ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami plantation
電話 0845-24-0465 大地の恵み
お買い物はこちらから送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
新着情報 Information
 プライバイシーポリシー
 農家兼業日記32
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク(ちょこっと寄り道)
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
お買い物 He buys it and it is a thing.
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
商品一覧 Goods list
 柑橘類
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 ハーブ類
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
因島のおばあちゃんのみかん園スタッフです!
準備中

 私たちが栽培しています

携帯用Qrcord
ホームページ
携帯Qrコード ホームページ
メール
携帯Qrコード メール
戻る 農家兼業日記1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ
16 17
18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
生後40日目の孫娘「悠莉」
生後40日目の孫娘「悠莉」
2016/8/30 嫁ぎ先に帰って3日、ビデオが送られてきました。元氣に手足を動かして、指しゃぶりもはじまりそうです。
服のせいかもしれませんが、男の子みたいです(笑) 
 
怪我をした鷹
痛手を負った鷹でしょうか?低空飛行しかできない様子 右足を怪我しているようです

2016/8/29 みかん山へ上る道中、鷹だろうか?通路を塞いで動かない、、怪我でもしたのだろうか?
近づくと低空でとんでは、降りての繰り返し、足を怪我している様子、なんとか生き延びてもらいたい、どこでどうなって怪我をしたのか??この辺には野良猫や、野犬がいるので夜は危険かなぁ、、、少しでも高い枝に止まって無事でいてほしいです、、、 

雨水の流れ方を確認 
 通路の雨水の流れ方を確認する
2016/8/29 通路の様子も変わりなし、、、それほどの雨でもなかったけれど、雨水の流れ方を確認しておきたかったのです。枝葉や草を敷いていない土があらわになっている部分は、多少雨水の流れた痕跡が見受けられました。雨水が低くなった部分をえぐらないよう、分散してして流れていくよう通路の土に道筋をつけておかないと、、、 
美しい雨露
雨露が輝いている!宝石よりも美しく貴重です!  
雨露が輝いている
宝石よりも貴重で美しい!! 
 2016/8/29 今日は久しぶりに美味しいホットコーヒーを楽しんでいます、、

夜中の1時半ころ、雨音が聞こえて目が覚めました、、、窓を開けると、雨が降っていました。
長かった2か月
降った時間も雨量も十分とは言えないけれど、自然からの恵みとはなんと尊いものなのでしょう、、、、
感謝合掌です。
体中の力が抜けていく感、、、まだまだこれからだ!!次の仕事へと向かうのだという心の声、、、
空白 
清とした一室 娘からの手紙 
2016/8/28 何事もなかったかのように、清とした一室
机に残された娘からの手紙
昨日夕方、嫁ぎ先へ帰っていく前に、仕事で会えなかった私宛に手紙を残してくれていました。
携帯を車中に置いて通路の整備をしていたときに...電話が入っていたことに気づいたのは帰宅して入浴後
今朝、部屋に行ってみると手紙が残されていました。
お産の前に夏風邪をひき近づけなくて、妹が代わりに食事や沐浴をしてくれて、娘にとってはとても心強かったようです。

 風邪が治りきらない状況で摘果や潅水に追われる毎日、十分面倒も見てあげられなくて、娘は一人で初めての子育てに奮闘する毎日、お乳が足りなくて泣いている赤ちゃんを、泣きながら見ていた娘、何気なく発した言葉のひとつにも、過敏になっている産後の不安定な心、帰ってからいろんな場面が脳裏を巡っていきました。
雨の前の通路の整備 
通路の整備 通路の整備
2016/8/27 明日は雨の予報、土が流れていかないように、乾ききった通路のタイヤ痕の上に刈り取った枝葉を敷いて、今日の作業終了。気になるところは他にもあるけれど、今日という日を精一杯生きた心地よさ、、何だかとっても幸せな気分です(^-^) 
交配したトウモロコシ/橙に潅水 
  
2016/8/27 今朝の収穫物、黒トウモロコシが交配して、こんなんになってしまった、、、 

雨が降らなくなって2か月、地下深くまでしっかりと根を張り元気だった橙と柚子、日中葉がうなだれていた、しっかり潅水をしてあげると帰り際には葉っぱがピンと生き返ってる、
良かった、うれしい
文句も言わないで、じっと耐えて、手をかければかけただけ、たわわに実をつけ、こたえてくれる。
 

 最後の一個の甘夏みかん
休憩に甘夏みかん
甘い!! 
甘夏みかん園に1回目の潅水から11日目に 
新しい実も順調に育っています 木生りの甘夏みかん、最後の一個
2016/8/24 甘夏みかん園、1回目の潅水から11日目。夕方5時半近くに終了、
木なり甘夏みかんは最後の一個
新しい実も、干ばつで多少小ぶりもあるけれど、結構いい大きさ、枯れ枝処理をしながら、園内を回っていると、通路に近いところに行くと、小型スズメバチが近づいてくる、巣が近くにあるのだろうか?!
うっとうしいが、手を出せば襲ってくる、、仕方がないので体を低くし、場所を移動し避けながら作業を続ける。いやだなぁ、、(-"-)


17時半、あと少し、、もうすぐ帰れる、、、、、   
2か月近く潅水なしでこんなに元氣 
2か月近い干ばつが続いていますが元気そう
2016/8/23 因島中庄町の八朔園内のアボガドの苗木、2か月近く雨がなくてもこの元氣、すごいね!アボガド!
ここは、割合水分を含んでいる腐葉土が多い有機質な土地なので、八朔も潅水なしで生き抜いていますが、今日は最下段のレモンの苗木と、八朔の古木に潅水しました。午後から一ヶ月検診の付き添いです。ちょっとクラクラ気味です。休憩しながら、、
 
一か月検診 遊び飲みしながらでも順調に育っています
 一ヶ月検診、母乳で順調に育っています。3768g 53,5センチ
 1mmの雨
ウロコ雲 1mmほどの雨が降りました
2016/8/22 朝7時前頃から鱗雲がでていました。午後から1mmの雨の予報、大あたりで4時頃本当に1mm程度の雨が降りました。  
明日はどんな一日が待っているだろう...
 2016/8/22 今日も終わった、さぁ...帰ろう、、、、明日はどんな一日になるだろう

この異様な空気、、地球よ、大丈夫なのか?! 

