ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami farm
電話 0845-24-0465 大地の恵み
お買い物はこちらから送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
新着情報 Information
 プライバイシーポリシー
 農家兼業日記53
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
お買い物 He buys it and it is a thing.
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
商品一覧 Goods list
 柑橘類
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 ハーブ類
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
因島のおばあちゃんのみかん園スタッフです!
準備中

 私たちが栽培しています

携帯用Qrcord
ホームページ
携帯Qrコード ホームページ
メール
携帯Qrコード メール
戻る 農家兼業日記1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
16 17
18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
35 36 37 38 39 40 41 42  43 44 45 46 47 48 49  50 51 52
土砂流れのあった耕作放棄園の草刈り 
桜の下がった枝を剪定 桜と小梅の木周辺の風の草刈り
 2018/4/22 5年間放棄されていた桜と小梅の木の低い枝・枯れ枝や絡んだ枝を剪除。
木の下を通ることも困難でしたが、下がった枝を切りすぎない程度に剪定、風通しも良くなりました。
小梅の木はかなり強剪定されていて、上に伸びていく大事な枝が何か所も切られたことで、徒長枝が暴れて出ていました。
枝の途中から切られている個所を、本部から切り直し。
実がついているので、また秋に落葉してから改めて枝を整えようと思います。密集して草刈りもままならないほど、枝が垂れて風通しも悪くなっていました。 
小梅を採取 ヨモギを採取
2018/4/22 日が長くなったので、7時頃まで、約5反あまりの草刈りをしました。 
切った枝についていた小梅を採取し、今日もヨモギを刈り取って洗浄し干しました。小梅はピクルス、醤油漬け、カリカリ梅にしようと思います。
 
裏庭に咲いた牡丹の花
ピンクのボタンの花が咲きました 白いボタンの花が咲きました
2018/4/21 午前中事務処理、山菜の採取、ご近所にあく抜きしたタケノコを配り、出荷準備。
疲れが抜けきれず、午後からお昼寝をしていると、大工さんから、ウッドデッキの見積もりの確認の電話が入り、かかりがいつ頃になるのかを聞いたところ、今が都合が良いけれど、連休明けの5月中旬から1か月の予定で入りたいとのこと、デッキの屋根部分に使うポリカという素材について、気になっていたのでその旨を話したところ、切がないとの返答。

確かにご近所でも使っているし、外部だし、家だけが気を付けたとしても、周囲からの影響は免れないかもしれません。
ポリカに含まれるBPA(ビスフェノール)について検索してみました。

BPA(ビスフェノールA)に関する記事 http://chuplus.jp/blog/article/detail.php?comment_id=6763&comment_sub_id=0&category_id=286
BHPFが、抗エストロゲン活性を有するという有害性を初めて見出したもので、人に対してどの程度の「リスク(危険度、毒性)」を持つのかについては、BHPFに関する毒性データがほとんどないことから、現時点では全く分かりません。

非常にあいまいな状態で認可されているもので、環境ホルモンを含むかもしれないものだということがわかります。

男子が女子化していく(精子が失われていく)
知ったなら、そういう物は出来る限り使わないようにしたいのが本音です。

今住んでいる場所にも、新建材は使われています。
これから手掛けるものはそうでないものを使っていきたいと願います。
いけないものはすぐにでも排除したいと思いますが、一度に全部を交換することはすぐにはできなくても、それを実現するために努力していきたいと思っているのです。
今使われている新建材も、取り外したら、どう処分されて、処分する時点で環境にどう影響するのかということも含め、私たちは最良の方法について深く考えなければならないと思うのです。
悲しい現実に直面しています。心が苦しい、、、とてもとてもつらいです
2018/4/20 農園作業再開  まだそれほど育っていない雑草の頂部を刈り払っています。柑橘樹・苗木周辺の段はすべて刈り終え、14時、筍掘り・穂先筍・ヨモギの採取をし、帰宅後、筍はあく抜き・ヨモギは洗って干しました。
2018/4/19 浴室改装中なので、間で状態の確認などもあって、今日は一日事務仕事と、改装工事の打ち合わせで終わりました。午後3時過ぎには、のじま家大工店さんも、ウッドデッキ設置の確認に来てくださり、寸法など再確認して帰られました。
1泊2日で四国へ  
金粉の巻きずし 
2018/4/18 麟太郎君の仕事が終わるのを待って、近くの日本料理屋さんに案内してもらい一緒に夕食。金粉のかかったお寿司を食べたのは初めてでした。金粉の味はわかりませんでしたが、ちょっとリッチな気分で特上握りなどお腹いっぱい、心も満タン。時計を見ると10時過ぎ、帰宅は11時過ぎるかなと思っていましたが、11時前に帰宅できました。

