穴掘りやってると、腰にかなり負担もかかるので、腰の調整をしていただきました。お昼過ぎ、出荷を終えみかん山へ。
真っ青な空!気温は低いけれど、お日様がポカポカ暖かい。6段目2本目の苗木のメンテナンス。
傾斜のきつい斜面の土を低い方へ下ろしながら整地。

竹が足らなくなって、20m下の竹藪から、切って運んで、(^o^;)今日も良い汗かきすぎました、┐(´д`)┌
段々畑、一段上に上がる度、この作業はきつ~い!!
実が生りだしたら、もっと大変~
でも、4駆トラック、ここまでは上がってくれました、ほんまに感謝♬(*^^*)
天びんで肩に担いで運んでた時代のことを思うと、、贅沢は言えないなぁ、
つい20数年前まで車は上がらなかったわけだから、お婆ちゃんやご先祖様はなんて働き者だったんだろう、、

昔の人はえらかった(^-人-^)

苗木の植樹準備&苗木周辺のメンテナンス 
苗木植樹の準備と苗木周辺のメンテナンス
2018/2/16 今日の出荷は2箱のみ、13時からみかん山で、苗木の植樹準備。
3.8m間隔に植穴の位置を決め、借り掘りしました。

苗木から1m周囲に水脈の溝を掘削中、表面の土を掘っていくので、土砂流れを防ぐため、石垣近くに点穴も掘っていく。
この点穴は、圃場周囲に水脈の溝を掘り進めながら間隔を開けて溝より深めに掘っていきます。この点穴は土砂流出を防ぎ、雨水や泥をろ過し、川や海を濁さない役割もしてくれます。

植物の根は空気を好むので、水脈を整備したところに根を張っていきます。土中に空気が通るようになると、地割れが起こり周辺の通気が良くなるため植物が元氣に育つようになります。

              水脈整備の順番 

              水脈整備の順番

              水脈整備の順番

 一番上に竹の枝を斜めに差し込み、炭と粗腐葉土を撒き入れながら空気通しの出来る水脈を整備していきます。

               水脈整備の順番
                    ★ こんな感じで、圃場の水脈整備を行っています ★

楮(こうぞ)の根が圃場一面に張り巡っているので、苗木周辺の根っこを除去しながら、土を移動。
きつい傾斜を緩やかにするため、石垣から圃場半分の位置まで30cmほど土を掘り下方へ移しながら、苗木周辺のメンテナンスの続きも。。。

楮(こうぞ)とは、紙の原料になる植物のことで、草丈50cm~150cm、親株は地表から地中40センチくらいまで根を下ろし、地面20~30cm深さまで根を横に伸ばしながら地面を覆いつくす、食用にもなり草堆肥にもなりますが、蔓延ると勢力旺盛で困ったちゃんです。。楮の根っこを取りながら、掘り進めているので中々思うように捗りません。

切った竹は藪周辺に重ねて置いているので、燃やして炭を作り、土をかけて冷まして利用します。
 
貴重な野菜たちが届きました
ポムデトールの野菜は安心安全
2018/2/15 先週、農園見学に来て下さったポム・ド・テールさんより、自然栽培、有機栽培の野菜の宅配便が届きました。
ご訪問いただいた折りに頂いたお野菜のあまりの美味しさに感激、調味料なくても美味しい野菜たちです。
代表の藤木宏美さんは、農家さんのこだわりの栽培方法を実際に取材しなければ、お客様に伝えることが出来ないと言われ、因島を訪問してくださいました。彼女の食に対するコンセプトは、「信頼」
食とは「命」であり、豊かな「人生」そのもの、決して贅沢ではなく、とても「大切」であるという位置づけ。
レモンの丸ごとママレード&すだちの果肉ジャム レモンの果肉酒 スダチ酒
 2018/2/15 豆乳ヨーグルト用に半端もの、凍傷レモンの果皮と果肉を分け果肉は半分果実酒に使い、残り半分刻んで煮込みました。あんまり甘くなくてとろみがあってほろ苦みと酸味が効いた健康志向のママレードです。すだちも糖分いれず素材(果肉)だけで煮込みました。
調理にも利用します。冷凍で保存。
レモン酒はてんさいオリゴ糖と蜂蜜入りで甘酸っぱさとホロ苦みがあり、スダチ酒は、糖類なしですが、栄養価が高くほんのり素材の甘みが感じられます。滋養によいかも?
 
 お客様から届いた八朔ピールチョコとお手紙
 2018/2/14 先月八朔をお買い下くださった東京都のお客様から、八朔ピールチョコと共にこんなお手紙をいただきました。

村上農園 葛谷仁美様
先日は 自然栽培の八朔をありがとうございました。
「ああ!!この味」と思いながら、夜中の仕事中の休み時間に、大切に1個ずつたのしみにいただいています。
東京郊外ならでは...なんですが、24時間営業のスーパーで夜中から朝にかけての品出しの仕事をしているのですが、アトピーなどがあり仕事場であつかう品が食べられない事が多く これだけ食品があふれているのにと なんだか変な世の中になったなぁと思う事も度々です。
 自然農にせよ、農薬を使う農家さんにせよ、お仕事に休みはなく、大変なことと思います。
流通の現場では、心が痛む現場に出会う事も日常で、せっかくの品を無駄にしてしまうのに心苦しいばかりですが、せめて、私が手にした食材については、いただけるところは、あまさずいただこうと努力しています。
料理は得意ではないので、おいしいかどうかはわかりませんが、先日購入した八朔の皮はすてずにすべてとっておいて、こんなものを作ってみました。
感謝の気持ちを込めて、幸せのおすそ分けです。ご笑納ください。

お体に気を付けて、来年も又、取り寄せられるよう、私も仕事にはげみますので、よろしくお願い致します。

                                                            R.O
ps、八朔の甘皮も、植木鉢にうめて、腐葉土(?)にしています。昨年の土からヒヤシンスが芽をだしました。
咲くのが楽しみです!!