早朝の生口橋の上にはお月様、空気はいつもの朝のさわやかさはなくムンとした異常な熱さ 衰弱した木 午後からアルバイトも頑張っている真希ちゃん
2016/8/21 夜明け前のお月様、、、朝なのに、まるで夕方のようなムンとした異様な空気、、、、
揚羽蝶の幼虫は干からび、カマキリの死がい、弱々しく動きが鈍くなったもの、小動物が死んでいく、、こんなひどい干ばつを目の当たりにしたのは生まれてはじめてです。
まきちゃんは午後からアルバイトがあるので10時半で終了です。
さて、4回目の灌水、頑張ろう!

19日のお昼前から目眩、熱中症かメニエールかわからないけれど、娘に薬局まで行ってもらい、車酔いの薬を買ってきてもらって飲んで、19日午後から20日まで休養、20日朝にはなんとか動けるようになって、娘に朝食を運び、家の仕事と、店舗に置く予定のストーブについて問い合わせをしたり、、、

 パソコンをしていると、相棒が顔をしかめて心配していましたが、工事をすすめていくうえで、ストーブを置く周囲の防火対策はしておかないと困るので、忠告を無視、、、
何とか動けるようになったので大丈夫、、、みんなのおかげです。

娘からは「あれほど自己管理してって言ったのにっ!!」とまじ切れされました。すまんですぅ~(+_+)としか言いようはありません、、
この状況をほっといて、娘のことにかまけていたら、すべてが無となってしまいます。
それほど切羽詰まった状況の中であがいているのです、、、理解してほしいと思うけれど、炎天下にさらされている木々のあえぐ姿を見ていなければ、また、そんな中で悪戦苦闘していなければ、このつらさはわからないでしょう、、、
もう限界だと言いながら、この状況がいつまで続くのかさえも分からない不安を抱えながら、、、戦っているのですから、、、
田熊の圃場で摘果と枯れ枝処理 
スタッフの真希ちゃんが摘果作業を頑張っています! 
 2016/8/19 今朝はスタッフのマキちゃんが、早朝から取り残しの摘果作業と枯れ枝処理を頑張っています。
もうすぐ33日 
もうすぐ33日 
2016/8/18 生まれてからは、風邪ひきのため近づくこともできず、娘にも孫にも、食事の準備や沐浴など、それらしきことがしてあげられない状態で、店舗工事も始まり、干ばつの潅水作業にも追われ、自分を維持していくことが精一杯の毎日です。それでも、相棒が食事の準備・沐浴も来てくれるので助かっています。娘も話しやすいみたいで心強く思っています。
ご縁に感謝です、、、ありがとう!!
 
田熊の圃場にて再び潅水 
夕方の生口橋 衰弱した温州ミカンの木 
 2016/8/18 早朝より3度の潅水、日中は工事の打ち合わせもあり、思ったように進まない水やり、、、、19時過ぎ今日の作業終了、
もっと水やりしたいけれど限界です、、、明日は助産院へ予約もあり、妹も旦那様のリハビリで通院のため、午前中10時過ぎ頃までしか作業はできません。うなだれた木々を見ていると心が痛くなります、、、、悲しい、、、
最後になった峠の畑の潅水 
潅水後、3時間ほどで生き返る 衰弱した木々 
2016/8/17 早朝みかん山、午後から峠の畑にて潅水、しおれた葉が生き返る、此処は潅水が遅れた場所、衰弱した木が数本。雨は期待出来そうにない、明日も頑張ろう、、、 
雨の予報はあれど期待外れ
カラカラに乾燥しているが草が生きている 50%の雨の予報もはずれ 
2016/8/17 カラッからに乾いているけれど、草はまだ生きている、今朝は灰色雲が出ている。
気温は25.5度、涼しく感じる、、早朝には、雲が出て50%という予報、期待していたけれど、雲は逃げていきました、、、
一日炎天下、気温37度、、、
雨降れテルテル君久々に登場!/柿渋塗り 
 雨降れテルテル君 店舗床に柿渋塗り
 2016/8/16  今朝は、お米を搗きに近所のスーパーまでいき、自分用は玄米ご飯とスベリヒユのお浸しと、お味噌汁と、夏野菜のサラダ。
そして、、久々に出番です、雨フレテルテル君、、君に任せた! 雨降らせてね!

きょうは、筋トレ、柔軟体操、腹式呼吸!  身体のメンテナンス日!!
 南側壁部分のデザインが変更になったことで中断していた店舗工事ですが、昨日は床に柿渋が塗られ、盆明けから工事再開です。
鉄の壁になる予定で切り取られた南側壁面は、元の壁に戻され、明り取り用の窓枠がつけられました。この部分は、建物にも、工事関係者及び私にとっても大きな負担となりました。
西日本は今日も晴天(+_+);
干ばつ1か月半 日よけに雨傘
2016/8/15 今朝の気温は26度、涼しいですさて、はじめるぞ〜
傘があるのとないのとでは、疲れも違ってきます。
みかんの木も、日陰になって喜んでいるかも、、、
あぁ、、人間は自分勝手に、自分の思いを押し付けようとするけれど、みかんの木は、本当はどう思っているのでしょう?