トラックの荷台から椅子を下ろし、とりあえずフィールドチェアと交互に並べてみました。
背もたれが高い位置にあるので、同じ椅子を揃えて並べたほうがよいかも、、、、
もう遅いのに、あれこれと気になって燭台に和蝋燭を立てて見たり、こういうことをするのって大好きで、つい時間を忘れて没頭してしまうのですが、明日も早いし作業もあるので12時前には部屋に帰りました。今夜は素敵な夢が見れそうです。。。
ロートアイアンで制作された燭台 ロートアイアンで制作されたオブジェ ロートアイアンで制作された燭台
2018/4/18 お昼前、燭台造りの自在鋼房へ。蝋燭の大きさによって燭台の芯の大きさが違います。気に入った燭台が見つかると、蝋燭も選ばなくてはなりません。結局もう一度大森和蝋燭屋に戻り、蝋燭を選びなおし。
四国内子町の大森和蝋燭屋 和蝋燭の製作 櫨の実からできた和蝋燭
2018/4/18 内子町大森和蝋燭屋さんで、6種類(100匁燃焼時間14時間、50匁9時間、30匁6時間、20匁4時間、7匁2時間)ご仏壇用5匁火消バサミ付セットを購入。
 2018/4/18 昼食抜きで、今治市玉川町の小林建工へ走り、宮大工修行中の麟太郎君が制作したペーパーコードの椅子を引き取りに行きました。仕事が終わる17時までには2時間半ほど時間があったので、近くの鈍川温泉で川のせせらぎと藤の花の香りを楽しみながら旅の湯を満喫。。。
お腹空いた~ペコペコ(+o+)フロントでコーヒーをお願いし、今治の銘菓一六タルトをパクパク。。

9年前、夫と療養を兼ねて来た時のことを、懐かしく思い出しました。
ひっそりとした山奥の美しい川の流れに目を奪われ、暫く川の周辺を散策、
檜のペーパーコードの椅子 檜のペーパーコードの椅子 
 2018/4/18 17時、椅子を受け取りに行くと、その他のたくさんの作品と、貴重なお話を聞くことが出来ました。
天然木と新建材の実験
天然木と新建材の実験 
 2018/4/18 瓶の中には、食パンと木材、実験は3年前に始められています。
右から、杉(赤身)/ヒノキ/集成材/クロスボード/合板
杉とヒノキの中の食パンは今でもきれいです。
その他の新建材にはカビがいっぱい!
この実験をされたのは、今治市の小林建工さんです。
新建材は、たいていのお家で使われているのを見かけます。天然の木材は香りもよく、自然素材だけで建てられた家の中にいると心地よさを感じますが、新建材が使われた場所にいると、独特の臭いがあってもやもやと気分が重たくなってきたり、外に出るとホッとするのは、実はこういうことだったのかと。。