これからも安全な農産物作りに精進してまいります。
そして、せめて、小さな因島の一角だけでも、本来あるべき自然の姿を未来永劫残せるように、、、この一角が、癒しの地となることを夢見て、里山保全に生涯をかけて取り組んでいきたいと願っています。ありがとうございます!!
 出荷後みかん山へ
苗木の周囲の水脈整備と空気通し 苗木の周囲の水脈整備と空気通し 水脈整備と空気通し
 2018/2/14 2時過ぎに出荷作業終了、苗木周囲の水脈の深さ65cm、固い花崗岩の層があり、残り2mを掘り進むのに1時間半ほどかかりました。17時半頃何とか掘り終え、古竹、新しい竹、剪定枝、枯草、腐葉土や竹炭・木炭をばら撒き入れながら竹枝を差し込み、空気通しと水脈整備完了。始めて何日後だったかな?
バックホーを使おうかな、、、作業効率を上げないと、期間内に終わらないかも、、、1回習っただけだから、慣れるまでに何日かかるんだろう、、、考えすぎるとくらくらするから、行動あるのみ、、
みかん山の整備
伐採した雑木や竹の山を片付けています 水脈整備に使う炭を作っています。 ひゃ~!!髪の毛じりじり~
 2018/2/13 出荷作業後、お山の片付け中
水脈に使う物を分けて燃やしていると、髪の毛ジリジリ~
お嫁に行けないわ~(*。*;

竹や雑木の山を片付けています たくさんの炭ができた

竹と雑木の小山がなくなった~!! 広々~
空気の通りもよくなった。。。どこかに、マテバ椎ノ木を植えたい。

小雪が舞う寒い日でしたが、水脈で使う竹も6段目まで運んで、軽く汗をかいて良い運動になりました。

暗くなってもトラックのライトを照らしてついでの作業、、どんぐりの木の前の竹の小山も片付きました。

生態系のことも考慮して、ここが植生豊かな場所となるように、朽ちてもろくなっている竹は、そのまま地面に敷いて、土に返るのを待ちます。新しく切ったものと、古いものと、中間のものと、炭と粗腐葉土を混ぜ込みながら、苗木の周囲のメンテナンスを行っていきます。少しずつ、焦らず急いで、

 八朔の様子を見に..
寒さで果皮がしおれ気味な実もあります 八朔の苦みはどの程度?
2018/2/12 スマホの電池切れが早いのでSDカードを64GBにしました、写真や動画を整理しよう
今日は八朔園に様子をを見に行ってきました、行ったら電池切れ、出る前は90%あったのに、移動している間に15%まで落ちてる。結局写真撮れないまま帰宅、AUショップに持っていって見てもらったら、写真動画の容量でいっぱい。
どの程度の苦みがでているか試食するため、木の内側の実を収穫し試食。
写真ではわかりにくいですが、果皮がしおれたようになっている実もあります。温かいと根も多少なり動くのですが、寒気が強いので完全にストップ状態。気温が上昇してくると水分を吸い上げていくので、苦みが薄まり果皮も柔らかく剥きやすくなって、酸抜けもグンと進んできます。
今年のような長期的な寒さは、今まで経験がありません。
今後木生りで残した八朔ちゃんたちはどのように変化していくでしょうか、、、この寒さで落下する実も半端ないくらい多くて、果たして残るのかな???と思っています。
さて、お味は、平均グレープフルーツ程度のホロ苦み、部位的に出ているものあれば、出ていないものもありました。
寒気が直接あたる外側の実はやはり苦いです。しかし、凍傷は起こしていないので、島内でも気温が2度くらいは高いようです。
明日の出荷準備と、保管八朔の出荷。スマホの電池切れが早いので、SDカードの容量を増やし、データ移行。画像や動画の保存先をネットで管理するようにしました。
レモンの収穫に 
生口島にて自然栽培レモンの収穫 寒気の当たらない木の中ほどの自然栽培レモンを収穫 凍傷にあったレモン
2018/2/11 午前中生口島へレモンの収穫に行きました。12時半頃までかかって20kちょっと収穫し、凍傷のない実を選別箱詰め。外気にさらされるところは凍傷が出ることがあるため、出来るだけ木の内側の実を収穫、外側の実(北側)は凍傷が出ています。山側(南西)は大丈夫です。インド原産だから、この寒さは厳しいよね、、、レモンの苗木の葉先は茶色くなっていた、、枝枯れが起こるほどの気温ではないけれど、マイナスが頻繁に長時間続いているので、みかん山のみかんの木たちも葉っぱがうなだれているよ、、、

生口島を分断するように山と山の間を大きな道路が通ってしまったことによる自然破壊、、、道路際にはコンクリートの川と圃場の間にもコンクリート化された小川、、、
工事前の小川は、圃場を潤し、動植物が豊かに生息できる場所だったに違いありません。

みかん山へ入っていく国道沿いも、現在トンネル工事が行われています。山肌は削られ、コンクリート化されています。竹藪がまた今以上に暴れ、山が荒れていく、、、

自然と共生できるように工事が出来ないなら、しなければよいのに、、、、
深く自然観察をし、人と自然が繋がるように開発をしていくことは出来ないのでしょうか。
日本の公共工事の「公共」とは何を意味するものなのでしょうか、、、

雨の日にふと....
2018/2/10 雨降りです。受注出荷後、事務処理をしながら、ふと思いついて
藍染絞りのテーブルクロスがあったことを思い出す、2,2m巾のテーブルにはちと小さすぎ(^-^;
春・秋用にコートを作ろうと思って買っていた花柄生地、幅110、5mあるけど無理、
円周690,8㎝、W巾で6mあれば、、、一枚物を見つけられるといいけど


店舗の丸テーブルのテーブルクロスもリネン&コットン素材で作れたら、身体にも環境にもやさしい生地がみつかるといいな。。。すっきり斬新に、とも思ったり、、やさしい雰囲気に、とも思ったり、、

季節や気分でコーディネートできるように、その都度考えるのも楽しいかな。。。
こうしてみると、好きなことに没頭できる時間も無きにしも非ず、、、
まてまて、、、無理をしてまた症状が悪化すると危険、、、大事なことから無理せず進めていこう、、、

寒気の影響で、収穫出荷作業は劇的に少ない、こういう時に圃場の整備に集中できることは、農園の未来を造ることにつながるので、今年は是が非でも苗木の植樹に向けて、時期を逃さず取り組んでいきたい。。。