一本に100L以上、ゆっくり時間をかけて潅水して葉が生き返ります。

泥水対策
通路に竹の枝を敷く(雨水対策) 生口橋にネオンがともる
2016/8/14 潅水後、通路の整備をしていました。
これだけ乾燥した土の上に雨が降ってきたらと思うと、、怖い!
カラッカラに乾燥しきった土は雨水をすぐには浸透させない、もし、一気に降ってきた時は、表面の土砂は流されてしまうのではないだろうかと、、、竹を切って枝を切り雨水が流れていく部分に敷き詰めていきました。
日中の気温は何度あるのか温度計を日差しの強いところに置くと37度、日陰では34度、夜19時半は29度でした。...
さて、今日もお疲れ様です、、かえって孫の顔をみるのが楽しみです(*˘︶˘*).。.:*♡
 
浴槽にアマガエル
雨水用の浴槽にアマガエル 雨水用の浴槽にアマガエル
 2016/8/14 雨水貯蔵用の浴槽に水草が繁茂し、アマガエルが住んでいました。不思議だなぁって思うのは、こうした生き物が生息すると、水が腐らないということです。
小さなアマガエルが生きていくために身につけた力、、、、

下記のサイトにアマガエルは、抗菌物質を持っているとの記事が。

この抗菌物質は、抗菌(抗微生物)ペプチド、抗菌性ヒストンなどといったタンパク質で、耐性菌をつくりにくい抗菌剤として、現在、大変注目されています。ヒストンH4は、通常の状態では、細胞核や細胞膜の中にあって、生物の生命維持や生殖に不可欠な働きをしています。

これが刺激等によって、体外に分泌されると、体に侵入しようとする微生物の細胞膜を溶かす働きを持つとのことです。http://omotoya333.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

お盆初日は一日潅水 
木生りの甘夏みかん発見 ジューシーで適度な酸味と甘みがあります
 2016/8/13 木なりの甘夏発見(≧▽≦)この暑さと水不足にも関わらず、この瑞々しさ!!
奇跡です(*^^*)

たっぷりの果汁と適度な酸味と甘さに癒やされました!
この甘夏みかん園は30年以上農薬・化学肥料不使用の圃場です。...
今朝は4時起き、大好きな甘夏みかん園にて摘果と潅水、背の高くなった雑草刈りをスタッフ2名で頑張っています。
 
みかん山からの景色、橋の向こうは生口島です。
 午後の潅水、、、青い空、異常乾燥
こうした状況も私達が便利だと思い込んでいる暮らしこそが原因なのでしょう、、
8月13日の夕焼け 

甘夏みかん園3回、みかん山2回-甘夏みかん園1.5t、みかん山1t
1日の地中潅水作業の限界2.5t、、2時間半の休憩あり
休憩なしで頑張れば、3.5トtはいけると思います。日中の気温36度、、、こんな日の作業服はシルクがベスト、、30年前に購入したまま、お手入れが大変かなぁって思って、あまり着なかったパステルカラーのシルクシャツ、着心地最高です。汗の乾きも早い、肌触り良くさらっと軽い、仕事着って、着て心地よいものだと仕事の能率もよくなりますね、、、これははまっちゃいました。

 落葉し始めた、、
女性スタッフ3名で作業 落葉してる...ちょっと早い
2016/8/12 午前中は女性スタッフ3名で作業。
夕方の潅水、葉がしおれて落下している。毎日灌水しても、一台では間に合わない、もう限界を超えている、、

午前中10時から12時過ぎまで店舗工事の打ち合わせもあったので、今朝は4時半起床、2度往復で9時過ぎまでに1トンの潅水
夕方0.5トン
明日一日かけて何トン潅水できるだろう、、、
 

動噴のエンジンが停止 
ポンカン順調に育っています 毎日快晴、雨はいつ降るんだろう 
2016/8/11 ポンカン良い大きさ(*^^*) 今朝も快晴、、いつかは降るんだろうけど、、いつ降るんだろう、、、
悩ましいけれど、現実からは逃げられない、、、
今日は、動噴が不調でがエンジンが途中で停止したりで、潅水は思うように進みませんでしたが、スタッフが4名集合して、摘果作業も草刈りもかなりのピッチで進みました。みんなお疲れ様です!!
エンジンオイル交換やフィルターの洗浄をすると、無事動きだしました、メンテナンスは必須です、、、
明日も頑張ります!!
田熊の圃場に野鳥のヒナが、、 
小鳥の巣にヒナが3羽 小鳥の巣にヒナが3羽 
2016/8/10 草を刈ると、小鳥の巣にヒナが3羽いました。また草をかけて目立たないように隠しておきました。無事に育つと良いです。巣に近づくと口を開けて餌をねだるヒナたち、、、8/11この暑いさなか、直射日光にさらされるのは可哀想なので、親鳥が出入りするスペースを開け、小枝や草をかぶせておきました。 
 木生りのデコポンを発見 ジューシーで美味しい!ごく甘です!!
2016/8/10 デコポンの木生りを1個発見、相棒と試食
この時期なのに、果皮は多少しんなりしているのですが、ずっしりと重みがあってわくわくで皮をむいてみると、、

多少水分は飛んでいましたが、ごく甘♪  元気充電!さてもうひと頑張り
 八朔 ネーブル
 2016/8/10 潮風が心地よいです。八朔、ネーブル順調に育っています。今日は12時過ぎで作業終了、午後3時半、母乳育児相談所に、、、母乳育児に奮闘中の娘ですが、母乳の出が悪く、赤ちゃんがお腹が満たないため、眠りが浅く見ていられなくて、蒸しタオルで温めながら母乳マッサージを行ったところ、出が良くなってきました。検診時にも助産師さんからマッサージを受け、少しずつですが、変化が出てきました。そこで、桶谷式にも予約入れて、今日が初診日、しばらく通院して指導をうけることになりました。
早朝潅水  
楮に囲まれて生き生きとしている檸檬の苗木 朝露を蓄えた楮
2016/8/6 今朝も5時起床、朝食の準備他済ませ、イザ!みかん山に来たのはよいのですが、4段目、5段目の苗木に潅水するため、3段目にトラックを上げたところ、切り倒した竹に乗ってしまい、左後部車輪が滑って路肩から落ちてしまったので、バックして切り返そうとしたのですが、タンクの重みで滑り、今度は後部右側の車輪が、通路際の轍にはまってしまい、動けなくなってしまいました。悪戦苦闘していると軽い脱水症状が起こり、今日は飲み物をもって来るのも忘れていたため、相棒に連絡を入れ、飲み物を届けもらいました。満水では重みで滑るので、潅水をはじめました。

そして、潅水中に気づいたのですが、和紙の原料にもなるし食用にもなる楮(コウゾ)の葉っぱに朝露がついてキラキラひかっているのです!!もう半月以上雨が降らず、土はカラッカラに乾燥しているのに、楮が茂っているところは、苗木が生き生きとしています。
草は朝露を蓄え日中の酷暑に備えているのでしょう。
草の力って素晴らしい!!

