+

ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami farm
電話 0845-24-0465 大地の恵み
お買い物はこちらから送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
新着情報 Information
 プライバイシーポリシー
 農家兼業日記55
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
お買い物 He buys it and it is a thing.
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
商品一覧 Goods list
 柑橘類
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 ハーブ類
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
因島のおばあちゃんのみかん園スタッフです!
準備中

 私たちが栽培しています

携帯用Qrcord
ホームページ
携帯Qrコード ホームページ
メール
携帯Qrコード メール
戻る 農家兼業日記1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ
16 17
18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
35 36 37 38 39 40 41 42  43 44 45 46 47 48 49  50 51 52
 いろんなことが同時進行
シンクとガス台と作業台と掃除機 両面焼くグリル付きガスレンジ
2018/8/2 今日は板金屋さんが、キッチンの水回りに水漏れ防止対策を施してくれています。
改装中のキッチンの流し台を急ぐため、先日下見をしてきた福山のリサイクルショップに再度行き、シンクとガス台、作業台、サイクロン式の掃除機とガス台も購入しました。シンクと作業台とガスレンジは新品でした。使いまわしもできるし、オールステンレスなので、使用後もリサイクル可能です。 
 
保冷材を利用した熱中症対策 岡田和樹さんがモデルになってくれました。
2018/8/2 保冷材を熱中症対策に利用
阿波シジラ織り藍染、藍染は薬効「抗菌作用」もあり、炎天下の作業には首に巻いて
瀬戸ふるさと農園の岡田和樹さんがモデルになってくれました。
気持ちいいって喜んでもらえたので、被災地に送ろうと思います。
 
土砂流れ現場の草刈り/土砂流れ現場での打ち合わせ
土砂流れ近辺の風の草刈り NPO法人大地の再生、矢野智徳さんとスタッフの石崎さん
 2018/7/31 月末の事務処理後、土砂流れ現場の草刈り(風の草刈り)をしました。NPO法人大地の再生 矢野さんとスタッフの石崎さんが現地を見立てに来られ、5日~7日まで、土砂流れのあった個所を、竹など使って雨水がなだらかに流れるように支援として入ってくださるとのことで、連絡待ちです。
直接生活に影響のある場所ではないことで、被害の大きいところの支援を優先していただきたいことを伝え、一旦はご辞退申し上げましたが、矢野さんが、土が固くならないうちに対応したほうが良いですと、周辺の状態について説明をしてくださいました。そして、雨水がなだらかに流れていくよう竹を使った施策について説明をしてくださいました。

私としては、もう少し、周辺の様子を見ながら、自分なりの視点で、どう対応するか、時間をかけて見極めたいと思っていました。物心ついた頃から、家族と共に向き合ってきたみかん山です。軽く見て回っただけで、最良の方法が見つかるのでしょうか。疑問はぬぐい切れません。その思いをお伝えしましたが、私一人でこれだけの状況に対応することなど無理だと言い切られました。それもわかったうえで、山が何を語りかけているのか、しっかりと向き合いながら、徐々に手を入れていくことが大事なことなのではと思えてなりません。再び重機で崩し施策を講じることが、はたしてより良い結果を生むかどうかは、やって見なくてはわからないことです。後悔はしないのかと自身に問いかけは続いています。
ウツボグサの花を採取
ウツボグサの枯れた花を採取
 2018/7/30 建物の改装工事が続く中、合間で草刈りや摘果作業もぼつぼつとやっています、今年は寒気の影響もあって、平均不作年でもあり、摘果作業はそれほど忙しくはありません。
庭の水やり中に、採取時期が来たウツボグサの花摘みをしました。漢方薬に利用します。
20年目の部屋の流し台の排水パイプが水漏れを起こしていたため、寸法の確認をして、午後から福山までオールステンレスのシンクとガス台を見に行きました。ガスレンジも両面焼きグリル付が超お買い得!お櫃(おひつ)も見っけ!
丸太のベンチが届く 
フィカスとポトス
 2018/7/29 2台目の丸太のベンチが届きました。フィカス・ベンガルレンシス(ゴムの木)・ポトスを置いてみました。 
もっと背が高いのが欲しかったのですが、たまたま行ったホームセンターで目につき、即買いしてしまいました。
丸太のベンチの上に置くと、丁度良い高さかな('ω')

