ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami farm
電話 0845-24-0465 大地の恵み
お買い物はこちらから送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
新着情報 Information
 プライバイシーポリシー
 農家兼業日記
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク(ちょこっと寄り道)
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
お買い物 He buys it and it is a thing.
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
商品一覧 Goods list
 柑橘類
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 ハーブ類
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
因島のおばあちゃんのみかん園スタッフです!
準備中

 私たちが栽培しています

携帯用Qrcord
ホームページ
携帯Qrコード ホームページ
メール
携帯Qrコード メール
自然生態系農業暦(1981年・・昭和56年から現在に至る)
・温州みかん・八朔・イヨカン ・レモン・キヨミ・柚子
・ネーブル・キンカン・甘夏みかん・デコポン・ハルミ
 村上農園創始者(村上 君)
-村上農園 創始者-
村上 君
(むらかみ きみ)2015年8月3日逝去 享年89歳
 村上農園創始者 村上 君が2015年8月3日 農作業中、乾燥した柑橘園内の傾斜で滑落し、脳挫傷で亡くなりました。(享年89歳)不慮の事故とは言え、愛してやまない柑橘園にて、手塩にかけつつの最後、母も本望だったと思っております。

母は、柑橘の枝を剪定する際も、「痛いねぇ、ごめんよ」と木に語りかけながら切っていました。
そんな母の思いが伝わるのか、美味しい柑橘が実り、毎年お客様から嬉しいお便りが届けられます。
そうしたお便りを母に見てもらうと、「うれしいねぇ、ありがとうねぇ」と、涙ぐみ喜んでいました。

大らかなやさしい人柄で、日本の母を絵に描いたような人でした。いつ訪ねても笑顔で迎えてくれ、自分も農作業で疲れているにも関わらず、よく肩をもみほぐしてくれていました。節くれだった力強いあたたかい手に、何度癒され元気をもらったことでしょう。心根が美しく、働き者で、父(2000年逝去)の大工仕事を手伝いながら、畑仕事をこなし、5人の子どもを育て、16人の孫と6人のひ孫にも恵まれ、村上農園を守り切っての最後でありました。

母亡き後、母の意思を継ぎ、安心安全な農作物の生産に精進することが、母に対する供養と思い、より良い物づくりに、今まで以上励んでまいりたいと思っています。
ここに改めて、ご利用いただいておりますお客様に、亡き母に代わりまして、心より御礼を申し上げます。
母亡き後も、変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
                                        
 2015年9月20日 村上農園代表 葛谷 仁美
                                           
 『村上農園』は小規模の個人農園です。
 栽培数(極早生みかん10本、早生温州みかん30本、中早生みかん45本、晩生みかん20本、ネーブル7本、伊予柑1本、キヨミオレンジ15本、八朔65本、夏みかん7本、甘夏みかん20本、スウィートスプリング1本、レモン28本、アンセイカン10本、デコポン8本、橙5本、スダチ2本、柚子6本、キンカン5本)2010年より苗木の植樹を始めました。宮川早生5本、興津早生10本、イシジ10本、ポンカン10本、タンカン2本、青島温州3本、極早生温州3本、はるか3本、レモン5本、アボガド(ベーコン)4本、オリーブ3本、ポポー5本。野菜栽培にも挑戦中です(ヤーコン、ソーメン瓜、冬瓜、ミニトマト、黒トウモロコシ、菊芋など)

 村上農園のスタッフは、創始者(2015/8/3逝去)の長女(葛谷 仁美)、三女(金山雅子)、山本八重子、石倉まきの4名です。忙しい時には、二男、三男、大阪に居る長男夫婦、嫁いだ長女が帰島し手伝ってくれます。
 大変心強い応援隊として、おばあちゃんの孫たちが休暇で集うときなど手伝ってくれることがあるのでとても助かります。

 栽培、ネット販売(受注・出荷)、ホームページ作成等、主な仕事は、創始者(2015/8/3逝去)の長女(葛谷仁美)が担当しています。
長女(管理人)は自営業(製造業)の事務職が本業、おばあちゃんのみかん園を手伝い始めたのは2000年11月(平成12年)からです。ネット販売を始めたのは2004年からです。