タンクの水を150Lほど残して、相棒にジャッキを用意してもらって後部車輪を上げてもらい、轍に石を入れて脱出しようと試みましたがダメでした。
息子二人に応援を頼むも動かせず、スタンドに勤務する甥っ子(相棒の長男)にヘルプを出してきてもらうことにし一旦帰宅。
昼休憩に息子二人と相棒と甥っ子の4人で脱出させてくれ、トラックは無時帰宅。相棒には早朝から来てもらい、また、暑い最中、昼休憩無しで応援してもらえて、申し訳ない気持ちと感謝でいっぱいです。面目ない(+o+)
脱力感と頭痛は残るものの、夕方近くには事務仕事再開。
しかし、むちゃくちゃです、、、、この暑さ、炎天下の木々がおしゃべりできたらどう言うでしょう( ノД`)、、、
早朝潅水 早朝の清々しい空気 
2016/8/5 5時に起床、朝食の準備をし、末っ子に、7時になったら娘のところに朝食を持って行くようお願いし潅水に、、
500Ⅼ潅水するのにかかる時間は、約1時間半ほどです。菜園にはトマトが3個赤く色づいていました。トウモロコシは、数本猪が倒しており、すでに枯れていました。柵の設置もできれば早く済ませたい。頑張ろう!!

帰宅後、裏庭に潅水、タンクに水を入れたのちシャワー、家事を済ませ、娘の様子を見に行くと、朝から赤ちゃんが寝てくれないとイライラしているので、おっぱいをしっかり飲ませてあげるよう指導、飲みながら眠りこけてしまうので、足の裏を刺激しては起こしながらしっかり飲ませたのち、子守唄をうたってあげると眠り始めました。

毎週金曜日、相棒は旦那様のリハビリで広島まで出かけるので、今日のお昼はおでんを届けてくれていました。大変な中、気づかいしてもらって感謝です。たくさんの人たちに支えられながら、風邪もだいぶ良くなってきました。まだ軽い咳と鼻水はとまりませんが、鼻がつんつんして喉が渇いて咳が止まらなくなるというような状態はなくなり、よく眠れるようになりました。潜伏期間があるので、まだしばらくは、マスクをし用心しなければなりません。

今日は、初めて赤ちゃんを抱っこし、お守をしましたが、風邪がうつらないかと気が気ではありませんでした。
道路復旧-潅水 
夕方から潅水 山半月ほど雨が降らず乾いたみかん山 
2016/8/4 道路が復旧したので、早速潅水作業。夕方になるとさすがに乾燥しきっているため、葉っぱが巻いている。 
雨がこのまま降らなければ、毎日潅水作業は続くことになる。
 
土砂が崩れ通れなくなった通路 土砂の除去が終りました 
 2016/8/4 昨日は孫の出生届の日、たまたまこの日に行くことになってしまったのですが、8月3日は母の命日です。母の生まれ変わりなのかもしれません。
通路の土砂はきれいに除去してあり、道幅も整備してもらえていました。とても丁寧に仕事していただけるので、有り難い業者さんです。ご縁に感謝!!
出生届・潅水 
2016/8/3 一昨日、母子手帳がないと出生届が出されないので、こっちで手続きをしておきたいとのことで、午前中手続きのお供をしてきました。風邪はまだ治りきらず、咳と鼻水、頭痛とだるさが続いていますが、雨が降らない日がすでに10日以上続いているので、潅水や草刈りなど出来る範囲で動くように心がけています。
昨日は、雷が鳴ってパラパラ程度の夕立がほんの1時間ほどありました。地面を潤すほどの雨量にはなりませんでした。

先日は相棒が咳によいのだと、漢方薬も届けてくれ、毎食後服用、黒ニンニク、豆乳ヨーグルトなども、毎日続けています。
しかし、夏風邪というのは、なんと治りにくい病なのでしょう!初めての経験で抵抗力もなかったのだと思いますが、今までバカは風邪を引かないと高をくくっていたのに、バカも風邪は引くのだと思い改めました(-"-)

午後から、みかん山登り口の通路の土砂の撤去を地元の業者さんにお願いしたところ、他の崩れた箇所の通路も開通したところだったので、急ぎこちらにも来ていただけることになり、明日には潅水作業もできるようになりました。
梅雨時期の土砂流れ復旧へ 
2016/8/1 昨夜は、店舗工事の打ち合わせができたことで、今後の進展に思いも馳せながら、昨年からの一年間の出来事が脳裏を巡っていきました。
午前中は、娘の部屋の掃除・洗濯.・風邪がうつらないよう用心しながら朝食の準備。。