安らぎの場であるはずの家が、身体を蝕んでいるとしたら、怖いことです。
我が家の築45年のアパートにも使われている新建材、改装する場所には、自然素材を使うようにと、大工さんにお願いしています。
樹齢1000年の屋久杉の化石で作られた応接セット 
 2018/4/18 この応接セット、1000年の屋久杉の化石だそうです。
製作者:小林建工さん
座らせていただき、お茶とお饅頭をいただき、貴重なお話を聞かせていただき、パワーをいただくことができました。真実から目をそらしてはいけないと、改めて感じることができたひと時でした。ありがとうございます!
2018/4/17 午前中浴室取替工事の打ち合わせ、午後1時過ぎ、愛媛県松山市へ向かう、15時過ぎホテルに到着。
夕食後、商店街で1時間半ほど独りカラオケ、ホテルに帰り傷寒論を読み入浴後就寝。
 
生口島へレモンの収穫に 
レモンを収穫 7mほどのレモンの木
2018/4/16 午前中、生口島に渡り、甘夏とレモンの収穫出荷。
午後から、みかん山の草刈り作業、雉のお母さんは巣に戻って卵を温めていました。よかった~!!
でも、カヤネズミはお引っ越していました。巣ごとお引越ししてた、、、(+o+)

明日17日~18日まで四国へ、午前中、浴室改装の打ち合わせ後、道後へ。
翌日、貴重な日本の伝統文化が、今も息づいている内子町の和蝋燭屋さんと、鍛冶屋さんの工房を訪ねる予定です。帰りに今治の工務店さんで宮大工の修行をしている隣太郎君が制作してくれた、檜素材のペーパーコードの椅子を受け取りに行きます。ラインを通じ椅子が完成するまでの写メを送ってくれていました。
とても勉強になったと言ってもらえて、嬉しく思いました。
昨年秋、「峠の工房」を一緒に訪ねた日が懐かしく思い出されます。
伝統文化を継承する若い職人さんが立派に育ってくれる日本であり続けてほしいと願う日々。
施主がいてこそ、職人も育っていきます。日本の心を忘れない日本人であり続けたいものです。
猪が掘った穴に雉の巣 
雉の巣 草刈り
 2018/4/15 午後から、緑一色になったみかん山へ草刈りに行きました。
カラタチの木から1.5m下方の、猪が掘った穴から雉が飛び出してきたので驚いて覗いてみると、卵がいっぱい!
猪さんが掘った穴に雉が巣作り。。
ずいぶん大雑把な巣ですが、12個も卵が!!
雉の雌は保護色なので、近くに行っても見分けがつきにくい、巣を守っていたのに気付かず驚かせてしまいました。
戻ってきて卵が無事に孵るといいです。自然がいっぱいの場所なので、いろんな生き物たちがいることを忘れないように作業していかなければと反省、、、

4段目まで刈っていったら、3リットルの燃料が無くなりました。帰り際、石垣の雑草や蔓性の草を刈り取り帰宅。植物の見分けが良くわかっていないので、スイカズラとヘクソカズラを間違って籠いっぱい持ち帰ってしまいました。

漢方医の神原先生に写真を送って違いを教えていただきました。
ヨモギの足湯/甘夏ピールを乾燥中 
ヨモギの煎じ汁で足湯 甘夏ピールを乾燥中
2018/4/15 ヨモギの煎じ汁でお昼前から足湯中です、甘夏のピールも炊き上がったので、よもぎと一緒に乾燥中です。 今朝は、関西方面から、しまなみ海道自転車旅の中高年お二方が立ち寄られました。 向島での脱走事件で中止になってしまった自転車イベントに参加される予定だったとか、楽しみにされていたのに、ほんとにお気の毒なことでした。リノベーション中の店舗でホットレモンで休憩後、元気に出発されました。良い旅を!! 
  2018/4/14 デザイン画に基づいた図面が送られてきたので、現場で計測すると、大きすぎて通路が取れませんでした。
再度、スケールで計測しながら寸法を決め、書き直して送信。