 ネット販売を始めた翌年から、お客様が年々増加し、販売開始2年後より2週間ほどで完売、追加注文にも応じられず、家族や親戚に送ることもできない状況が続き、栽培本数を増やすため、2008年から雑木林になっていた農地を開拓、植樹中です。雑木、雑草、竹等の根が地中に張りめぐっているため、開墾し苗木を植樹するまでには相当な時間がかかりそうです。

耕作地---2016年現在(6箇所)
2014年には圃場が4反増え、2015年には3反増え、2016年には0.5反増えました。
残念なのは、9年近く借りていた因島三庄町の1か所について、圃場際の孟宗竹林が勢力旺盛、みかん山の竹林の整備にも手を取られ、柑橘樹の手入れにかかる手間よりも、周囲の雑木や竹の処置に時間と労力を奪われることと、竹林に猪がいるので、スタッフが怖がって圃場に入りたがらない等、取組に関して検討中、、
みかんの花咲く季節、因島は柑橘の香りで満ちています
そんな島の便りをお届けできればと思っています。

 生産地(尾道市因島)

お問合せ先
〒722-2211広島県尾道市因島中庄町4142-5 
事務所 0845-24-0465(葛谷仁美)携帯 090-1185-1466

Mail:お便りお待ちしています・・・   
 ※村上農園の柑橘は自然な味わいです。
皮も捨てることなく、料理・入浴剤としてお使いいただけます。
みかん園から見える生口大橋 収獲の様子
自然栽培への取り組み - 母から娘へ
 〒722-2211
 広島県尾道市因島中庄町4142-5
 村上農園 葛谷仁美(くずたに ひとみ)
 Tel 0845-24-0465
 
おばあちゃんの自然栽培
母(2015年8月逝去)の栽培方法は、剪定はほとんどしない、肥料は、菜種油粕、自家製の堆肥、2年に一度苦土石灰を撒くというシンプルなやり方でした。

収穫は、11月中には終え、1週間から半月ほど風に当てた後、みかん小屋に寝かせておきます。
収穫したときには、まだ青みが残っていたみかんも、12月半ば過ぎるころには、きれいに色づき、糖度も増し、濃くのある美味しいみかんになります。
母は、早生温州は、11月中に収穫することで、木が早く回復し翌年もたわわに実をつけるのだと教えてくれました。

母は枝を切るとき、木に手を当て、「痛いねぇ、ごめんよ....」と木に語りかけながら切っていました。
自営業の事務職、主婦、パソコン指導、地域の役員など、それだけでもハードな中、作業の能率の悪さに苛立ちを覚えた私は、「木が痛いわけないじゃろう!邪魔な枝は切ったほうが良いに決まっとるが!」、心の中では母の優しさに心を打たれていたのですが、そのときは素直に「優しいね」と言ってあげることができませんでした。

木と木の間は隙間がなく、腰を低くかがめながらくぐり抜けないとコンテナを運べませんでした。その体制では、身体が持たないと思った私は、収穫しながら作業の邪魔になる枝をバサバサと切り落としていったのです。

剪定に関する知識を持たないまま、剪定をしてはいけない時期に、それも枝の途中から切り落としてしまったのです。
母は、そんな私を見て、「あんまり切ると、木が弱るよ。」と一言だけ忠告した後、ため息をつき何も言わなくなりました。

翌春、青々と茂った2m.を越す大きな立派なみかんの木を、私は1週間も経たないうちに、30%~50%、木によっては70%も切ってしまったのです。その年は、実も少なく、収穫はずいぶん楽でした。園内を楽に移動できるようになったことで、これでいいのだ!と自慢げに思っていました。
しかし、その後、みかんの木は幾本も枯れていったのです。
その様子をみて、全滅するのではないかと、いても立ってもいられないほどの不安がこみ上げてきました。

せん定方法を勉強しないと、まともな栽培は出来ないと思い、インターネットで検索しているうち、川田建次(道法正徳)さんの「高糖度連産のミカンつくり」という本を探し当てることができました。(2006年)

