ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami farm
電話 0845-24-0465 大地の恵み
お買い物はこちらから送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
新着情報 Information
 プライバイシーポリシー
 農家兼業日記23
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク(ちょこっと寄り道)
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
お買い物 He buys it and it is a thing.
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
商品一覧 Goods list
 柑橘類
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 ハーブ類
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
因島のおばあちゃんのみかん園スタッフです!
準備中

 私たちが栽培しています

携帯用Qrcord
ホームページ
携帯Qrコード ホームページ
メール
携帯Qrコード メール
戻る 農家兼業日記1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ
16 17
18 19 20 21 22
母の初七日 
おばあちゃんの初七日
 2015/8/9 母の初七日、早朝因島田熊町の圃場での灌水、摘果、背の高い雑草を短く刈り木の周囲にかける。
午後13時~15時まで法要、16時より同圃場において摘果をしながら灌水作業。極早生みかん50本ほど1tの地中灌水が終了。
6日間ずっと作業停止状態だった。雨は降らず、高温乾燥が続く、ここは慣行栽培農園だったので、高畝になっていて得に乾燥がひどく、おまけに生り年なので、かなり木が衰弱している、全摘果しなければ枯れるかもしれない木が幾本かある、すでに枯れた木が二本、思いもかけない不慮の事故が起こってのことで、灌水準備をしていかれなくなった。実を多く着けた木は特に衰弱が早い。明日も早朝灌水の予定
霊山へと旅だった母(享年89歳)
2015/8/6 村上農園創始者 村上 君が 2015年8月3日 農作業中、乾燥した柑橘園内の傾斜で滑落し、脳挫傷で亡くなりました。(享年89歳)不慮の事故とは言え、愛してやまない柑橘園にて、手塩にかけつつの最後、母も本望だったと思っております。
母は、柑橘の枝を剪定する際も、「痛いねぇ、ごめんよ」と木に語りかけながら切っていました。
そんな母の思いが伝わるのか、美味しい柑橘が実り、毎年お客様から嬉しいお便りが届けられます。
そうしたお便りを母に見てもらうと、「うれしいねぇ、ありがとうねぇ」と、涙ぐみ喜んでいました。

大らかなやさしい人柄で、日本の母を絵に描いたような人でした。いつ訪ねても笑顔で迎えてくれ、自分も農作業で疲れているにも関わらず、よく肩をもみほぐしてくれていました。節くれだった力強いあたたかい手に、何度癒され元気をもらったことでしょう。心根が美しく、働き者で、父(2000年逝去)の大工仕事を手伝いながら、畑仕事をこなし、5人の子どもを育て、16人の孫と6人のひ孫にも恵まれ、村上農園を守り切っての最後でありました。

母亡き後、母の意思を継ぎ、安心安全な農作物の生産に精進することが母に対する供養と思い、より良い物づくりに、今まで以上励んでまいりたいと思っています。
ここに改めて、ご利用いただいておりますお客様に、亡き母に代わりまして、心より御礼を申し上げます。
母亡き後も、変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

母が...
2015/8/4 朝7時前、因島田熊町に行く前、何故か実家近くの向こうの畑の苗木が気になり行ってみると、母の手押し車が置いてある。また余計な草取りをしているな!!と下段の灌水を終え、3段目に上がり、どこで草取りをしているのやらと見渡すと、2段目の杉の切株のそばで倒れている!呼びかけるが反応はなく、急ぎ119番し、救命士の指示で呼吸脈を確認したが、すでに冷たくなっていた......三段目から滑落し、脳挫傷で亡くなっていた母......
導かれるように、何故かここに来てしまったのは、早く見つけてほしかったからに違いない.....
危ないからここで草を取ってはいけないと、何度も注意をしていたのに、痛い右足をかばいながら、這いずってでも草取りを止めなかった.....
母から、大好きな柑橘園での作業を取り上げることは誰にも出来なかったのです.....
 