店舗工事は今のところストップ状態ですが、建物の補修工事は進んでいます。屋根と外壁の塗装が終わり、連休明けには樋の取替工事が始まります。アパート6棟のドアの取替も進行中。
何かと気忙しい中、3月は決算期。。。決算書の確認作業ももう少し、、、
因島田熊町のデコポン
因島田熊町の自然栽培デコポン 因島田熊町の自然栽培デコポン
 2018/2/9 午前中、事務外回り、出荷作業後久々に整体治療に、畑のメンテナンス・体のメンテナンスどっちも必要~
上写真は、70代から自然栽培に取り組む因島田熊町勝浪農園さんのデコポンです。
袋がけをし、大事に育てられ、果汁が蓄えられているのでどっしりと重みを感じます。酸味も感じますが甘すぎず自然な味わいです。糖度12度以上15度の実も含まれます。

先日、どこかの果樹栽培農園さんが、FBで、、「自分が栽培したものを絶対美味しいとは言わない、味は個々で好みがあるので、美味しいというのは、食べてくれた人が言うことであって、栽培者が言うものではないと思っている」 と。。。
確かに好みもあるようです、我が家の息子2人、柑橘はあまり食べません。
末っ子は八朔は大嫌いのようです。なんで!!って思ってましたが、あきらめの境地。
みかんは、時にうまいうまいと何個か食べてくれる時がありますが、八朔食べる?って聞くと、
ウルトラ不機嫌になっちゃいます(+o+) 
柑橘の味は、疲れて体調不良の時には、すっぱく感じることがあったりします、味覚は体調の変化によっても変わるようです。
みかん山の整備 
日が少しずつ長くなっていく
18時前、、今日の夕日はやさしかった、、、 
アラ腐葉土と腐葉土を採取 最終仕上げはアラ腐葉土巻き 水脈整備
 2018/2/8 朝、大工さんと玄関ドアの取付けについて最終的な打ち合わせ後、出荷作業、午後1時半からみかん山へ。
炭を巻き、粗腐葉土と、腐葉土を撒いて、、

傾斜面のメンテナンスもしながら、、、後少し

点穴に入れる竹の長さが約80cm以上、、固い土の層まで掘っていくとこんな深さになってしまった
掘った土を、傾斜面に均していくときに、炭を撒き、竹の枝や古竹を敷き、
土をかけ、また炭を撒き、枝を敷き、と繰り返してなだらかな斜面に、、、

因島田熊産デコポン18kのみ 
自然栽培デコポン 自然栽培デコポン
因島田熊町のデコポン、糖度13度~
18kのみの販売です。。
因島田熊産正品八朔完売・キヨミオレンジの収穫に
自然栽培キヨミオレンジの収穫と出荷 自然栽培訳ありキヨミオレンジの収穫 自然栽培キヨミオレンジ 自然栽培キヨミオレンジの糖度13.5度
2018/2/7 今朝も水道管凍結、1室破裂!何なんだろう!この寒さ....
出荷準備中は、皮手袋をはめていても手が冷たくて、火鉢に炭火を起こして手を温めながら作業...
因島田熊産八朔、正品は完売となりました。ご利用いただきありがとうございました。
ワケアリ八朔をカートに登録、販売中です。

午後2時過ぎキヨミオレンジの収穫に行き、箱詰め、
今日は、出荷作業と事務処理に手間取って水脈整備はお休みでした。
小雪が舞うような日でも、お山の仕事が楽しくてみかん山が恋しくなります。
伐採して小山になっている竹や雑木を炭にして、周辺の竹の伐採をしながら水脈整備、ここの木々がしっかりと大地に根を張って、衰弱しないようになることを目指して。。。
出荷と農園整備作業 
苗木周辺の空気通し作業、 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、のネーブルオレンジん
2018/2/3~2/5 茨城県つくば市より、ポムドテール藤木宏美さん(八百屋さん・種まく人・グラフィックデザイナー)が農園見学に来られていました。貴重な自然栽培のお芋・根菜類をお土産に頂戴いたしました。ありがたや(*^^*)
2/4、午前中はみかん山で水脈整備のお手伝いをしていただき、正午過ぎ家族の台所市でお買い物もし、尾道イーハトーヴ「Le Chat」の土井さんを訪ねて坂の道を散策、、、三人で小魔女のカフェ「ブーケダルブル」でハーブティーを楽しみながら、土井さんのお話に聞き入っておりました。
道に迷いながら坂道を降りて、商店街の無添加ラーメンの文字が気になって、瀬戸内の白身魚料理と小魚スープのあっさりラーメンを堪能、帰宅後、大地の再生中国支部代表下村さんも来られ、小さな薪ストーブを囲んで姦しい一夜、腹筋が痛くなるほどウルトラ笑いこけてしまいました(;^ω^)。。。いっぱい歩いて・笑って・とっても健康に良い一日でした!(^^)!

2/5午前中、みかん山にてポム・ド・テール藤木宏美さんから頂戴したサツマイモをロケストで焼き芋に、、、下村さん・藤木さんにレモンや座代々(橙)の収穫のお手伝いをしていただき、お昼過ぎ手打ちそば屋「はな」さんで昼食、午後3時過ぎ、お二人は帰路に。。
集荷時間ぎりぎりに出荷準備を終え事務処理。そして、部屋の片づけ、お洗濯。夕食は末っ子が毎度おおきに!カレーを作ってくれました。残り物も、美味しくいただいて、今日もめいっぱい充実した一日でした。。。感謝(*^^*)


2/6 因島田熊産八朔は、2Lサイズが完売、LMサイズも2/7が最終出荷となりそうです。
出荷作業後、5段目木の周囲の空気通し、水脈整備完了?6段目苗木の周辺の点穴と水脈整備の続きへ
2段目の夏みかんの周囲も点穴だけ掘って作業終了
訳あり八朔の出荷を2/7より開始予定です。
 