やっぱり植物があるだけで、部屋の雰囲気がやさしくなる気がします。
ポトスも、昔挿し木にしながら部屋中に蔓が伸びて観葉植物だらけの数年を過ごした時期がありました。
もっといろんな種類を増やして壁掛けも吊り鉢も楽しみたいと思っています。
お天気が回復、枳殻を干す 
枳殻作り
2018/7/29 昨日のうちに台風に備えていました。風もそれほど強くない東風が吹いています。雨も7時頃から小降り程度が続いています。正午には、台風12号は温帯低気圧になりました、日本気象協会から現在台風は発生していません。という発表です。少し安心しましたが、緩んだ土砂には注意したほうがよさそうです。

そして、雨が降っても雨漏りが無くなったことが今はすごくうれしいです。半年間の格闘がうそだったみたいに、心が平安を取り戻しました。

夕方、土嚢袋を片付けようとゴソゴソしていたら、息子がトラックで裏庭まで運んでくれました。表の邪魔にならない場所にもうしばらく置いておいた方がよいので、半分残しています。

今日はなんだか、気が抜けてしまって、早めに入浴、ほっとした所為かとても眠いです。
明日午前中は退居した方と保証人さんとで、債務についての合意書を交わすので、書類の最終確認をしました。
お天気が回復したので、橙(枳殻)を風に当てました。

台風12号接近中
避難勧告がでています。土嚢袋で封鎖中 台風が去るまで土嚢袋で封鎖
 2018/7/28 台風12号が接近中!土嚢袋で封鎖! 市から避難勧告が出ています!!
 2018/7/27 19:35、今日の早朝、みかん山の状態を確認に行ったと、矢野氏から電話が入りました。
台風12号が接近しているため、支援として行う作業についての具体的な話は30日か31日にと、
 2018/7/25 今日は、保険関連の資料のチェックと、事務処理や出荷作業。
レモンも残り1k程度となりました。蜂蜜牧場が土砂災害にあって、復旧工事で大変な状況です。予定していた入荷日から1週間以上過ぎましたが連絡なしです。