朝のうちにタケノコと塩山椒の佃煮、煮干しとタケノコの煮込み、夕べのベジカレーが今日はコクを増しておいしくなっていました。

デッキのデザインや寸法の計測、打ち合わせや相談などしていると、気になっている草刈り作業には行けませんでした。作業休止中なので、食事は二度~三度しっかり摂取できています。
 2018/4/13 今朝は大工さんから、浴室の床の高さについての相談がありました。メインの柱が通っている位置から設置すると、床の高さを揃える事が困難という事でした。大事な柱を削ることは、建物の構造上出来ないので、床より20センチほど高い位置に浴室が入るようになります。

さて、建物2階のアパート浴室改装と、店舗のリノベーション工事は別々の業者さんで進んでいます。
アパート部分は息子たちの管轄ですが、息子たちは仕事のこと以外対応が難しいため、代理で対応しています。

店舗のウッドデッキのデザイン画を、一昨日の打ち合わせから夜なべで考えFax送信。
明け方4時頃床に就いたのですが、ほとんど眠れず、両耳の状態が悪化、、
完成に向けて、準備するものも少しずつ揃えています。
焦らず、これと思うものを慎重に選んで、、、

大地の再生講座に関しては、中国支部代表のSさんより、6月に入るようになるとのことで、改装工事中では宿泊が難しくなるため、今期は延期せざるを得ないかもしれません、、、、うまく進める良い方法が見つかればよいのですが、、、
私自身の無理が重なっていくので躊躇、、、
ヨモギ・ヤーコン・タケノコの採取 
 
 2018/4/12 来週からの予定だった浴槽の取替工事ですが、今日から空き室2棟の古い浴槽の取り壊しが始まりました。

よもぎの採取にもやっと行けました。
ついでにヤーコン芋と筍を掘ったのですが、筍は猪さんが掘ったあとで、顔を出したのばかりしかなくて、4個掘れました。
ヨモギはお客様用と自家用...
根っこも一緒に取れたのですが、お茶用は葉っぱだけみたいなので、根っこは足湯にでも使ってみようかな? 効くのかな?

夕食後、ヨモギの柔らかい新芽を切り取り洗いました。
乾燥させてお茶にします。
固い部分と根っこを重曹を入れて煮出し、足湯に使ってみようと思います。

筍の中途折れと、ちょっと固そうな2本を糠湯でしたあと冷まし水に浸けました。

 2018/4/10 午前中、浴室改装工事の打ち合わせ。システムバス内部壁面他デザインを決め、来週には撤去工事が始まる予定です。
2018/4/11 《煤の利用方法》
昨日は、午後から、のじま家大工店社長さんが、薪ストーブの煙突掃除のやり方を実演してくださいました。掃除用のブラシも倉庫に準備してくださっていました。そして、目からうろこの煤の利用方法について、柿渋と煤を混ぜ合わせ、暫く発酵させておくと古民家などで利用できるのだそうです。なので、煤は捨てず取っておいて、天然塗料として利用しようと思います。
煤掃除の後、店舗庭面のウッドデッキ設置に向けて打ち合わせ。打ち合わせ中に配水管の修繕工事も始まり、今日で終了しました。
みかん山へ山菜取りに? 
先週切って山になっていた雑木の枝を片付け 水脈整備中の下段に下ろす
 2018/4/9 ヨモギとタケノコをと思ってみかん山に行ったのですが、切り分けて山になっていた雑木の枝の片づけを始めたら、夕方までかかってしまいました。とりあえず、雑木の枝を最下段に落とし、水脈整備用にまとめておきました。
強風と雨 
山菜混ぜご飯 サラダ スジナシインゲンの胡麻和え お味噌汁
2018/4/7 午前中、生口島産の甘夏みかん出荷準備・本業事務処理。
お日様が燦燦と降り注いでいたのに、風が強く、干していたお布団が吹っ飛んでいき(+o+)、午後過ぎて雨が降ってきました。
朝のうち山野草の採取に行く予定でしたが、あまりの風の強さに断念。
本調子じゃないときに何かしようとすると、何か起こるのは、ただの偶然??
昨日口角にヘルペス、天の声のままに、今日は、事務仕事に集中し、合間にネット検索、日記を綴り、、、
あぁ!座り仕事は退屈、身体も固まるし、時折手を休めては、ストレッチ、筋トレ、、