因島田熊町の自然栽培八朔 
因島田熊町の自然栽培八朔 因島田熊町の自然栽培八朔
2018/2/2 果皮もきれいでジューシーです。明日から出荷いたします。 
デコポン出荷中 橙の収穫と出荷 自然栽培橙がよく出ています
 2018/2/2 すっぱい夏みかん・橙がよく出ています。デコポン・八朔・ワケアリ八朔、そして、果皮障害の出ていた大津みかんもおかげさまでお嫁入しました、うれしい~(*^^*) ありがとうございました。。  
 2018/2/1 雨降りです。受注・出荷作業・事務処理。寒気で果皮障害の出たレモンをジャムに、蜂蜜とオリゴ糖入りで煮込み中。したいことはいっぱいですが、ここのところ連日治療にも行かれず睡眠不足も続いていたら、耳の調子が悪化してきた気障し、、、睡眠不足だけは避けなければ、、、とは言っても、それもできないときもありますが、今日は早めに休みます。
昨日の続き 
竹炭作り 点穴と溝に竹炭を撒く 果皮障害を起こした柑橘を処分 水脈整備
2018/1/31 月末の事務処理と出荷作業後、2時半頃から昨日の続きの作業。
動いていると軽い汗、発汗すると気持ちまでリフレッシュします!(^^)!
寒い時期はトレーニングとかしないと汗をかくこともないので、とても心地よいです。

50cm近い穴を掘って竹炭作り。
竹炭を水脈の溝と天穴に撒き、竹・竹枝・伐採した木切れなどを入れていきました。
暗くなってしまったけれど、上からも竹炭を撒いて、今日の作業は終了です。  
 
西南西には生口大橋 西の風景 みかん山の中段から頂上見た景色
 2018/1/31 みかん山にいるとほっとします。風が心地よく、作業の後押しをしてくれる。。。
暗くなってきても、野宿したいと思ってしまう場所、みかん山からの夜景は、光もほどほどでとても気持ちが安らぎます。生口大橋を通る車のライトが、ラッシュ時を過ぎると時折光って、、、
人の営みが見えてくると、山中に一人でいても、物寂しくは感じません。
 寒気の影響で買い障害を起こした大津みかん 果皮障害があっても中はきれいで美味しい 果汁を60度まで温めて ミカンジュース
2018/1/31 やっぱりもったいなくて捨てられず、ジュースに加工
60度まで温めて、酵素が生きるように。。そして瓶詰め、冷凍保存すると膨張して瓶が割れるので、8分目くらいまで。。これでOK
ホットみかんで飲んでもとっても美味しいです、温まります。
FBから発信したところ、買い取りたいとのコメントをいただいたので、お届けすることにいたしました。
お嫁に行けて良かったね!おめでとう!みかんちゃん(*'ω'*) 我が家にももう少し残して、果肉を冷凍、

ここで酵素なるもの仁ついての文献です。
高価な酵素サプリが体内ではどうなってしまうのか、面白いことが書かれています。http://kinbow.seesaa.net/article/214709650.html
こちらも、、↓
http://kinbow.seesaa.net/article/220535262.html

バッテラとお吸い物と茶わん蒸しと酢の物と無添加日本酒 天ぷら定食 海鮮丼
2018/1/31 久々に家族でお寿司屋さんへ、、、そして、久々の「これが酒じゃ!」の「天宝一」(福山の純米酒、無添加)
それぞれに、思い思いのメニューを。。。息子たちはお持ち帰りのサラダ巻・巻き寿司も頼んでいました。
パソコンと離れて、清々しい空気の中作業していると、本当に体が喜んでいることを実感します。

治療のおかげもあって、復活できました。
左耳の耳閉感は今も続いていますが、お仕事は引退しない限り続くので、出来るだけパソコンと離れ、電磁波の影響のないところでリフレッシュできるよう心掛けたいと思っています。
それから一番よくないのは睡眠不足、全身運動、有酸素運動をするじかんを持つことは忙しい時にこそ大事。
学びたいことも、健康あってなので、睡眠だけはしっかりとるように、週2回はお休みありが良いかもしれませんが、事務仕事がいっぱいあるので、夜中・休日もしなければ終わらないのが現状です。引き継ぎを早くして、決算書の処理は息子にバトンタッチ、目標設定のために出来るだけ早く動こうとすることもすべて自分を追い詰めていくのだけれど、しなければ何も変わらないので正念場、、、、個人事業の落とし穴ですね、、、脱出しなければ!
出荷作業とみかん山での作業 
50センチ掘ると固くてねばい粘土層が出てきた
2018/1/30 送りの準備後、15時過ぎにみかん山へ
此木が果たして蘇るのだろうか、、大地の再生矢野智徳さんが、生き返りますと言っておられたので、希望を捨てず、空気通しを行っています。点穴部分は、地面の堅い層が出てくるまで掘り下げました。50センチ掘ると固くてねばい粘土層が出てきた、反対側は荒く硬めの真砂土の層、花崗岩の山を崩して石を段々畑の石垣につき乍ら開拓した土地なので、下の方は固い層になっているようです。水脈はかなり深く掘っていくため、今日には終わりませんでした。 
 
下に伸びている根はなく、浅く横にのびている 木の根っこが深いところまで到達していない。

根の深さがよくわかる。50センチ以上掘ったところに根は見あたらない。
呼吸困難をおこしているんだろうなぁ、、明日月末の事務処理後、来れるといいけど、

果皮障害の出ている実を土に返すため、帰るまでに穴掘りもしなければならず、とりあえず、こちらの水脈と空気通し作業は一旦止めて、
 

穴掘りです 果皮障害のある半端な柑橘を穴に投入
 2018/1/30 衰弱している温州みかんの近くに半径60cmの孔を、40cm程掘ったところで17時の音楽が流れてきました。
辺りが薄暗くなってきたので、ピッチをあげて、ここ掘れワンワン!
寒い時期に汗をかくことも少ないので、毛穴のデトックスチャンスだ~とばかり掘って掘って~、20分ほどで土の堅い層が出てきたので、とりあえずここまで!