午後から、中国針治療、今日は尾道の中央図書館上の古民家で行われました。
帰宅後、雨漏り被害個所の確認と写真撮影など、
2018/7/24 出荷作業と事務処理、午後からは、内装工事関係者が次々と確認に来られたので、何かとバタバタで、昼食抜きでした。
ふき替え工事は瓦の入荷待ちで、3日後から再開されます。猛暑で炎天下、豪雨災害から2週間以上雨が降っていません。降れば災害、降らなくても猛暑災害、人は何と無力なのでしょう、、、 
居住者0
 2018/7/23 今日は、30年近く居住されていたご家族が転居されました。私たちがまだこのアパートを購入する以前からの入居者さんでした。アパート内空き室2部屋先月から改装中です。大工さんが現場があちこちあって忙しいため、時間がかかっています。屋根の工事が終わるころには、一段落出来るといいです。入居者さんも十人十色。きれい好きな人もいれば、お掃除したくない人も、、、アパート管理は大変です。
溝の泥の除去とみかん山の土砂流現場を再び視察
溝に流れた汚泥を除去 溝の中の粘土のような汚泥を掃除 農道に流れた土砂
2018/7/22 南部清掃事務所に建物周辺の溝や道路にたまった泥砂を14袋、罹災証明書を提示して搬入したのち、みかん山に行ってみました。農道の土砂の撤去はまだ行われていませんでした。土砂流れの現場を再び見て回りました。土はカチカチに固まって、石のようになっています。ガードレールに引っかかった有孔管を1本はどうにか圃場に戻すことが出来ましたが、もう1本は無理でした。固い鉄のレールがぐちゃぐちゃになっています。
土砂流れの道筋にモノレール 土砂で流れなかった櫨の木
 モノレールが設置してある筋から土砂流れが起こっています。3年前、反対側の斜面の土砂流れもそうでした。
櫨の木が、土砂流れをまともに受けているのに、流されていない!しっかり大地に根付いているんですね。
こうしてみると、みかんの木を保護するための木をどう植樹していけばよいか参考になります。
あぁ、、それは間違いかも、、、
山に本来ある木々の間に、みかんの木を植樹するというのが、正しいのかもしれない。。。
農道から下の耕作放棄地からは、何十トンもの土砂が流れていっています。この農道と、圃場のコンクリートの擁壁が、本来あった水脈をつぶしてしまったのかもしれない、、、無益な砂防ダムのように山の機能を阻害しているのかもしれない、、、、そして、この農道は、いつか崩壊するかもしれない、農道を支える擁壁の真下には、水脈が出来、空洞化している。いつ崩壊するかわからない状況です。この上で重機が移動を繰り返すと、農道は陥没するかもしれない!!
重機で削られた窪みから 
重機で圃場を削り、最下段へ下る 重機で削られた部分から浸食
2017/11/12大地の再生講座で重機が入り、削られた部分が雨水の流れ道となり、浸食されていく要因となっている可能性が高い。
屋根の拭き替え工事
屋根の拭き替え工事が始まる
2018/7/21 レッカー車のコンテナに、古い屋根瓦が乗せられ下ろされていく。家の中にいると、天井にぽろぽろと土や苔の落ちる音、瓦が取り外されていく音が聞こえてきます。猛暑の中での工事なので、熱中症やけがなどないようにと祈っています。
レッドムーンと男爵 ポテトフライ
 2018/7/21 今朝、裏庭の小さなジャガイモ畑で掘ったレッドムーンをポテトフライにしました。細やかな恵みに感謝!
泥の山を撤去 
泥の撤去 泥の山を除去
2018/7/20 昨年11月、店舗前に作られた、とても嫌な気を感じる泥の山を取り除きました。大雨の影響もあったと思うのですが、気温35度、2週間以上猛暑が続いているのに、湿気が逃げないので、泥をよけていると、建物に半分入り込んだ古い井戸をつぶしたときに入れた砂が、井戸の水を吸って湿っていました。土嚢袋9袋分砂を取り除き、30センチほど建物との間に空間を作りました。泥の山も15袋分取り除き、溝蓋が開けられるようになりました。溝には、土砂が埋まっているので取り除かなければなりません。毎日少しずつ道路際に集めた砂も夜9時半ごろまでかかって出来る範囲で土嚢袋に詰めました。日中の猛暑の中では、身体が持たないので、早朝・夜の涼しい時間帯に少しずつ。。。
屋根葺き替えの足場組
2018/7/18~19 屋根葺き替えの足場組が終わり、来週いっぱいには工事も終わる予定です。21日にはレッカー車が入り、塗装されたセメント瓦が下ろされます。塗装後より、雨漏りに悩まされ続けた半年間、不安から解放される日も近い!屋根屋さんから、あたらしい瓦になると、保証もできるということで焼き瓦と、30年耐久性のある下地にやり替えてもらいます。

今日は、入居者契約解除に伴う、諸々の手続き(書類の作成)をしています。賃貸住宅の管理も息子たちに引継ぎして、そろそろ引退したいと思っています。仕事に慣れてもらう為にも、引き際って肝心かな('ω')  
 
 土砂流出の範囲
土砂流れの範囲
 2018/7/17 みかん山全体は、約6000㎡。赤い部分が土砂が流出した範囲です。農業委員会を通じ、地番と面積を確認してきました。苗木を植樹できていなかったことがせめてもの幸いでした。

生活水が出始めて迎えた朝、水が出ることが当たり前のように過ごしてきた日常を思う。
慣れてしまって当たり前のようになっているけれど、実は幻のようなものなのかもしれない。
脆くて(もろくて)危うい砂の城のようなものなのかもしれない。
もっと真実に目を向けてしっかりと土台を築いていかなければ、現状に流されていくことが、とてつもなく危険なことではないのかと、不安にかきたてられる。
断水解除しました!
断水解除、水が出ました!!
 断水は、2018/7/16夕刻には本郷の水没したポンプが復旧し、待ちに待った水が出るようになりました。濁りもなく澄んだ水が出ています。

ご心配と、温かい励ましのお言葉、お見舞い等本当にありがとうございました。心よりお礼を申し上げます。

土石流が発生し、流出したみかん山の修復には、どう取り組んで良いのか、ただただ、途方に暮れるばかりです。
井戸水には助けられ、洗濯も入浴も出来ましたが、蛇口をひねれば水が出る便利な暮らしになれている現代人にとって、また、猛暑の最中、今回の災害は本当に厳しいものがありました。
今回は停電はありませんでしたが、そのような時にも備えをと、改めて災害時に役立つ井戸を、大事に守っていかなければと痛感した次第です。被災された皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。一日も早く日常を取り戻すことが出来ることを願ってやみません。
2018/7/15 ここ数日、お電話やメール・メッセンジャーより、安否確認、必要なものがあれば遠慮なくと言った有り難いお言葉をいただき、本当に心強く、有り難く思っております。

断水中ですが、飲み水や食べ物も、不自由はなく過ごしております。
ありがとうございます!!
 