贅沢は言われません、お勤めだったら、勤務時間いっぱいただ仕事のみ、自由業は、時間の束縛がない分、自己責任の中で自由にやっていけるのですから。

夕方には、風も落ちついて雨も止み、西の窓に夕陽が差し込んできました。
3日ほど前から、右耳が繋がったり塞がったりしています。プチっという感じですっきり聞こえた一瞬があったので、もしかしたら、神原先生の漢方薬の効果?ゆっくりできる時間が持てた所為?
やはり、治療も静養も必要なのかもしれません。仕事を離れてしまうと治りそうな予感もしますが、、、

さて、夕食は、昨日息子たちはワラビ混ぜご飯を食べていなかったので、山菜入り混ぜご飯、ポテト・人参・レタス・有精卵・ミニトマトでサラダ、お味噌汁、スジナシインゲンの胡麻和え、今日も細やかな食卓、安心安全な春の恵みに感謝していただきました。
ご馳走様です<m(__)m>
種蒔き後の恵みの雨 
ワラビとタケノコ 筍の煮物 小松菜の菜の花
2018/4/6 午前中は、アパートのシステムバスの見積もり見直しで打ち合わせ、事務外回り、お天気が良ければ野草摘みに行く予定でしたが、雨降りなので、午後から久々に整体治療にも行ってきました。捻挫した部分もテーピングで保護してもらって、こういう時の正しい湿布・ケア方法も学べました。調整してもらうとずいぶん楽になります。捻挫は、スコップを使うときに少し無理をしたようで、痛みが後を引いているので、こんな日は、おとなしく安静に出来る仕事のみに。。やりだすともうちょっとがとまらない人なので、困ったことです(+_+)。。
今日はポム・デ・テールさんから野菜が届き、小松菜菜花のボイルサラダ、妹が朝届けくれた筍とワラビも食卓に。

ワラビとドンコ椎茸のみじん切りを加えて佃煮にした、山菜入り混ぜご飯。
筍はデベラの出汁で煮込んで木の芽の香りを添えて、、、
細やかな春の食卓を楽しめました。
 
 庭に野菜やハーブの種まき
ノビルと土筆 タンポポの咲く場所にセージの種まき
 2018/4/5 今日は、サラダレタス、セージ、ジャガイモ、コリアンダー、黒トウモロコシ、他にも3種類ほど種蒔きしました。
昨日は、冬瓜、ピーマン、花オクラ、おくら、アーティチョーク、イタリアンパセリ、ズッキーニ、おかのり、パースニップ、クレソンなど。庭にはもう撒ききれません。昨年から野菜作りを予定していたにも関わらず、時間も取れず延び延びになってしまって、昨年準備していた種と今年の種とで20種類以上あります。
建物の裏に庭があります。 ハナカイドウ
 2018/4/5 矢野さんが、重機で移動してくださったモミジ もうずっと以前から、まるでこの場所で育ったかのように新芽を吹き始めました。プラムの木は、幹がはじけるように一回り太く育っています。
みかん山のシンボルツリー「桑の大木」も同じように幹が割れるように新しい木肌が生まれていました。
松葉杖を返却・4年ぶりの血液検査の結果 
白の大輪ボケの花「大八洲」おおやしま 白と赤のコントラスト
2018/4/5 午前中は病院で借りていた松葉杖を返却し、捻挫の時に依頼していた血液検査の結果、リウマチの数値(抗CCP抗体定量:0.5未満 U/mL)基準値が4.5未満、、理想は0だけど、まずはOK。。その他内臓についても先生からは100点満点ですよ!と太鼓判を押されました。善玉コレステロールは基準値よりも高い79.5mg/dl。。 
種蒔きと水脈補修
テーブルクロス制作中 水脈補修
 2018/4/4 今日は、円いテーブル用に対照的な色のコットンリネン生地でちょっと個性的なテーブルクロスの制作を始めました。生地を裁断後、種まきもしました。まだ残り10種類以上、撒く場所も面積も限られているのですが、種の生育に適した場所かどうか確認のため、2か所~3か所にわけて撒いています。種まきもしながら、工事で足場組したり、車両や人が往来した際に塞がれてしまった水脈の復旧作業も徐々に進めています。
足慣らしに山菜取り 
三つ葉にワラビ、蕗に山椒
2018/4/3 因島中庄町の八朔園に来ました。傾斜がきつい圃場なので不安もありましたが、用心しながら登って行くと大丈夫でした。例年はこの時期にワラビは出ていないのですが、今年は桜の開花も5日以上早かっただけに一握り程ですが、収穫出来ました。山椒も芽吹き、蕾が来ています。