みかん山に上がる通路に土砂が落ちているので市役所に土砂の除去をお願いしたのですが、個人の通路になるので、役所の管轄ではないと断られました。1~2メートルの差なのに、見て見ぬふりなんて不親切だなと感じましたが、仕方がありません。解せないのは、昨年は除去していたということです。溝の土もきれいに除去されていたのは、通路の持ち主さんがされたのでしょうか???
退院の日 
生まれて10日目の悠莉ちゃん 出産した娘と孫娘が退院 
2016/7/31 7月22日女児を無事出産した娘が、母子ともに今日午前中退院しました。相棒(妹)が迎えに行こうかと言ってくれたのですが、せめて迎えぐらいは行ってあげたくて、娘と孫にもマスクを準備し、風邪がうつらないようにうがいと手洗い、着替えもして無事帰宅。帰ると、相棒(妹)が娘と私に昼食の準備をしてくれていました。持ち帰った荷物と、おニューのベビー服などを洗濯機に入れ、娘と孫の世話を妹に任せて退散、、、感謝合掌です、、、

午後から、中断していた店舗工事の打ち合わせに工務店さんが来島してくださり、8月半ば過ぎから再開されることになりました。


里山保全に向けて、これからも以前と同じ思いで見守り、支え、協力してくれる人たちと共に、心新たに再出発です。
希望は失われたりはしない、、すぐ目の前に輝いて見えているのですから、、、、

 そして、そして、、、

 新しい命の誕生という奇跡

 こんなうれしいことが他にあるでしょうか!!

 こんな大事な時に夏風邪ひいちゃって、、、抱っこすることも近づくこともできない、、
 でもこれは、、、、、、母娘に対する神様の思し召しなのだと気付かされました、、、、(b゜ω^)⌒
 身に起こるすべての出来事に、深い意味があるのだということを、、、、、

みかん山にて作業
みかん山にて雑草刈と摘果作業 脱水防止の梅干し 
2016/7/30 養生をしていても、夏風邪は一向に治らず、日が昇ると同時に摘果作業の前に風の草刈り、、
中早生みかん園の雑草刈を済ませ、摘果開始、、今年は、裏年なので12時前までに最下段の摘果は終了しました。
相棒も一緒です。
梅干と炭酸水で休憩もしながら、、、小さな菜園には、トマトが1個色づいていました。相棒に試食してもらうと、「甘くて美味しい!!」という感想、、うれしいですね!

雑草刈をしていて感じたのは、筋力落ちてる〜っていう実感、、、産後の娘と生まれたばかりの孫のお世話ができるのは、いつのことやら、焦らず、現状と向き合いながら対応していくしかありません。助け合える仲間がいることに心から感謝、、、
 お七夜(命名)
命名(お七夜)
2016/7/28 今日はお七夜(命名)と言っても、まだ入院中。
風邪は収まらず状態なので、簡易命名書を用意し無病息災をご祈念しました。
入院先から毎日動画や写真を転送してくれるので、日々成長していることが手に取るように伝わってきます、、、
自己主張が始まってきたことを、「小さな怪獣やで(笑)」と、、、小さな命と真剣に向き合っている娘の姿が、輝いて見えるのは、親の欲目だからでしょうか、、、、
 ベビー石鹸作り
ベビー石鹸を手作り 仕込んだ石鹸を保温箱に入れて型だし時期を待ちます 
2016/7/27 午前中は家事と事務処理、午後から娘にベビー用爪切りやタオル、ミトンを届け、風邪をうつさないよう急いで部屋を出て、オーガニック米を購入に尾道の自然食品のお店へ、、、今日は野菜も種類が多くラッキーでした。

美味しいイチジク天然酵母パンを焼いているパン屋さんも近くにある、今日は穀物パンとフランスパンを購入、、、
15時過ぎに帰宅し、無添加のキャリアオイル類、オーガニックオリーブバージンオイルでマルセイユ石鹸作り、これはベビー用です。
そして、先月熊本の知人から頂いたひまわりオイルをつかってクレイの石鹸、、、台所と洗濯物部分洗用には、オーガニック菜種油一番搾りの廃油石鹸と3種類仕込みました。

マルセイユ石鹸はベビー用なのでアロマオイルは入れず、ひまわりオイルの石鹸にイランイラン、ヒノキ油、フランキンセンスをブレンド、アロマの香りに包まれ、ふと我に返る、、、、

ここ数か月、仕事、家事、ベビー用品作り、いろんなことに夢中になっていて、自己管理を疎かにしていました、、、、
 ヨモギ
乾燥ヨモギ ヨモギ風呂 
2016/7/26 風邪には、ヨモギ風呂が良いと相棒が届けてくれました。
とてもよく温まり体が軽くなったような、、発汗作用があるんですね、デトックスできたかな(#^^#)
しばらく続けてみようと思います。
 
摘果作業開始 
2016/7/26 不覚にも大事な時期に夏風邪をひいてしまい、動きの取れない私に代わって、スタッフが数日前から摘果作業をはじめてくれています。
まずは、下草刈りから、今朝相棒が草刈り機を持ってみかん山へ、、、入院先へも必需品を届けることしかできない私に代わって、日差しのきつい時間帯には、入院先へ出向き、届け物やアドバイス諸々してくれるので助かっています。
本当にありがたいことです、、、、感謝合唱、、、
 
治りが遅い夏風邪 
7月22日誕生しました、女の子です。 孫が誕生
 2016/7/25 今日は普通に家事と事務仕事をこなし、合間で休憩。
夕方搾乳機を届け、後ろ髪を引かれながら帰宅。そんな思いを察してか娘が、赤ちゃんのお世話も大変な中、動画や写真をいろいろ配信してくれています、、
そんな気遣いをしている娘のやさしさに感謝、、、、早く元気になろう!!  
待望の赤ちゃん誕生 
平成28年7月22日18時3分出生 平成28年7月22日18時3分出生 
2016/7/22 婿殿が夕方クリニックに到着、17時半、分娩室に運ばれ、夕方18時3分、体重2932g 身長51cm 元気に産声を上げ女の子が産まれてきました。夏風邪をもらってしまった私は婿殿に付き添いをお任せして帰宅。風邪が治るまでは、娘と孫との対面もかなわず自宅待機。
退院までに夏風邪を治しておかないことには、、、、