 
みかん山崩壊!農道に土砂が何トンも流出!!  
通行止め解除 土砂が取り除かれ、路肩には鉄板が引かれていた
2018/7/13 ↑通行止めだったみかん山入口の農道が通行できるようになり 
7/7未明土石流発生 7/7未明土石流発生
2018/7/13 ↑上がっていくと、土石流でみかん山は崩壊、、、一昨年の土砂流れで、モノレールに絡まっていた土砂も、レールごときれいに流されていました。1段目のコンクリートのレベルまで土が流れてなくなって、残された5本の温州みかんの木もすべて土石流にのまれ、無残!費用をかけて大地の再生で施工してもらった水脈もすべて流されてしまいました。 
7/7未明土石流発生 7/7未明土石流発生
 2018/7/13 ↑農道を覆う何トンもの土砂、水脈工事に使った有孔管がガードレールに絡まっている。最下段に水脈を作るために、バックホーで畑を削り、崖を崩して下りていった個所が、雨水の流れ道となり、浸食されてしまった。そのくぼみを見て悲しい気持ちがおさまらなかったことが思い起こされる。 
7/7未明土石流発生 
2018/7/13 ↑みかん山のシンボルツリー「桑の大木」は、村上農園の1段目上部にあり、5段目の一番高い石垣部分まで浸食されています。
7/7未明土石流発生
 2018/7/13 ↑桑の大木の2段上、3段目の梅の古木、この梅ノ木と桑の大木が、被害を最小限にくい止めてくれたのでしょう。
この二本の大木がなかったら、みかん山は真っ二つに分かれてしまったかもしれません。
7/7未明土石流発生
 ↑5段目の石垣が崩壊
7/7未明土石流発生
↑4段目のレモンの木が1本、オリーブが1本、3段目のキヨミオレンジが3本、オリーブの木が2本、2段目の温州みかんが2本流されました。 
7/7未明土石流発生
↑手前のネーブルは無事、キヨミオレンジは4本残りました。 
7/7未明土石流発生、みかんの木が流失 
↑桑の大木の下の段、南柑20号、大津4号の圃場。大津4号は2本残り、南柑20号は4本流失。
この場所の崖を崩し、バックホーが下っていきました。崩した跡が水道を作り、土石流を招いたと考えられます。
今年3月、その後の様子を見に来られた時に、2年前に土砂が流れた箇所の水脈整備の続きを、5月連休までに終わらせましょうということで見立てに来られ今回は1日でやりましょうと言って頂き、その予定で圃場の整備を進めていました。その後、支部担当者が、2日でしませんかと言ってきました。当初の予定通り1日で良いですと、何度も言ったのですが、考えておいてくださいと言ったまま、結局急ぎの工事が入っているということで、予定した日程では行われませんでした。6月に入るとアパートの部屋の改装工事が始まっていたため、日程が取れず、延び延びになっていきました。
そんななか、梅雨が来るまでに、気になる個所(バックホーで崩して窪みができた個所と、水脈が途中になっていて気になる個所)を何とか修復しておかないと、崩れる可能性があることを支部担当者には「確認してほしいところがある」と伝えていました。しかし、講座開催が翌日も迫っているというような実情の中、確認してもらうことも、修復もできないまま日にちは過ぎていきました。
7/7未明土石流発生 みかん園崩壊
↑南柑20号と大津4号の圃場は分断されました。 
峠のみかん園は無事 峠のみかん園は無事
2018/7/14 ↑みかん山に上がる通路横の峠のみかん園の草刈り、悲しんでばかりはいられません。
手刈りでがんばって、シャワーを浴びたくらい良い汗をかきました(^-^;
ここは、鉄策の内側の土砂が流れて、猪が侵入していたところで、一番心配していた場所でした。
崖っぷちを手作業で通路を作りながら、水脈と点穴を掘っていたところですが、まったく無事でした。