娘の自然栽培(自然栽培というより、自然生態系栽培といったほうが正しいのかもしれません)
2000年から2002年は収穫、出荷作業の手伝いが主でした。

2003年ナギナタガヤでの草生栽培を始め、有機肥料も堆肥と油粕だけの栽培から、EMボカシ、鶏糞、牛糞なども使うようになりました。
しかし、思ったような結果はでませんでした。

2004年~2005年にかけて、上に記していますが強剪定をし樹を傷めてしまいました。

2006年春、切上げ剪定を行うべく、本を片手に木を見て、また本を見て、何度読んでも写真をみても、どの枝のことかわからなくて、それでも、とにかく切上げていこうと枝先部分の枝の分れ目元部から切り上げていきました。
こんな感じに下向きの枝は切除していきました。

同年、有機肥料も柑橘栽培を長く手がけておられる肥料屋さんに詳しく教えていただき、貝化石とフミゾール(主成分木の化石)を撒いて土壌改良をし、日にちを置いて、EMボカシ、ニシン雑費、魚粉、焼成骨粉、油粕等を撒きました。

その年、みかんの出来は今までのものより、糖度も高く美味しいものが収穫でき、 おばあちゃんも「おいしいねぇ、肥料がえかったんじゃろうか!?」と喜んでくれました。
私も切り上げ剪定と有機肥料の相乗効果だと思っていました。

2007年、この年は乾燥がきつく、日中の気温も36度と異常に高く、暑さ負けし摘果作業を日延ばし、豊作の上に摘果が遅れたため、上段のみかんの木が更に弱り葉が変色し始めたので、急ぎ実を全て摘み落としましたが、幾本も枯らしてしまいました。

この年は、日焼けし黒くなった実が多く出来ました。私はこのような半端物を試食するのが大好きです。∑(=゚ω゚=;) ゙!?
食べてみて、日焼けみかんの尋常ではないくらいの美味しさに大感激o(〃^▽^〃)o
黒く焼けたミカンを売ることはできないので、正直、この美味しさを届けられないのは残念だなぁと思いました。

栽培を始めて何年にもなりますが、日焼けしたミカンが出来たのはこの年だけでした。枝にも日焼けによる後遺症(樹皮がめくれ痛々しい)が残っています。強せん定で葉が少なくなったことが原因かと思うと胸が傷みます。

2008年、栽培方法は昨年と同じ、裏年で収穫量は少なかったものの、時期を逃さず摘果も行いました。いつもの年よりも傷の少ない品質の良いみかんが多かったので、収穫量は少なかったのですが、収益にはそれほど影響は出ませんでした。ただ、新規にご注文くださったお客様はもちろん、毎年楽しみに待っていてくださるお客様や、アレルギーでお困りのお客様に充分お届けできなかったことが残念でなりませんでした。

2009年5月道法正徳さん(ペンネーム 川田建次さん)に直接指導していただく機会に恵まれ、植物は肥料で育つのではなく植物ホルモンで育つというお話を聞いて強い衝撃をうけました。お話を聞きながら、何故?何故??まさか!?栽培年数も浅い私の知識では理解できないことだらけです。
有機肥料を施肥してきた状態でも、無肥料栽培がすんなりと出来るのか大きな不安はありますが、試してみることにしました。無肥料栽培は正当な理論ではないかと感銘したからです。環境に良いということも理由の一つです。植物の力を生かした栽培とは・・・・

そこで、栽培方法を、何通りかで試してみることにしました。
 1.切上げ剪定と酵素の葉面散布
 2.切上げ剪定と草生による無肥料栽培(酵素の葉面散布をしない)

2009年5月20日、以前強剪定して樹を傷めたことを、これまで一度も母に謝ったことはありませんでしたが、この日は素直に言い出すことが出来ました。「可哀想なことをしたわ....もっとちゃんと勉強してから切りゃぁよかった...悪いことをしてしもうたね.....」
母は、怒りもせず、責めもせず、笑みを浮かべ「ええ勉強をした思うたらええが。」と言ってくれたのでした。
そんなに優しく言われると、余計に辛いよ(o´_`o)・・・。

母は気孔を行っているので、木に手をかざしよく言葉かけをしていました。私は、木に言葉をかけることが照れくさいのと、することをきちんとすることこそが答えだという考え方を持っていたので、木に言葉をかけてあげたい気持ちはありましたが、特にそのことを重要視してはいませんでした。(実際にはすることをきちんとしていたとはいえず手抜きがありました)正直に白状します.....(´ヘ`;).....