販売できない果皮障害のある実を穴に投入。。。
こんな穴をいっぱい掘ると、木も元気になるかしらん(^^; 

一日でいっぱい掘るには、バックホーが速い、、
使わないと上達しないし、慣れるまでは傾斜がきつい場所なので、中々勇気が湧きません。
2018/1/29 昨日収穫した八朔・レモンとワケアリネーブル、小柚子、橙、菊芋、キウイ、ハチミツ、ハーブ類の出荷と準備作業に昼食抜きで、30日夜中1時過ぎまでかかりきりでした、、、

明日も残りの出荷を頑張ろう!こんなに手間取ったことはなかったけれど、何とか一段落出来そう。。。
治療にも、行かれず仕舞いだった。
明日は、時間が出来るといいな(^-^;...
支払いの準備もしておかないと、、月末も近い。

自然栽培というのは、ほったらかしの農産物とは違う、、、
栽培と名が付く限り、最低限手をかけたもののことを自然栽培というのである。
安全なものかどうかを見極めることは一番大切なこと。。。
しかし、安全であっても、手をかけていないものは、選別作業に大変な手間と労力ががかかってしまうため、取り扱いに関するルールを
設けなければ、一生懸命を手をかけて頑張っている農家と同じでは不平等だと思う、、、

手のかかった物は愛情が注がれているから、自然界の中の、いろんな障害にあって傷はあっても、見ていて愛おしくなるくらい美しいのである。。。
 

生口島へ八朔の収穫/保管後のネーブルの様子 
八朔とレモンの収穫 保管している自然栽培のネーブル
2018/1/28 本日、因島より温暖な生口島の八朔を無事収穫することが出来ましたが、収量は100k未満でした。

ネーブルの酸抜け状態と、保管後の様子を見に行ったところ、ほとんどすべて果皮障害がでていました。ワケアリとしての出荷は出来るのですが、正品としての出荷は出来なくなりました。ネーブルはインド原産で特にデリケートな柑橘なので、1個ずつ丁寧に取り扱うことも大事ですが、農薬不使用では、保管中に大半の実に果皮障害が出てきます。果皮障害が出ても、味に変わりはなく、果皮障害の程度にもよりますが、日持ちもよいです。
ネーブルを楽しみに待ってくださっているお客様には大変申し訳なく、ご迷惑をおかけいたしましたことを 深くお詫び申し上げます。すでにお支払いただいているお客様には、即日ご返金手続きを取らせていただきます。

昨年12月から今年にかけて7回、強い寒気に見舞われ、自然栽培下の柑橘類は大きな痛手を被りました。
因島中庄町産の八朔は、寒気の影響で一部苦み(ナリンギン)を含んだ実が出ています。3月の木生り時期までには薄まり美味しく戻りますが、落果する実も多く出ますので、リスクも高くなってしまいますが、他に選択肢はありません。
スダチの果皮で陳皮作り&半端なレモンでレモンジャム 
スダチの果皮で陳皮?作り レモンのジャム作り
2018/1/27 土曜日なので午前中に整体治療を済ませ、医療費控除の計算。
果皮障害の出ている半端なレモンで、昨日から仕事の合間にジャム作り、ポチポチと進めていますが、結構な量があるので 中々終わりそうにありません、、
2日前、完熟スダチの果皮を刻んで陳皮?作りもしました。ただいま乾燥中です。柑橘の中でもダントツ栄養価の高いスダチの果皮、香りも良くて甘みが強く美味しいので料理にも利用しています。
漢方では、温州みかん・夏みかん・橙が陳皮として利用されるとのことですが、これだけ効能のあるスダチが、何故利用されることがなかったのかが、ちょっと不思議でなりません。
だから、スダチの陳皮は陳皮ではない何かなんですね??何なんだろう(^^;
まだ青みのある実が多い橙ですが、色付きの良いものを収穫してきたので、ママレード用の出荷と、正規の陳皮作りも始めます。橙は特別香りが高いので、作りながら癒されるなぁ~♬ 楽しみです! 
八朔の出荷について 
 
2018/1/26 午前中は、高圧酸素療法が受けられるかどうか、設備のある病院を紹介していただけたので行って、まず聴力の検査を受けました。はじめの段階より、すこしだけ数値が良くなっているのですが、先生は、この程度ではよくなったとは言えませんと言われました。 私としては、希望が持てると思えたので、このまま漢方薬と、整体治療を続けていこうと思っています。
ただ、高圧酸素療法を受けるには、鼓膜に負担がかかりすぎるため、鼓膜に穴を開けて治療をするとのこと。酸素カプセル治療を1週間続けていることを伝えたところ、鼓膜を見せてくださいと言われ、炎症を起こして赤くなっていますから、圧をかけないほうが良いですと忠告を受けました。治療院からは、鼓膜が痛くなったら、ちゃんとつたえるようにと忠告してくれていたのに、我慢できる範囲だったから、言わなかったのですが、我慢はダメダメですね。。。
早く良くなりたい一心で我慢してました、、反省です。明日は、圧なしで受けられるかどうか確認、、、

帰宅後、出荷準備をして受注処理。気温はかなり低くて、雪がうっすらと積もっています。
予定時期に出荷が可能かどうか予想がつかない状況なので、八朔・ネーブル・甘夏みかんのカートを一時停止いたしました(^^;
お客様にはご不自由をおかけしてしまいますが、何卒ご理解をお願いいたします。

生口産は、今のところ、大丈夫との確認が取れましたが、因島中庄町産は、強い寒気の影響で、八朔・甘夏みかんなどに苦み成分「ナリンギン」がでています。健康維持に役立つ成分とはいえ、今収穫しても、苦みは消えないので、木生りで残して様子を見るしかありません。3月になって気温が安定すると、苦み成分は薄まり普通に美味しく戻ってきます。ご予約分の出荷量が生口産で足りるかどうかは、これから落下する実も増えてくるので、確実な収量の把握は困難です。

早めに収穫しても、農薬不使用では果皮障害も出たり、気温が低いことで、酸抜けも遅れるのでリスクも高くなります。自然のなすことなので、見守るしかありません。昨年の12月から2度~3度、年明けから4度ほど強い寒気に見舞われたため、果皮障害が出た実がたくさんあります。果皮が薄い品種はワケアリとしても出荷は難しいです。
 