周辺一帯をノコギリ鎌で、風の草刈りをしていきました。(風の草刈りとは、草の根元から刈るのではなく、草の上部の風に揺れる位置から刈ることを言います)木の下に潜り込み、崖っぷちでは落ちないように、みかんの枝につかまって片手で刈っていかなければならないので、裂けている膝の半月板が何度も骨に引っかかり、膝が伸ばせなくなる激痛に襲われながら、どうにかやり終えました。

息子や娘からも飲料水が送られてきました。宅配さんは、重い荷物を毎日島中に配達されています。
本当にご苦労様です。ありがとうございます。
 
おはよう!クワガタさん(#^^#) 
コクワガタ
2018/7/12 井戸水のホースを入れている窓の隙間から入ってきたようです。コロコロ太めのコクワガタ、時々カブトムシも飛んできたりします。  
漢方薬用にショウガを干す
乾燥生姜
2018/7/11 乾燥生姜です。乾くとすごく小さくなってしまう、、、
蒸し生姜の方が体の芯まで温める作用があるので、残り1kは蒸してから乾燥させようと思います。
漢方薬の1品として利用します。
 
井戸水で大掃除
井戸水でお掃除 断水中でも井戸水で大掃除 拭き掃除をするとすっきり
2018/7/11 井戸水は井戸替えすると澄んでくる。イライラするときは、冷たい井戸水で大掃除!
なんかすっきりしました。井戸掃除は一人で始めて中途半端になってしまうと、こういう状況の中、濁って使えなくなると困るので、とりあえず、井戸水をポンプでくみ上げ、新しい湧水に入れ替えるということをしながら、息子たちが時間が出来た時に手伝ってもらうことにしました。使っても使っても翌朝になるといっぱいまで湧き出しているので、濁流が押し寄せて泥の粒子で埃っぽくなった道路の水まきや、洗車にどんどん使って浄化しよう!!水中ポンプで汲み上げながら、今日も井戸の底近くまで使っていきました。ご近所さんにも、お掃除やトイレ用、花壇の水やりに使ってくださいって声掛けもしました。
 
朝の始まりにお洗濯、、でも、、(=_=) 
洗濯機が故障 自分でなおそうとしたけど難しすぎる
2018/7/10 パワー消沈(=_=)
洗濯機がエラー、朝のかかりに、息子がポケットに入れっぱなしだった小銭が詰まって修理が必要になり、結局中の水を除去するのに1時間以上、何とか取り出そうとしてはみたものの、いくつものパイプがいり組んでいて、どこのパイプに詰まっているのかもわからない?? もっとシンプルでいいのになぁ...

もう一台古い洗濯機が別室にあるから、そちらに移動、井戸水ホースも移動、とにかく時間がかかってしようがない!仕事にならない、、、けれど、昔の暮らしのことを考えたら。。。
夜が明けきらないうちに起きて、洗濯板でごしごし、奥戸さんで火を熾し、ご飯とお味噌汁。
当時はそのペースで生きるのが当たり前だった、、、

あぁ、、何故イライラしているのだろうと、、思い直しました。

今日はこういうことが起こったから、今の暮らしの在り方を考え直したらいいよ、ということなのかもしれないし、、
井戸の掃除が出来なかったのは、一人でするのは危険だから、誰かに手伝ってもらえるまで待ちなさいということかもしれない。

みかん山の土砂流れのあったところは大丈夫だろうか?
トンネル工事が進んでいる直ぐ近くの民家裏の土砂が、青影トンネル入口付近に流れ落ちて通行止めになっています。雨みずを含んで斜面が緩んでいるので、付近を通行するのは危険です。暫く様子を見て、安全が確認できなければ上がっていけません。通路も、路肩が落ちかかっている個所があります。狭い通路を2トン車~4トン車が行き来することもあるからです。
雨がいっぱい降って水道水は断水:それなら!!
水中ポンプで井戸水を吸い上げ中 底が見えてきた 古いパイプを撤去
 2018/7/9 断水中なので、井戸水をホースで給水し、ろ過して沸かしてお風呂と洗い物用に使っています。汲み置きした水道水がまだ100リットル以上あるので、料理用にはそれを使って、飲料水はペットボトルに汲み置きした水道水、炭酸水を利用。井戸水が飲料水として利用できるようになるかどうか、井戸に水中ポンプを入れて水を汲みだし、井戸の掃除をする準備をしました。菜園用にしか使用していなかったので、こういう事態になって改めて井戸って大事!と認識。
鉄分と塩分を含むから、井戸替えをして、水質検査をして、クリアできれば、、、