猪柵への取組み&摘果作業 
 2015/7/30 昨日に続き、今日の木生り、
豬対策の竹柵の準備中、圃場を測量後、摘果作業、木生りの甘夏みかんは頑張ったご褒美。
島内の鉄鋼業所に竹柵の支柱の製作について相談に、、鉄とステンレスでの見積り依頼をしています。  
みかん山から甘夏みかん園へ移動 
 2015/7/29 みかん山でカミキリムシ被害のみかんの樹4本伐採、17時過ぎ摘果終了。 いざ!甘夏みかん園へ
甘夏みかん木生り、超でかくなってる、5Lサイズくらいあるのかな!
きっと、みかんの神様からのご褒美、ズッシリ重くて、瑞々しい。
枝葉の勢いもすごいことになってる!今年も有葉果が多い!ここは隔年結果もあまりなく、摘果も早く終わりそう
ただ、猪が掘り返した地面の穴を埋め戻さないと、根がむき出しになってるところもある。夏場の乾燥を乗り切るためにも、根の管理は大切、猪対策を早急にしなければ!
みかんの摘果作業がもう少しで終わる
 2015/7/27 午前中、事務処理と蜂蜜ラッピング、今日は一段目のみかんと夏みかんの摘果作業、今日も暗くなってしまった、もう少しだったのに残念、明日は残りを済ませて甘夏みかん園へ移動。
島根よりお客様来島
漆の幼木、かぶれにご注意 毒キノコかも
 2015/7/26 島根のAさんとみかん山を散策
Aさんは、各地域の植物の種類や分布など研究されている様子、ウルシ科の植物にかぶれる私は、うっかり素手で触ると大変なことになるので、長袖手袋をして完全防備で山に入る、一方Aさんはかぶれない体質、そういったことを知らない人には、知っておいていただきたいと思うのです。

 『山に入って気を付けたいこと』..   ウルシ科の木には近づかない、

 漆にかぶれないタイプの人と、反応してしまう人がいる、知らず枝葉に触れたり、手折ったりしてかぶれてしまうと大変なことになってしまう、キノコも毒を持ったものとの区別は難しい。山には、白や茶色や、面白いキノコがいろいろ、危険もいいろいろ
http://blog.livedoor.jp/mountain…/archives/cat_50008536.html
赤松の若木 赤松の幼木 杉の幼木
 2015/7/26 みかん山の頂上には、赤松の幼木や若木が生息している、松の成木はほとんど枯れて全滅に近い状態、Aさんは、松が成長するためには、幼木の周囲の雑木など切って日が入るように手入れが必要だと言われていた。近くに杉が植林してあるので種が飛んであちらこちらに芽を出している。ツルが絡むと生長できない。
 年に一度でも、山の手入れが出来たら良いですね、しましょうという話になりました。
 さらに植物の分布の様子を調査するために、けもの道を下って行くと、山椿の葉っぱの裏にガの幼虫がいたのか、指や手の甲をチクチクと激しい痛みが襲ってきた、こういうこともあろうかと、ビワ葉のエキスを偲ばせておいたおかげで大事に至らず、痛みも治まりかゆみもなく無事帰還。有田さんも蚊におでこや腕など刺されていたのですが、スプレーしておいた所為か腫れていませんでした。Aさん、とても研究熱心で植物学者みたいです、とてもお勉強になりました。みかんの摘果も勉強がてらお手伝いさせてくださいとおっしゃって、手伝ってくださいました。おかげで、4段目のみかんの摘果が終了しました。
野生のヤブラン コシダ(ウラジロ科コシダ属)
 2015/7/26 ヤブランとコシダを採取してくださり、裏庭のメダカの池の水溜り付近に移植。前回はご自宅の庭のワイルドストロベリーを株分けし移植してくださったので、成長の様子を見てきた、日当たりのよい畝に植えたものは、ランナーを1本出しているからかどうか小さくなってしまった、プラムの木陰のは日中暑い時は葉っぱがしおれているが、夕方水やりをすると元気になる。今日は島根の山間部に生息するアキチョウジやキバナアキギリやウツボ草など、裏庭の日陰に移植してくださった。日陰を好むもの、湿地を好むものなど、条件に合いそうな場所に移植
みかん山の頂上まで刈る 
2015/7/24 猪が7段目の石垣を大きく崩し、ねぐらをいくつも作っている!!管理が遅れ雑草や雑木が成長してくるとこうなってしまう、そうかと思えば、雑木や雑草を刈って障害物がなくったりしても穴だらけにしてくれる。根が蔓延らないように管理を徹底するしかないようだ。今ある雑木や葛の根は、圃場内にあっては果樹栽培にとってあまりにも負担が大きい。どうしたものか?!土に影響が出ないように、切株だけに除草剤を塗って対処するか、機械で掘るか、この段々畑にユンボを登らせるのも危険この上ない。ずっと悩んできた難問題である。 
 2015/7/24 7段目から最上段10段目まで雑木竹、雑草刈り終了。
さすがにフラフラです(・.・;)
8段目の石垣に根を張っている桑の木を残そうか、切
ろうかと迷っている、種が落ちて周囲にたくさん苗木が芽をだし、数か月で3mほどに成長する、管理が大変だからなぁ...