キナコ飴のような漢方薬(桂枝茯苓丸) 
桂枝茯苓丸という漢方薬、キナコ飴ではありません 桂枝茯苓丸を起床後すぐに飲む 漢方薬五苓散
2018/1/25 今朝の外気温は2度。
昨晩は、というより午前零時から明け方まで、3回ほど水道の蛇口を開けて水を出していたら、今朝は凍結していませんでした。0時から明け方6時までの外気温-2度、晩柑類には厳しい気温です。生口は温暖なので、それほど心配はないのですが、苦み成分ナリンギンが出ている時は出荷はできません。木生りで残し収穫時期を延期するしかありません。厳しい冬を乗り切るために、柑橘も知恵を働かせ身を守っているのですね。こうした自然の恵みこそが人を癒す力となってくれます。

朝一番に神原先生処方の桂枝茯苓丸を1個、お白湯で飲んで、1時間後にゆっくり朝食。キナコ飴ではありません(#^^#)冷え・肩こり・目眩等々、婦人病などに効能のある漢方薬です。

午前中は、受注処理と事務仕事、正面側外壁の塗装準備で、看板の撤去、配管移設後の金具の撤去取り換え、古い電気メーターの取り換えについて、業者さんに連絡。
13時半、手打ちそば屋「はな」さんへ。15時前、いつもの治療へ。17時過ぎ帰宅、漢方薬「五苓散」「水湿」を改善する代表的な処方、余分な水を排出するだけでなく、偏った水のバランスもとることが出来る処方、今の私の症状、耳閉感のある左耳の蝸牛に滞っているリンパ液に働いてくれる漢方薬を飲んで、受注処理、1時間後夕食、、、11時就寝
寒い一日(午前0時-2度) 
薪ストーブのオーブンで焼き里芋 里芋がほくほくに焼きあがりました
2018/1/24 気温が低く、風の冷たい一日でした。受注と出荷作業、事務処理後、いつもの治療に。
帰宅して、神原将先生が送ってくださった漢方薬(五苓散)をお白湯で飲んだ後、薪ストーブに火入れ、里芋をストーブのオーブンで焼きながら、ほくほく熱々の食感を楽しみました。漢方薬を食前に飲んで、1時間以上開けて食事をするには、丁度良い時間に焼きあがる計算だったから、、、とっても寒くて、火が恋しく思えた、、、8時半過ぎて夕食、、、

毎日、薪ストーブと共に暮らせるように、使い勝手を考えて、長く愛着の持てる道具たちを揃えていきたい、、、
無駄のないように、、、

午後9時、蛇口を開けるとシャリシャリ水の出が悪い、零下、、バケツやペットボトルに水を汲み置き。朝食のご飯も早めに仕掛けて。夜中、水を出来るだけ流すようにすればよいけれど、起きていられるかな?  
 
裏庭のメンテナンスに 
水はけの悪いい所をメンテナンス
2018/1/23  昨晩は、大地の再生中国支部の下村京子さんと児嶋幸助君が訪ねて来られました。
児嶋君とは昨年の11月の講座以来です。たわわの講座後だったので、少し疲れた様子、下村さんは、体調を崩している私を気遣ってテルミーでの治療をすすめてくださいました。ご自分も疲れているはずなのに、、、
ハードワークで翌々日も講座の予定がある中、、朝、裏庭のメンテナンスも行ってくださいました。
酸素カプセル治療と特別整体矯正治療を勧めたところ、お二人とも昼食までに行ってこられたようで、ずいぶん楽になったと喜んでおられました。食養生で毎日蕎麦を続けていることをお話しし、手打ちそば屋「はな」さんでお昼をご一緒しました。大地の再生というお仕事はハードワークです。体を壊さないように、お元気でご活躍されますように、、、
 
雨のち霙(みぞれ) 
神原先生から漢方薬が届く

2018/1/22 神原先生が届けて下さった新しい漢方薬、
冷たい雨が降っていましたが、お昼過ぎから霙、そしてボタン雪に、、、山の頂上付近には雪が白く積もっていました。塗装工事もお休みなので静かです。出荷作業後、13時過ぎて手打ちそば屋「はな」さんへ。お店が開いているときは毎日通っています。と言っても2日目、「アラ今日はどなたか一緒??」 「一人よ~しばらく食養生のために毎日通いま~す、よろしく~」

薬になる蕎麦がき
お蕎麦には、ビタミンB1.B2、ミネラル、ポリフェノールの一種であるルチン、そしてたんぱく質が他の穀物よりも豊富に含まれています。免疫細胞を作るために必要な上質なたんぱく質を補うためにも、一日1食はお蕎麦、そして、必ず蕎麦がきを毎回いただいています。必須アミノ酸のリジンも豊富に含まれている、、薬になる蕎麦がき。。特別整体矯正治療と共に酸素カプセル治療も毎日。治療中、ツボにあたると低音障害が起こっている左耳だけでなく、右耳もプチプチ鳴ります、このプチプチ、蝸牛に滞っているリンパ液が流れ出している音??そうだといいなぁ。。
いっぱいの良い出会いに恵まれて、段々と体が楽になってきました。。。

 みかん山へ
自然栽培キヨミオレンジの糖度13.9度 苗木の周辺の通気改善 柚子の木の後ろ雑木を1本に 
2018/1/21 午前中は、家事・事務仕事をしながらゆっくり過ごし、午後から手打ちそば屋「はな」さんでかけとろ蕎麦と、蕎麦掻をいただき、元気を充電したところで、道具類の手入れをし、みかん山で園内の整備を始めました。柚子の木の後ろの雑木を5年ほど前に伐採していたのですが、ヒコバエが育ち過ぎて柚子の木を覆うように葛まで巻き付いているので、1本だけ残し伐採しました。。苗木の周辺の通気改善、点穴掘り、軽く汗をかいてとても心地よかったです。事務室から出て、デジタルデトックスすることも大事。
不作のキヨミオレンジの試食実を収穫、糖度計測したところ13.9度。

5時半過ぎ、薄暗くなって帰宅すると、二男が、釣ってきたクロダイを、漬け丼と吸い物に調理してくれていました。
ありがとう(#^^#)
漢方薬(牛車建中湯)も明日で終わります。今日は体調もずいぶんよくなりました。