昭和50年代まで、築後10年程このアパートは井戸水で生活していたらしいのですが、井戸水では賄い切れなくなって水道を引いたとのこと。
当時配管工事を担当していた業者さんが、今回の改装工事にも関わっているため、昔の話を聞くことが出来ました。
停電したときのことも考慮して、手押しポンプを設置しよう!
備えあれば憂いなし!!よっしゃ!がんばろう~!!
水害発生!! 
建物が浸水寸前 水脈を掘って泥水を裏の側溝に流す作業 うまく水が側溝まで流れていきました
2018/7/7 長雨の影響で近辺で土砂流が多発、土砂で川がせき止められ、道路の水位が上がって後3センチ上昇すると店舗内が浸水する寸前でしたが、建物北側に水脈を掘り、息子と、ほんの10分ほどスコップで作業をしただけで、泥水を裏の排水溝へ流すことができました。大地の再生で学んだ水脈整備が役立ちました(^-^)b 

昨年11月11日~12日、矢野智徳さんの大地再生講座で建物周辺の水脈整備が行われていたおかげで、みやすく掘ることが出来ました。水脈があったところは土砂もひどく流出せずにすみ、泥水をろ過する緩衝材として、竹や植物の枝などを流道に入れていったことで、多少でも溝に泥の粒子が入り込まずにすみました。

こんな状況でも車がひっきりなしに通ります。2台ほど、縁石にぶつかってバンパーが破損した車がありました。消防車や、救急車もサイレンを鳴らして行きかっています。こんな水害が頻繁に起こるようになってしまった現代、自然破壊をやめないと大変なことになっていく。真剣に考え、行動していかないと何も変わっていかない、、、