今日は、化学物質過敏症のご家族がおられる大阪のお客様のところに、山菜をお届けしたくて、足慣らしもかねて上ってきました。母が通路際に植樹した2本の山桜↓が今年もきれいに咲いています。
ここの圃場の八朔・レモンは寒気の影響が比較的少なかったようです。中国大陸からの強い寒気だったので、西が塞がっているこの圃場が大丈夫だったというのもうなずけます。 
 
アパート6棟のシステムバス取替準備 
山桜が満開
2018/4/2 午前中、大工さんの案内で、アパート2階用のシステムバスの仕様の確認のため、福山の展示場2か所回ってきました。アパート用1116サイズ6棟分取替。シンプルで掃除がしやすく、使い勝手も良く、オプションで費用がかさまない等絞っていくと、ほぼ決まりそう、、、

息子と同級生の大工T君、気を使ってお昼をごちそうしてくれました。やんちゃ坊主だった頃の思い出がふと脳裏をよぎり、思わずにんまり、、、独立して3年目、本当によく動き頑張っています。。(*^^*)
 
今日から出荷再開&圃場の様子
寒気で傷んだ枝葉 凍結して実が空いた甘夏
2018/4/1 お問い合わせが多い八朔と甘夏の様子を見に行きましたが、八朔は苦味はなくなっていますが果皮がかたくなって剥きにくい状態です。甘夏は外見上は問題はないのですが、中実にパサつきが出ています。断続的な強い寒気の影響で枝葉も先端が枯れている状態です。この1年は回復のために、全摘して様子をみるとしても、助からない木もたくさん出てくると思われます。
漢方薬にもなるギシギシ 蕗を収穫
2018/4/1 三日ぶりに畑に出てみると、雑草たちも一気にのびてきています。日曜の寺谷公園付近は、お花見や山菜取りの人たちでにぎやかでした。少し早いですが、フキを収穫しました。まだ茎が十分育っていないので柔らかくアクも少な目です。山菜尽くしの夕食の後、大地の再生中国支部代表S女子から今日の講座参加者の若い女性と突然の来訪宣言あり。

連絡が入って14分数十秒後には到着する予定ですとのこと、、、、お元気そうな声を聴いて一安心。とりあえず、お茶の準備をして、ストーブの部屋で夜中まで談義、大地の再生講座以降、いろいろと考えざるを得ない諸々の疑問点なども単刀直入に切り出しもしました、、、若い方は目を白黒させておられましたが、、、、
就寝したのは明け方3時過ぎ。朝9時には、アパートの浴室をシステムバスに取替えるための見積もり準備で展示場へ行くので、朝食を運び、お客様を置いて出かける無礼をお詫びした後出発しました。

その後、庭の様子を観察して帰られたようです。
塗装工事で足場組をし、工事車両が2ヶ月以上にわたって往来したことでつぶれた水脈は、今修復しても、植樹の際に再度水脈整備を加えなければならなくなるので、今は自然のなすままに、様子を見ることにしています。時間が出来た時は、固められてしまった水脈の補修作業も行っていきたいと思います。
お気軽にメールお問合せください。Tel 0845-24-0465
722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:http://www.ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami farm. All Rights Reserved