 明日も暑くなるのかな、夕焼けがきれいだ...
みかんの摘果作業 
2015/7/23 みかんの摘果作業、葉っぱ20枚に1個、無肥料栽培では生らせ過ぎないことが重要。  
 ポケットにも、長靴にも摘果みかんが入る、糖度を計測すると、この時期で8度!!
雨曇りの一日

2015/7/22 雨曇りの一日、冷蔵庫に不揃いの夏みかんがあったことを思い出しママレードつくり。百花蜜と柑橘蜜、バンブーソルト、ラム酒を切らしていたので、みかん山の自然栽培蜂蜜漬梅酒10年ものをコラボ、完成前のママレードに梅酒をブレンドし味の確認、まろやかな味わいに感動!(*'ω'*)!夏みかん3.5k、百花蜜900gと柑橘蜜1400g、バンブーソルト適宜、梅酒約500cc、美味しければ(^_-)-☆ こんなのありなのです~♪
今回は、果実の外袋(ジョウノウ)は、腸を活発にすると言われるペクチンを豊富に含んでいるので、細かく刻んで、夏みかん丸ごと使いました。 
栄養価の高いスベリヒユ 
2015/7/21 たこ草と言われるスベリヒユ、今朝裏庭で見つけてボイルして三杯酢にして、夕食でいただきました。
「かみふたまた」さんというブログ↓に、
スベリヒユの栄養価
抗酸化物質の一つであるグルタチオンや、オメガ-3脂肪酸を日本一多量に含む。
ビタミンB、マグネシウム、鉄分も豊富で、解毒作用、コレステロール値、血圧、心臓冠動脈病などの血管系に優れた効果。古くから世界中で薬草扱いされてきた。
 
と記載されている。
とっても美味しい、今度はピクルスにしてみます。
ずいぶん前に山野草の料理のお店で食べられることを教わりました。野菜でなきゃ食べられないと思っていた若いころ貴重な経験ができて良かったと思っています。
力強くどこにでも根を張って生き抜く雑草のウルトラパワーは健康維持に最高の素材です。
みかん山で楽しむNatural symphony
午後4時頃のみかん山から眺望する今日の生口橋

2015/7/20 風が心地よい、流れる雲、鳥や蝉や虫たちのシンフォニー、走る船のエンジン音 

みかん山の5段目の残った一部分の雑草刈り みかん山の6段目の雑木と雑草刈り
昨日植えたトマトの苗に水やりをして、台風前に刈って、一部分刈り残していた5段目の石垣付近をすませる、6段目の石垣が高いので、石垣面に生えた雑木を刈り取るのが結構大変。 6段目の石垣の高さは4m近くあるので、草刈りしていて足を滑らせると大変、長靴の底がすり減ってツルツル、雑木が2mほどに育っていてかなり力を入れないと刈り取れなかったので、ハードだったけど、この緊張感がたまらない。。。
猪が掘りまくったクレーターがいくつもあり、落ち込んでしまうし(・・;)ったくイノシシめ~!!
とりあえず今日はここまで(・.・;)
夕日が沈みかけて、南免の山々を照らしている様
日が西の空に落ちていく、南の方角の山々の陰影が『もう終わりなさい』と、告げているようだ 