11時45分、町内放送があり、本郷水汲み場のポンプが水没したため、12時より断水とのこと。。15分で家中の容器に水を汲み置き!!濁っている(◎_◎;)けど、仕方がありません、、、汲み置きがなくなったら、井戸を利用します。井戸があったことが救いです。
泥を片付ける 流れてきた土砂を土嚢袋に
粒子の細かい泥が建物周辺、溝蓋にたまっており、乾くと厄介なので、水が完全に引いてから、土嚢袋に入れ次の台風に備え、縁石近くに置きました。 
 乾燥ヨモギでもぐさ作り&スイーツ
蓬でもぐさを作る 蓬の粉で柏餅 蓬の粉で葛餡 蓬の粉入り団子
 2018/7/6 今日も雨です。事務仕事の後は乾燥させておいたヨモギでもぐさ作りをしました。
もぐさを作って出たヨモギの粉で、餅粉とそば粉をミックスして柏餅、蓬を入れて葛を溶き葛餡と蓬団子を作りました。
 2018/7/5 雨が降り続いています。週末まで雨の予報。みかん山の土砂流れ現場が気がかりです。
今日は庭師の上村さんが来てくださり、庭のデザインについて打ち合わせ。夕方、呉から上村さんと打ち合わせをしたいという方が来られる予定でしたが、呉は大雨で市街地はひどい水害が発生しているためお客様は来ることが出来ませんでした。
キャンピングカーで来られていた上村さんですが、雨で太陽光発電が出来ないため、バッテリーが上がってしまい、ジャフに連絡。充電が完了して9時近くには、四国に向かって出発されました。
3日も降り続いている雨、いつ止むのでしょうか、、、
 紫蘇茶作り
庭の紫蘇を採取 先日干した紫蘇のお茶  
 2018/7/4 台風一過、恵みの雨をもらたしてくれた台風7号、雨上がりに庭の紫蘇を採取、干して紫蘇茶を楽しみます。手刈りで裏庭の草を風の草刈り。刈り取った草は、地面に敷き土の表面を隠します。
ヒメジョオン 
ヒメジョンの花漢方薬
2018/7/3 1週間ほど前から乾燥させていたヒメジョオン、花と葉茎に分けました。漢方のきぐすり.comには、花5gと葉茎5g×水400CCで煎じるとの記載がありました。今日は、4前中レモンの出荷、事務処理、午後から銀行へ(通帳の書き込み)源泉申告、17時前帰宅、会計処理。今日は雨降り、ヒメジョンも、浜大根の種も、オレガノも、風を当ててしっかり乾燥させておきます。 
今日のお客様 
突然のお客様 窓辺で
 2018/7/2 今日は、午前中事務処理、午後から源泉の申告に行く予定でしたが、突然のお客様ご来訪(*'ω'*)
神原将先生の漢方講座で2度お会いしたことがある「ヴェーネレ・デ・エステ」の熊川さとえさんがご夫妻で訪ねてきてくださいました。ヴェーネレとはイタリア語で女神という意味なのだそうです。熊川さんは、世界20か所を旅された経験を活かし、癒しのお仕事をされていらっしゃいます。
そして、因島大橋の架橋下、大浜公園でご主人のご趣味でもある、ドローンを飛ばすところを見せていただきました!
ご主人は、造船関連の監督をされていらっしゃるそうです。
ドローンで撮影した映像は、後日バックミュージックを入れて編集し送ってくださるとのこと、ワクワクです!
リクエストをと言ってくださったので、エンヤのSo I Could Find My Way を。。。(リンク先は日本ブログ村「×月×日、白ねこのため息」さんより、エンヤの曲、翻訳入り)
橙畑--風の草刈り 
ローブで草刈り 風の通道を作りながら風の草刈り 摘果実を漢方薬枳実に加工します
2018/7/1 今日は午後4時前から7時過ぎまでローブで草刈り、パワー調整できる仮払い機だと楽々刈れる。今日はローブ使用で、風の道を作りながら風の草刈りが出来ました。お天気が良ければ明日から摘果作業をします。摘果した果実は枳実として漢方薬に利用します。  
 2018/6/30 今日は、雨が降ったりやんだりの中、改装中の店舗の流し台の位置変更と配管補修工事が行われました。当初お願いしていた点検孔の設置と、配水管の移設は、問題点が解決したので中止、流し台は、作業性の良い位置への移動と、排水桝内のエルボの設置、配水管継手部分のパッキン取付け、これで使い勝手も臭いの問題も解決しました。
月末の事務処理と重なり、残業で補って、11時前、無事一日の作業が終了しました。
 ヒメジョオン(野草を食卓へ)
薬草ヒメジョオン 野草のおかず
2018/6/29 午前中、出荷準備と事務処理、家事。午後3時半から整体治療へ、帰りに橙畑に立ち寄り、ヒメジョオンを採取、40度のお湯で洗って干す。夕食は、ヒメジョオンの天ぷら、ビーツと、レモンと、バルサミコ、蜂蜜、塩、オレガノ入りのサラダ。ポム・ド・テールから届いた枝豆。絹田農園の自家栽培小麦のうどん。
ここのところ、睡眠と休養を取るようになって、障害のある蝸牛のリンパ液が流れそうな予感、、、耳タブ付け根の奥あたりがプチンとなる音がすると、聴覚が開く感あり。湧泉・三陰交に自家製のもぐさでお灸もしました。腹式呼吸もやる気が出ないほど力が出なかった2週間。アパートの補修工事が始まるまえの片づけや住人さんのゴミの片付けや掃除の手伝いなど、かなりエネルギーを使い果たし、お腹に脈が出ている状態、漢方で言うところの気虚・瘀血。
昨年11.12月、骨の髄のエネルギーまで消耗してしまった過酷だった2か月間。
蜂蜜収量の約半分を初出荷
茯苓 煎じ薬
2018/6/28 島内・関東へ柑橘はちみつの初出荷。レモンも毎日ぼちぼちと出荷しています。
昨日から砕いていた霊芝(茯苓)を今朝、甘草・シナモン・八角・陳皮・桑・アカメガシワをブレンドして1時間ほど煎じました。漢方茶を飲むようになって、お腹の調子がとっても良好(朝起きて何も食べなくても、お通じがあるということは、腸内細菌が増えて元氣に活動しているってこと)冷えもなくなりました。暖かい時期だからかもしれませんけど、お腹が冷たくないのです。薬草は、腸内細菌を育てる力があると、神原将先生が言われていた通り、自然の中の野草や樹木の力って素晴らしい!!気付かなければただの草木、山や野原には癒しがいっぱい。
柑橘密の出荷準備と霊芝を砕く作業 
柑橘はちみつのラッピング 霊芝を砕く作業
 2018/6/27 午前中は、事務処理後、霊芝を砕く作業、ものすごく固くて手に豆が出来ましたが、1個半しか砕けませんでした。午後から18時過ぎまで、はちみつのラッピング作業。明日には、できている範囲で出荷いたします。
残りの瓶詰作業はもう少し先になる予定です。
今年の柑橘密は花の期間が短く、収量がわずか、、、悲しいくらい少ないです、
でも、これは、休養しなさいという天からの声かもしれません。
寒気で晩柑類が全滅したことも、蜜が取れなかったことも、充分にお届けすることが出来なかったことは、とても残念で、申しわけなく思いますが、過度の労務には現状体がついていけない状態です。
 2018/6/26 出荷作業と、午後から中国針治療へ。帰りに平家の隠里近辺の野草散策。
帰宅後、受注処理。レモンがよく出ています。
神原将先生の「日曜証し立ての会」 
脈診を取っているところ 神原将先生の日曜証し立ての会第1回 カワラヨモギ
2018/6/24 今日は呉市山手町山手集会所で開催された神原将先生の「日曜日の証し立ての会」に参加していました。参加者の皆さんの氣に圧倒され、癒され、帰宅後も心地よい疲れの中でぐっすりと休むことが出来て、朝には足の浮腫みも随分楽になっていました。学んだことは、舌診・腹診・脈診・問診、復習を頑張りたいと思っています。まずは親しい人達にお願いしてみよう、、、