ステロイドを飲み始めて、微熱で首から上のふわふわ感と、痛みが出ていた頚椎の付け根ですが、終わって6日後に和らいできました。

病院のお薬を飲み始めて2日後くらいから、お通じが悪くなってきたのも、腸内細菌が減少してしまったか?働かないようになってしまったからかもしれません、、、昨日から普通に戻っています。食事もできるだけ酵素を多く含む食品を毎日続けるよう気を付けていました。お味噌汁、漬物、植物性乳酸菌の豆乳ヨーグルトなど。

一昨日からシナモンティーを一日2回飲んでいます。漢方薬にも入っているので、とても飲みやすいです。
梅肉エキスも、知人が滋養強壮と感染症予防にと届けてくれたものを、麻炭と一緒に食後に飲んでいます。いっぱいいろんなものを飲んで、良いのかわるいのか??わかりませんが、酸素カプセル、整体特別矯正治療も、残り3週間続けて、お仕事も頑張ります。今年は年齢とも向き合いながら、休日もしっかり取って、心と体のリフレッシュをしていきたいと思っています。
檜のテーブルと椅子が届く 
槙ストーブと檜の丸テーブルと椅子 峠の工房「丸テーブル) ペーパーコードの椅子
2018/1/20 昨年秋口、福岡県田川郡赤村の家具職人仲村正弘さんの「峠の工房」を訪ね、制作をお願いしていた檜のテーブルと椅子が届き、組み立ててくださいました。

 2.2mの丸テーブルを部屋に入れるには、入る大きさのドア・窓がないと入りませんが、半円だから大丈夫(#^^#)
天板だけでもすごい重量で、中村さん、「年々重く感じます」と言われてましたが、すいすいと運ばれていました。
 
 お若いころは、ロッククライミングで鍛えておられたのだそうです。赤村の工房には、たくさんの材木を天然乾燥で保管されていて、材料の質にも、ものすごくこだわりを持って制作されています。

組み立てが終わって13時過ぎ、奥様がおそばが大好きだと言われるので、いつもの手打ちそば屋「はな」さんへご案内、めっちゃ気に入っていただけました、よかったです。

 
「峠の工房」仲村正弘さん作
丸いフォルムの椅子は、座ると体が包み込まれる心地よさで、安心感に満たされ、すべすべの手触りの良さには、超!癒されます! テーブルはどっしりとしているので、簡単には動かせません。床を滑らせても、床を傷めたりもしません。
細部にも、丈夫さ、美しさ、座り心地の良さへのこだわりが、もう!めっちゃすてきです。

椅子は今4脚ですが、中村正弘さんデザインのペーパーコードの椅子4脚を、宮大工修行中の若い職人さんが制作中です。

窓際二人用、ローテーブル(ワークテーブル)と椅子2脚、長椅子も、夏頃には届けてくださる予定、ワクワクです(#^.^#)

夕方17時半、自然栽培仲間の慎ちゃんとせいこちゃんがテーブルと椅子を見に来て、ゆらゆらと揺れる薪ストーブの炎を見ながら、これからここで始まる未来について夢を語り合いました。。。

 アイルランドの歌手・作曲家・音楽家「エンヤ・ニ・ブレナン」
 アイルランドの歌手・作曲家・音楽家「エンヤ・ニ・ブレナン」 無農薬野菜たっぷり・きのこ・寄せ豆腐・手羽のお鍋
 2018/1/19 自称「大阪のおばちゃん」から、エンヤのCDが届けられました。ありがとうございます<m(__)m>
美しい歌声とメロディーに癒されています。。。。

PCの音量レベル28と、低めに設定していても、耳閉感のある左耳には、エンヤの歌声がエコーのように響いています。。
私のように耳に低音障害を負っている人でも、それぞれ聞こえ方が違うのだろうなぁと思いながら、不自由のない時には、知ることが出来なかった人の身体の神秘、身体への感謝の念が湧き上がってきました。

時々ノイズも入ったりして(笑)不思議な感覚を楽しんで(深刻にはなっていません)います。

普通に耳の良い人には、きっと感じることのない音の世界を楽しめているのかもしれません。。。。

今日は、出荷もなく、朝から何の抵抗もせず、事務作業のみ、会計ソフトを2台で使用できるよう設定方法を確認、本業事業の事務処理は今年から息子が担当するべく指導体制にはいることになりました。

午後3時前、酸素カプセル治療、整体特別矯正治療後、軽自動車N-ONEの車検が終了したとの連絡が入り、ホンダカーズ尾道まで受け取りに行きました。
夕食は、カツオと昆布のお出汁で無農薬野菜中心のお鍋(平飼の鶏肉・きのこ・寄せ豆腐)

食間には、2週目の漢方薬(七物降下等湯)
明日から、(牛車建中湯)に戻ります。煎じていると、配合は違っても、昔懐かしい香りがしてくるので、祖母や母も飲んでいたことが思い出されます。日本のお母さんたちを癒してきた東洋医学の漢方薬の力、、有難いです

一日がかりで体調と向き合った日
尾道久保町1丁目「あん穏」 白身魚のマリネ カリフラワーのポタージュ 鰆のソテー
 2018/1/18 血圧は正常値と言われている数値内(最高血圧114 最低血圧71 脈拍数78)若い頃と大差なし
昨年暮れからかかっている耳鼻科の紹介で午前中総合病院へ。
検査予約と、今後の治療方針について聞いてきた。
高ステロイドの点滴、星状神経根ブロック、この二つの治療以外に高気圧酸素カプセル療法、他に治療方法はありませんとのこと、治るかどうかはわからないとのこと、、原因は、脳腫瘍ということも考えられるので、MRI検査を予約するようすすめられる。日程は来月。検査を受ける度、人体は壊れていくのだろう、、、

あまり深刻に考えていないというより、なるようにしかならないのだから、楽しめるときは楽しんで、今日はせっかく出ているのだから、昼食は、素敵な場所でランチを楽しもう...ということで尾道市久保町1丁目「あん穏」へ
体に優しいメニューが嬉しいランチタイム。デザートの飲み物は、水出し珈琲、カフェインを控えている私には嬉しい久々の珈琲だった。ランチ後、出荷作業。