今日(2015/7/20)の夕焼けと三日月さま、、、爽快な午後の作業だった(^-^)v
ここで一晩明かしてみたいなぁ、テント張って、でも一人はちょっと、、、いやいやかなり心細いかも(・.・;)
 

 風のないみかん山
みかん山の2段目の雑草刈り みかん山から見える夕方の生口橋風景
2015/7/19 腰が痛くなってしまって、ゆるりと夏野菜のレシピを検索しながら過ごし、午後4時前からみかん山へ、風が止まっているなんてめったにないことだけど、ぐるり見渡しても木々も竹もまるで写真を見ているようにピタッ!!
 う~ん汗がにじむなぁ、、、
桑の木陰の2段目と1段目の草がかなり成長してきているので、木陰の草刈りと摘果、1段目の一部を残して燃料切れ、
 日が長いなぁ、、7時でもまだ明るい。
気合で頑張っていると腰痛も軽くなったかな!まだまだいける60歳!(^^)! 
みかん山の菜園にトマトを植える みかん山に種まきしたカボチャが順調に育っている
 密柑山の菜園にトマトの苗を植えました。このトマト、毎年軒下でこぼれ種から芽を出すミニトマトです。カボチャが日に日に育っていきます、楽しみ(*^^*)
 真竹の伐採と雑草刈り
真竹の伐採 みかん山のどんぐりの木の周囲には真竹がいっぱい
 2015/7/18 台風後の澄んだ空、、、
50本くらい枯れたものも含めた真竹を伐採、細めの竹が必要だけど、選んで切ってはいられない、、、空間、、、大きなどんぐりの木の向こうに、三又のさらに大きなどんぐりの木があって、ハンモッグをかけられる空間が出来ないかなって思ってる、目の前の100本ほどの竹を切ると、視界が開ける!頑張るのだ!!
台風11号後の澄んだ青空 楮を刈る 昔からの赤シソの保存
 真竹の伐採後、みかん山の3段目と4段目の150㎝ほどに育った楮(こうぞ)を刈って柑橘樹の周囲に敷き詰める。
楮(こうぞ)は和紙の原料となる草のことです。食用にもできます。
苗木の竹支柱がもろくなっていたものも取り換える。
随分昔からある赤シソが、刈払機を使っているため、少なくなってしまった。保存するため、赤シソの周囲だけ手作業で草をとる。おばあちゃんは、この赤シソをたくさん収穫して、紫蘇ジュースを作ってくれていた。たくさん増えてきたら作ってみよう。赤紫の香りのよい鮮やかなジュースが懐かしい。
竹よしず初挑戦 
竹葦簀用の真竹を削る 竹葦簀用の真竹の先端は節で切る 

2015/7/17 枝の付け根をとっていたら時間がどんどん過ぎて行く、上になる方は雨水が入らないように節のところで切ってと、、息切れする( ̄O ̄; 

竹葦簀用の真竹を編むひもの長さを確認 竹葦簀用の真竹を編むひもの長さを確認 

シュロ縄の長さの確認、つくりたい幅の約1,5倍、2mの幅でと思ったけれど、持ち運び出来る重さでないと困る、なので1m幅を今回は2つ作り結べるようにしてみよう。とりあえず、曲がったのはバーナーで加熱すれば真っ直ぐになるかな?山にいったほうが早いかな、編みこんでいくのは、物干し台を使うと便利かも(*‘ω‘ *)

 台風が来る前に
南柑20号の摘果  南柑20号の摘果
有葉果が元気に育っている。コロコロ可愛い、かたい実がたわわに生っている。8月下旬には最終摘果の予定。  
南柑20号の摘果 衰弱した樹は全摘果 根元に虫が入ったみかんの樹
元気がないので、全摘果した樹、根元があやしい! 
台風前の生口橋の風景、霞んでいても風情を感じます。午後から最下段の南柑20号の摘果作業、枯れ枝処理4時間半で終了。
みかん山の雑草刈り
 2015/7/16 まだ頂上まで刈っていきます。イノシシが掘ったクレーターに時々はまり込むことあって、草刈ってないと歩くの危険なのです。夏の日差しや乾燥から木を守るためにも木の周囲に草を敷き、出来るだけ草の根はを残すように刈っていきます。
台風前に苗木の結束 台風前に苗木の結束
2015/7/16 大型台風11号が接近している、9時には広島上陸との予報だったが、因島が暴風域に入ったのは夕方5時前、おかげで涼しく作業できました。