講座後、先生について集会所を出ると、川沿いや球技場周辺に漢方薬になる野草がたくさんあることに驚きました。因島では、みつけることができなかったカワラヨモギがあちらこちらにあって感動!!昨年の種を少し採取させていただき持ち帰りました。秋に種が付く頃になって、庭に撒いてみようと思います。
このカワラヨモギこそ、血流を改善する力があるのだそうです。普通のヨモギとは、反対の作用なので、用いる際には注意が必要とのことです。
整体治療後裏庭の整備
裏庭に檜と杉のチップを撒く 裏庭に檜と杉のチップを撒く
 2018/6/23 先週からハードだったので、疲れがピークに達してしまい、傷めている左足の膝から下がひどく浮腫みが出るので、午前中は整体治療に行きました。今日はフットマッサージをしてもらいながら、寝ていたようです。とてもリラックス出来たので、午後からは庭仕事を頑張りました。
先日、山から持ち帰った腐食竹を庭師さんが砕いて敷き、粗腐葉土を撒いてくれていたので、その上から、のじま家大工店さんから分けていただいた檜と杉のチップを撒きました。腐食竹は出来るだけ小さく砕きました。座り仕事をしていると、足の浮腫みがひどくなる一方、庭で動いていると、すこし、すっきりしました。
紫陽花が咲ききってきました。 ベルガモットの赤い色に元気をもらいました
2018/6/23 雨曇りのどんよりとしたお天気ですが、ベルガモットの赤い色を見ると気分も晴れやか。
紫陽花も咲ききってきました。
紫陽花の花が葉の色のようになってきたら、ドライフラワーの準備をしよう。。。
庭のハーブでチンキ作り 
ローズマリーチンキ作り ミントの刈り取り トウガラシの花はお星さま 豆乳ヨーグルト入りナン オーガニックな野菜たちでカレー
2018/6/22 早朝、ミントとローズマリーを採取、人肌温度で洗って、ローズマリーチンキを作り、クリームにします。
ミントは干していろいろと、、、
トウガラシの花って、よく見るとお星さまの形、(^^♪ 可愛い
洗って干してゴソゴソしていると、もうお昼。。。昼食は、南部小麦全粒粉の豆乳ヨーグルト入りナンとベジカレー。
今日も、ハードな作業はお休みして、事務仕事と受注処理、出荷作業と家事。。。
座り仕事が続くと、足の浮腫みが、すっきりしません。
軽く動いていた方が調子が良いので、休憩取りながらぼちぼち動きます!!
 
 ボケの実とベルガモット
漢方薬になるボケの実 満開のベルガモット
2018/6/21 ボケの実がたくさん生っています。漢方薬として利用できるのは、8月の完熟期前、ベルガモットは満開になりました。彩の少ないこの時期、赤い色に元気をもらえます。 
お気軽にメールお問合せください。Tel 0845-24-0465
722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:http://www.ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami farm. All Rights Reserved