2016/7/23~24 土日は大人しく部屋で休養、疲れもピークだったのかもしれません。2日ほどゆっくりできると、頭痛と、のどの痛みがかなり楽になりました、、、咳は続いていますが、、、、
臨月の娘と早朝ウォーキング 臨月の娘と早朝ウォーキング 
2016/7/21 夜明け前に近所をウォーキング、大きな蓮池に白い美しい蓮の花が咲いていました。池を超えて唐樋橋まで行くと、朝日が昇っていました。帰宅後、おしるし(お産の前兆)が2度、夕方にはお腹の痛みが出始めて入院、子宮口は開いていないので、息子の風邪をもらってしまってばて気味だった私は21時頃一旦帰宅、、 
大浜崎灯台 大浜公園芝生広場の椋木の大木
 2016/7/20 大浜崎灯台にきています。今日は公園内とアメニティー海水浴場、大浜パーキングまでの階段など周辺を2時間ほどウォーキング。公園内の芝生広場の椋木は、娘が8歳ころにはまだ苗木でした、大きく育ったものです。 
因島大橋をウォーキング 因島大橋を渡り切り向島に到着 因島大橋を渡り切り向島に到着歩道の階段を下りていく 
2016/7/17 昨日から婿殿も来島、14日は41週目でしたが兆候は何もなく、婿殿も因島公園内や、島のあちこちに出向き、娘とともにウォーキング、連休内にもしかしたら産まれるかもと期待していたのですが、期待外れ、、、、(-"-)
何かあってもと、出かけることもままならず、仕事もさておき心配するも日は経つばかり、、、、ストレスも最高潮に達し、とうとう息子の風邪をもらってしまいました。イライラはよくないと分かっていても、42週目となるとリスクも、、、本人が一番気にしているだけに落ち着いてとおもうのですが、ついぞ、「しっかり動きなさい!ちょっとのんびり過ぎるんじゃないの?」そうも言いながら、安産のツボを押してみたり、足のマッサージをしてみたり、足湯をしてみたり、、

7/19 検診の帰りに、因島大橋をウォーキング、往復1時間半、かなりの距離でした。サンダルを履いていたので、途中で裸足で歩きました。はだしで歩くなんて何十年ぶりだろう、、結構刺激になりました(#^^#)
娘は毎日1時間以上一人で歩き続けて、よく頑張ったものだと一緒に歩いてみて感動でした。 
ベビー用掛布団の完成 
ベビー用掛布団の綿入れ 久留米絣とオーガニック綿の赤ちゃん用の掛布団も出来上がりました 

2016/7/16 ベビー用掛ふとん、昨晩綿入れし、今朝出来上りました。三才〜四才くらいまで使えるかな、、、今度は掛け布団用のシーツ作りです。

尾道隧道眺望 絶景かな! 尾道千光寺公園に続く坂の道 
 2016/7/15 41週が来ました。生まれる気配なし。検診の帰りに千光寺公園の坂の道を上りも下りも2時間以上ウォーキング。 
 2016/7/13 末息子が昼休憩にクーラーの風に直接あたりながらお昼寝していて、のどが痛いと言い始める。夏風邪にかかってしまったらしい。臨月の娘がいるので、うつらないように部屋に来ないほうがいいよと忠告、、、
瀬戸田町より自然栽培甘夏みかんが届く 
瀬戸田町の自然栽培甘夏みかんが届く 
2016/7/12 自然栽培の甘夏みかんは、この時期になってもジューシー
今日は思いがけなく、生口島瀬戸田町の烏山さんが、道の駅に納品の帰りに半端だけどと、たくさんの甘夏みかんを届けてくださいました。我が家用は取り置きできなかったので、有り難くいただきました。冷蔵庫に入りきるだけ入れました。先日生口島で収穫した半放棄園地の甘夏みかんも毎朝ジュースでいただいていますが、今日届いた甘夏みかんは、果汁があふれるほどジューシーです。今日も素敵な一日でした、ご縁に感謝合唱、、、、
ストロー(麦わら) 
ストローって麦わらのことだよ、これが本物 
2016/7/8 私たちが子供の頃(1950年代)は、麦わら(ストロー)でチューチューしていました。環境への負荷がないので、私は今でも麦の穂を切り取った残りの麦稈(ばっかん)、麦わら(ストロー)を使っています。小さな麦畑で生った麦で何年分ものストローがストックできます。本物はやっぱり本物であって、プラスティックやポリプロピレンとは違い、趣があって素敵です.
細めを使って一生懸命吸うといいことあるかな(笑)、、、

先月我が家を訪れた料理家のKさんが、麦わらストローを使って、最後にジュージュー音がしないのがいいね、、これ、いいね、私もやろ!!って、感動してくださいました。お料理教室で使っていただけると嬉しいなぁって思いました。

ストローの名称と歴史
元々、ストローの原材料は麦の穂を切り取った残りの麦稈(ばっかん)すなわち麦わら (straw) そのものが利用されていたためこの名前で呼ばれる。普通の麦わらと区別するには drinking straw と呼ぶ。

日本でも1950年代後半ごろまでは喫茶店やカフェで麦わらが使われており、紙封入りの麦わらを、冷えた飲み物のコップに付着した水滴を利用して縦に貼り付け、ウエートレスが席へ運ぶ姿が見られたものである。日本で麦を裏作として栽培しなくなり、より低価格で調達できるものが登場するにつれ、その原材料が紙やプラスチックへと変遷してきたが、麦わらを模した中空の形状や用法は変わっていない事から現在でも変わらぬその名で呼ばれ続けている。「ストローハット」の語も本来は麦藁帽子を指すが、現代では多種多様な素材が存在し、総じて形状からストローハットと呼ばれているように本来の意味が曖昧になっている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ストロー
 