長崎県のたらみ(株)の桑山さん(CFO)から、「みかんの木に話しかけることは、熊本の農家さんもおっしゃってました。奇跡のリンゴの木村さんも、話しかけなかったリンゴの木だけが枯れてしまった、と書いてありました。愛情は、植物にも伝わるものなのかと嬉しく思いました。」というお便りを頂き、勇気を出して思っていることを木に向かって言ってあげる努力をしています。

昨日も今日も(2009/05/21~05/22)「元気になってね」と一言だけですが声をかけてあげました。(*^-^*)> ぽりぽり てれてれ・・>木とお話できたらいいのにね。

柑橘の自然栽培について思う
「出雲地」のみかん園の周囲の雑木林は以前は柑橘畑でした。雑木や竹を伐採していて、辛うじて生きているというような状態の八朔樹を数本見つけました。日陰でも数個の小さな実を生らしていました。

植物は、過酷な環境の中でも、いろいろと智恵をだして適応して行こうとしているのでしょう。
30年以上も雑木林の中で枯れずに生き延びてきた木をみて「がんばりやさん」だなぁと思いました。

もっと日当たりを良くしてあげたら、傷んだ幹も少しは回復するのかなと思いました。
人が作った柑橘の木は、どこまで自然に近い栽培が可能なのでしょう。
それぞれの木の持つ特性もあるのだろうと思いますが、暫くこの木を観察してみようかと思っています。

何故?何故??と思うことがいっぱいあります。
特に、川田建次さん(道法正徳さん)の植物ホルモンのお話は、とても興味深く、もっと良く理解しておく必要があるなと感じています。
今日(2009/05/24)は雨が降ったり止んだりで、作業は出来ないので、植物ホルモンのことをお勉強してみようと思います。
せっかちな私は、良く理解せず思い立ったら行動するというパターンで失敗が多い!.......この年で遠回りはもうきつい.....慎重に急がねば 
A´ε`;)゚・゚

2011/2/18 今日は私の誕生日です。夫が亡くなって57日、夫はお酒と煙草が大好きで、畳職人として仕事一筋に生きてきた人でした。
2012/2/6 植物ホルモンの働きについて、実践の中で木の様子を観察していると、だんだんと?部分が見えてきました。面白いなぁと思えるようになってきた今日この頃、木と会話と言えば、うそになるかもしれませんが、木を見て木の気持ちが何となく伝わってくる。そんな思いで取り組めるようになりました。  
※ホームページ上の文章の中の「出雲地」”ゆずもんじとは尾道市因島中庄町のみかん園のことです。「むこうの畑」は因島中庄町権現区吉畑の八朔園。「せどの畑」は因島中庄町権現区の甘夏みかん園で、レモン、アンセイカン、スウィートスプリング、ネーブル、イヨカンなども数本あります因島三庄町3区の八朔園には紅八朔、従来品種の八朔約40本、ネーブル、早生温州みかん、レモン、スダチ、柚子、夏みかんなど数本ずつ、因島三庄町千守(2014年秋)にはレモン、アンセイカン、キヨミ、八朔・紅八朔、甘夏みかん、温州みかん(早生・晩生)、ネーブル、柚子など、因島田熊町には、デコポン、ポンカン、文旦、ネーブル、イシジ、柚子、八朔・紅八朔、極早生みかん、ハルミなど、2014年秋から2015年初夏にかけて栽培地が2か所増えたため、品種も増えました。因島田熊町の圃場に関しては、圃場のあり方が条件的に自然栽培に不向きな状況にあるため、1年様子を見て、栽培を中止することも検討中、、、
収獲間近のみかん 色づいたみかん

 

お気軽にメールお問合せください
722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:http://www.ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami farm. All Rights Reserved