みかん山の周囲の竹や雑木が防風林となって、苗木は守られています。ここは心地よい程度の風がいつも吹いている素敵な場所です。暑い時は家にいるよりここで作業している方が気持ち良い、動いてると汗はかきますが、デトックスできて最高です。苗木を結束しなおしていきました。右写真はレモンの苗木です。手前のは、草に埋もれていて気付かず草刈機で刈ってしまったのだけれど、新しい芽を出して頑張って育ってくれています。よかった(*'ω'*)
 
 みかん山の通路の整備と野菜の様子
かぼちゃの芽が出た みかん山の小さな菜園 
2015/7/14 6/28草むらにアバウトに種巻きしたカボチャの芽確認、野菜の苗も根付いている。雑草を刈り、カボチャの周囲に敷く、収穫時には猪に先取りされちゃうので、竹を利用して猪対策をしなければ!!
みかん山の通路の草刈り みかん山の通路の草刈り 

 この通路の右脇には境界石が並んでいます。草に覆われると、車で通るとき、乗り上げたりして危険なので、石が見えるように刈っています。真竹が通路や園内に蔓延るので、この時期は、刈る作業が欠かせません。放棄されて広がっていく竹林は農家に大きな負担となって圧し掛かってきています。本来はしなくても良い仕事なのに、時間と労力、道具や備品、燃料代はどこに請求出来るのか!!憤りを抱えたまま、格闘し始めて9年になります。

伐採し枝を落として長さを揃えた真竹 
作業終了後、昨日切った真竹を3m長さに切り積み込む。仕事の合間に棕櫚縄でヨシズ作りに挑戦します。 とりあえず、竹のしっかりした日除けを作るための準備。   
危ない....
ズッキーニとジャガイモ料理
2015/7/13 12日農園cafeWinWinさんのジャガイモとズッキーニ、岩城のレモンポークを挟んでロケストで焼き、月舟苫屋さんから勧められたイタリアのガルム、オーガニックオリーブオイル、村上農園のレモンを乗っけてお夜食、夜中の不良なお遊びの一コマでした....(・.・;)健康維持したいお方は真似しないでください(^_^.)
 みかん山の真竹を竹葦簀(たけよしず)に
みかん山での真竹伐採作業 みかん山での真竹伐採作業
 2015/7/13  風もなく、暑い日、真竹の伐採作業枯れた竹、倒れたもの、持ち帰るものなど3m~4mに切って、いったい何本切っただろう!
おばあちゃん家の大掃除 
実家の掃除に来ています。埃だらけだ! 実家の掃除に来ています。
 2015/7/9 お婆ちゃん家の大掃除に来ています。暫くご無沙汰していたら、埃が積りに積もって、掃除のしがいがありました。 
実家の掃除に来ています。2時間かかりました。 その後、ローリエを収穫、剪定手入れ
2015/7/9 年を取るということ、その人なりに積み重ねた人生を思ったとき、一日一日をいかに生きるべきかと考えさせられる午後のひととき、、、庭のローリエの剪定をし、お婆ちゃんが入れてくれた温かいミルクをいただいて今日の一日の仕事終了します。
 お掃除が終わって帰ろうとすると、いつものお決まり、、美味しいものでも食べに行かんかねぇ、帰ってからローリエを洗って乾燥させる準備もあるし、でも久々なので、家で有り合わせの夕食でもと、昔お婆ちゃんがよく作ってくれた団子汁を。
 
待ってる間、以前から読んでもらいたかった昇地三朗著書、106歳を越えて私がいま伝えたいこと、106歳のスキップ、この二冊をお婆ちゃんは嬉しそうに読み始めた。母娘で久しぶりに味わうささやかな夕食のひととき、今夜は娘の家でお泊りです。   
お気軽にメールお問合せください。Tel 0845-24-0465
722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:http://www.ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami farm. All Rights Reserved