出産予定日を過ぎてしまいそう!!
2016/7/7 今朝はオレガノの花を収穫し乾燥中です。咲き終わった紫陽花の来年の芽を残して花も切りました。
午後から、事務仕事外回り。今日が出産予定日の娘ですが、生まれる気配はなく、気分転換に外回りに連れて出たのですが、閊えた(つかえた)お腹の中で赤ちゃんが動くたびにはきけがしたりするようで、走っている途中で気分が悪くなり、近くのホームセンターに寄り、トイレでもどしてしまったようで、外出もままならない状態です。
私が妊娠していたときには、娘のような症状は記憶がないだけに、個人差というものがあるんだなぁと気づかされました。

予定日を過ぎてしまいそうですが、油断はできないので、しばらくは家で待機しなければならないかなと思っています。
気になる仕事は数々あれど、そうも言っていられません。夏場なので、掛布団の仕上げは急ぎませんが、家にいる間に、おくるみの予備も何枚か作っておくことにしましょう、、、最近は、赤ちゃんをおなかの中にいたような状態に包み込むと、首がしっかりするようで、絶壁頭にもならないのだとか、、、育て方も進化しているのですねぇ、、、(笑)
みかん山の上がり口が土砂崩れ 
コンクリート補強された圃場が土砂崩れ 通路に流れた土砂 
2016/7/6 2週間前、村上農園みかん山のすぐ下(掛迫)の圃場の持ち主さんが、土砂が崩れて、圃場にはしばらく上がれない状態であること、災害復旧課に連絡を入れ、土砂を撤去してもらうよう連絡済みであることを知らせに来てくださいました。みかん山も昨年末、道路工事を行ったばかりなので、崩れていないかと不安を抱えながら過ごす毎日でした。 
斜面の土砂崩れ
今年3月買った傾斜のきつい峠の畑の斜面が昨年も崩れていましたが、今年も同じ個所がえぐられていました。猪が掘り返すため、斜面が緩くなってしまったからでしょう。
土砂に阻まれ上がれない コンクリート補強された圃場が土砂崩れ
すぐ上り口のMさんの圃場は、道路際がコンクリートで補強されていたため、雨水の逃げ場がなくなり、土砂が溜まり、濁流となってしまったのでしょうか、、、石垣だったらどうだったのだろう?と思いました。大きな石がたくさん流されて道路の端に除けられています。 
新しく整備した通路の大雨の土砂流出は入口あたりにわずかだけでした 自然栽培のみかん山はどこもくずれていません
 真竹が蔓延っている時期なので、育ち切らないうちに刈り取っておかないと手間が大変です。崩れた土砂が乾いたら上がれるかもしれないと思い来てみましたが、土砂が通路をふさいているため車を安全な場所に駐車し、 道具を両手に徒歩で上がり、苗木の周囲の雑草刈や竹の処置、菜園の雑草刈など済ませました。 自然栽培の圃場内は何も変わらず、どこも崩れていませんでした、天に感謝、、ただ、土砂崩れのあったMさんにお借りしている自然栽培8年中生ミカンの段の崩れた箇所のすぐ上部が一部崩落しかけていました。今後崩れないように大地の再生という手段で水路を構築しなければ、二次被害につながっていく心配があります。
土砂崩れがあったのはみかん山から150m下でした。 
土砂崩れの個所は、みかん山から150mほど下になります。
帰宅すると19時半過ぎていた、息子が夕食を作ってくれていました。ありがとう、感謝合掌、、、、
木生り甘夏みかんの最終出荷
木生り甘夏みかんの最終出荷
2016/7/6 早朝、朝日が昇る前に生口島林の半放棄園地の甘夏みかんの収穫。人気も車も少ない道路を生口橋を渡り15分ほどで現地に着く。周径40センチはあろうかという甘夏みかんの大木ばかり10数本あまりに鈴なりに実がついている。すでに落下した実も数えきれないほど、、、、
木に登って、ずっしりと重みのある実を確認しながら、今日の最終出荷分を1時間ほどで50k収獲。午前中で受付は終了の予定。この時期、果汁が十分搾れる実はもう少ない。
赤ちゃんのおくるみが完成
2016/7/5 生まれてくる赤ちゃんのお包みも夜なべで完成。気になる部分もあるので、お直しはまた、時間のある時に、、、 
モリンガの種が芽を出す・チェリモアの苗木が届く
種から芽を出したモリンガ モリンガの苗 
2016/7/4 6/15満月に種を植えたモリンガが発芽していました。栄養価の高いモリンガ、、、どんな味かな??ブームみたいだけど、 
チェリモアの苗木
 2016/7/4 4月に注文していたチェリモアの苗木が届く。トロピカルフルーツ亜熱帯の植物なので、耐寒温度マイナス2度、休眠温度5度、最適温度15度~25度。ヤーコンと同じ環境条件みたい、、、桑の木の木陰で育つヤーコン、植樹場所は、ここに決めよう!!
雨上がりのひととき 
オレガノに止まる蜂? オレガノに止まる蝶
 2016/6/30 雨上がりに、集まってくるたくさんの昆虫たち
 ハチミツのラッピング&出荷
はちみつのラッピング ハチミツのラッピング
 2016/6/26~30 一昨日から、はちみつの出荷準備をしています。今日は朝から掛かりっきりで、島内の受注分をラッピング、明日は島外へ発送です。今年は花が少なく、例年の3分の1程しか採れませんでした。花時期の慣行栽培農園の農薬散布の影響もあって、みつばちの大量死もあり、養蜂家は頭を抱えています。雨が多く、農薬散布の回数が増えたことも影響しているとのこと、、危険とわかっていても止められない心理、悲しくやるせなく思ってしまう 
 
築45年のアパート因島の屋根瓦の苔落とし
 2016/6/28~30 昨日は、事務所の入り口の天井から雨漏りの音がするので、ハシゴをかけてもらって上がって見ると、苔が付いているところに雨水が溜まっての雨漏り。
築45年、メンテナンス必須、、、
びしょ濡れになりながら苔落としを続けていると、息子が心配して上がってきて、俺がするけぇ、もう降りてこいや! とは言うものの、、慣れていなくて、しかも体重ある人が古い屋根瓦の上を歩くと、割ってしまうのが心配、怪我をしてほしくもないし、...
てか、、高さ7m以上、何かあったら命ないかも、まだ人生4分の1 下り坂の私が適任でしょ。