午後3時前、酸素カプセル治療60分、整体特別矯正治療30分、そして、歯科へ口腔ケアに。
今日はほぼ一日、病院・治療院巡り。
酸素カプセル治療は1か月予約してあるので、毎日通う予定(*'ω'*)
13年前にも過労から顔面麻痺を発症し入院、高ステロイド点滴治療・星状神経根ブロック治療で3日目に頚椎1番、首付け根に異常なほどの熱感と痛みが出はじめ、退院後も手足の節々の痛みと熱で眠れない日が続く。
膠原病の数値が上がっていき、痛みと睡眠障害で死ぬことばかり考えていた時期があった。
しかし、意識改革が起こり、1年半食養と民間療法、腹式呼吸、有酸素運動を行いながら仕事をこなし、数値は9.4まで下がり、自分と向き合えるようになり、楽しみも持てるようになっていった。そして13年後、昨年の11月25日以降、過労からくる耳閉感、、、体を休める時間もなく仕事に没頭、、、仕事は楽しかった、、、他にもイベントや、行事や、人との交流も楽しかった。あわただしく一日が過ぎて、食事を十分に摂る時間もない日も続いた。
食品や食し方には、出来る範囲で気を付けていた自分からは遠ざかっていることも気づいていた。このままでは体を壊してしまうかもしれないという危機感も持っていた。自分でも何故こんなにまでアクティブに働き続けていられるのだろうかと疑問が起こるほど働いていた。大変だったけれど、誰かに助けてほしいと言うこともできなかった、、、仕事の内容を把握し対処できる人はいない、人が入れば指示を出し管理もしなければならなくなる。昨年の初年度期には、人間不信にも陥っていた。その時考えたのは、一人で出来る範囲に規模を縮小することだった。圃場は3か所(10反分)返却した。にもかかわらず、収量は一昨年を36%上回っていたのである。予想外だった、、、自分がわからなくなることもある。もしかしたら、働きながら死ぬかもしれない、それも本望と思う自分がいる。仕事がある限りきっと終わりなく働き続けるのではないだろうか、、もう止めようか、もう充分だよね、そうささやく自分もいる。それが一番正直な自分なのかもしれない。
橙とレモンの収穫出荷
雨上がりの橙畑 自然栽培橙の収穫
2018/1/17 寒波が停滞していましたが、去っていき雨も上がったので橙を収穫しています。
色付きが遅れていましたが、大分色づいてきました。もっと濃いオレンジ色になったら、ママレード用として出荷開始です。
雨上がりの空気が爽やかで橙の香りにも癒されました。フルーティー。。。脳が覚醒しちゃった~

高気圧酸素療法で検索していてみつかった島内の接骨院で、午後3時、酸素カプセル治療。
気圧をあげた酸素カプセルに1時間入った後、70代のベテランの先生に施術をしてもらって、頚椎がずれている個所をあっという間に矯正、耳のツボのある部分に固い塊があって、全体が凝り固まってほぐれず、押さえると痛かった部分を押してもどしてくれたとたん、パンパンに張って、当たると痛かった首周辺の筋肉や筋?がうそのように楽になりました。
ご縁とは不思議なものです。祈りと同時に生じたご縁、すぐ近くにこうした治療院があろうとは、、、、高気圧酸素カプセルではないけれど、1か月、酸素カプセル治療と整体治療を続けることにしました。
明日は、耳鼻科の先生の紹介でON病院にいきます。検査方法や治療方法など詳細を聞いて、特に必要な検査であれば受けようと思います。今日のすべての出来事に感謝!
柑橘の色づき(気温との関係)
保管している自然栽培のネーブル
2018/1/16 温暖な年と寒気の強い年とでは、柑橘の色づきに大差があります。
昨年12月初旬からの寒気の影響で、大津みかんや晩柑類の色づきが例年より遅れ、果皮障害もでています。特にネーブルはインド原産で、寒さに敏感、デリケートな柑橘なので、色付きが出ないまま年明けから落果実が多く発生しているため販売量は激減。糖度はかなりあって、15度以上~。美味しいけれど果皮の薄い品種は、へそ周辺の果皮が剥きにくい実もあり、撥ねになります。出荷できる晩柑類が揃わないことも、天の声のままに、、、
体調を整えるための時間を与えてもらっているのかもしれません、、、

病院の治療薬(プレドニン、イソバイトシロップ、アデホコーワ顆粒、メコバラミン錠)が今日の昼食で終了したので耳鼻科を受診。聞こえの検査では、右耳の耳閉感は治まり、聞こえの検査でも高温低音共に正常範囲。左は、昨年暮れに受診した時とあまり変わらないレベルだけれど、少しよくなっている、ということで、高気圧酸素カプセルの治療を希望しても、そちらの病院を紹介してはもらえず、病院を紹介され、検査予約を1/18午前9時に。
気が進まないという理由は13年前に顔面麻痺を発症した折、やはり、高ステロイド治療の点滴、星状神経根に麻酔薬を打つという治療で、治療数日目に、身体の浮腫みと共に頸椎1番目が異常に膨らんできて、枕が当てられないほどの痛みで眠れず、退院後も、膠原病(関節リウマチ)の数値が上がっていき、痛みと、人生への不安感で死ぬことばかり考えていた時期があったからです。漢方の先生の勧めもあって、両耳に障害が起こることをとりあえず防ぎたかったために病院の治療薬を最後まで飲み切りましたが、今も、プレドニンの副作用かもしれない、頚椎1番目の骨の中が熱感を伴うような痛みが続いているので、これ以上ステロイド治療を続ける気にはなれません。

 昨晩は、頚椎の痛みが気がかりで、黄金猫柳膏をリンパの流れに沿って塗り、琵琶の種エキスを湿布して休みました。漢方薬は、食間お腹が空いているときに煎じて飲んでいますが、しみわたるようにすっと身体に入っていくように感じます。

今起こっている症状って、若い女性が発症することが多く、治療が遅れた左耳は、もう治らないかもしれないと言われました。治らないかもしれないのに、高ステロイド治療なんてまっぴらごめん!というのが、今の私の正直な気持ちです。

若い女性がなるのに、62歳が近いおばあちゃんがなるなんてね~(;^ω^) 

だけど、やっぱり若いんでしょうか(#^.^#)、、

いえいえ冗談です~

お気軽にメールお問合せください。Tel 0845-24-0465
722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:http://www.ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami farm. All Rights Reserved