とりあえず30分程の作業で、雨漏りは収まり、息子二人が、下で早く降りろ!と騒ぐのでもう少しと思いながらも諦めてハシゴを降りる、、
昼食しながら、高い所に上がってる時に下で大騒ぎせんとってくれる! と一喝
息子たち、口を揃えて、天気がええ時にすりゃあえかろうが、とブチブチ、、、
 
2016/6/27~ 夏用に、久留米絣とオーガニックコットンのダブルガーゼの組み合わせで、、、シーツも出来上がって、お包みの帽子にお花をつける準備、並べて配置を思案中、、、お仕事の合間に、、、
藍染久留米絣の ベビー布団
2016/6/25~26 パッチワークした縫い代を止めて、オーガニックコットンを重ね、
 
ひっくり返して綿を入れ終わった脇を縫い、布団糸で止めて完成 
柑橘はちみつ完売となりました... 
因島産はちみつ
2016/6/22 蜂蜜の採取場より連絡が入り、柑橘密は、期間が短いことと、ことしは特に花が少な目だったことで、ご予約のみで販売はストップせざるを得ない状況となりました。百花蜂蜜は、採取を続けているため、多少余裕がございます。百花はちみつの出荷時期は7月中旬ころとなります。
裏庭の野菜たち 
なすび 冬瓜 きゅうり
2016/6/22 昨年、種を撒きもしないのに、丸茄子がこの場所で良くできたので、品種の違う茄子をまたここに植えてみました。同じ場所でも大丈夫みたい、、冬瓜がここに移植すると一気に育ってきた。昨年も同じ場所で優秀だったので、育ちの悪い場所から移動。好む場所ってのがあるんですね。 
向こうの畑で 
向こうの畑で風の草刈り 因島中庄町向こうの畑の上段はワラビの宝庫 自然の恵み-フキとワラビ
2016/6/19 今日は手作業で刈っていきました。因島中庄町の八朔園の上段と傾斜面は、蕨(わらび)と蕗の宝庫
風の草刈りをしながら、夕食のおかずが収穫できました。
自然との共生、、草の植物ホルモンを安定させるには、刈りすぎないこと、風の草刈り、、、
良い汗をかいて、自然の恵みもゲット、、、気分さわやかです。
 
若い竹は一メートルの高さに切って根を枯らす 若竹の枝掻き 6月の竹水
 若竹を切ると竹水が含まれています。水分補給に竹水をいただきました。
美味しいです、、、
きっと今の時期だけの恵みなのかもしれません。まだ、竹の葉が開き切っていないときは、枝も手で折れて処理が楽です。
圃場内の竹は、1mの高さに切っておくと、若い竹ほど早く根まで枯れていきます
久留米絣のはぎれパッチワークでベビー布団作り 
久留米絣の端切れでパッチワークのべびー布団 
2016/6/16~18 久留米絣の工房で、藍染めは身体に良いというお話を聞いて、赤ちゃんのお布団にどうかなと思い作っています。布団綿もオーガニック綿100%で、、お包みも、地元の生地屋さんにオーガニックコットンダブルガーゼの生地を届けていただきました。肌触りが良いので、布団カバーにも良いかも、、元気に生まれてくれることを願いながら、、、

藍の効果効能 薬としての藍...
http://www.blue-edge.jp/06_effect.html

久留米絣の端切れを10センチ幅に切って、あ〜でもない、こ〜でもないと、娘と相談しながら、17日には縫い合わせが終わり、こんどは掛布団のイメージを思案中です。
予定日が7月7日なので、天の川をイメージして、、、端切れなので、それなりにですが(*'ω'*)、、、
裏面は紺地一色で仕上げて、掛け布団、お包み、枕、どんなイメージに、、、??
 
 ドクダミの花が咲いたのでお茶つくり
どくだみの花、かわいいです どくだみを乾燥中
   2016/6/15 ドクダミ、、お花がとてもかわいいです(#^^#) 根っこごと抜いて、きれいに洗って干します。 
虫たちのお仕事 
オレガノの花にとまる蝶 オレガノの花にとまる蝶
2016/6/11 雨が降ってきそうなので、シロガネコムギを倉庫に移動、、、裏庭では、虫たちが優雅にお仕事、、、   
残りの麦刈り、福山の赤ちゃん本舗へ 
梅雨の合間に残りの麦刈り シロガネコムギを乾燥中
 2016/6/10 今朝、残りの麦刈りをしました。この後検診で尾道のクリニックに来ています。終わったら、赤ちゃん本舗へ
収獲した麦わらでストローつくり、ヒンメリ(フィンランドの伝統工芸)もずっと作ってみたいと思っていたので楽しみが増えました。
検診後、福山のイトーヨーカドー内の赤ちゃん本舗で、ベビー用品を一通り見てきました。どんなものが必要になるかなど、検討しながら2時間ほどお買い物。
 
筑後市の池田絣工房にて 
 福岡県筑後市の池田絣工房にて藍染体験
 2016/6/6 福岡県筑後市の久留米絣の工房で、大判のハンケチで藍染体験、
八女市星野村へ
福岡県八女市星野村の池の山荘 池の山荘の露天風呂
2016/6/5 熊本の知人の紹介で、蛍を見たくなり、福岡県八女市星野村 池の山荘に宿泊、夕食後星野川で乱舞する源氏蛍を見に行きました。温泉はかけ流しで、つるつるくるくるすべすべの超気持ちいいお湯でした。臨月の娘と遠出するのは正直ちょっと心配もありましたが、検診で運動しないと帝王切開になるかもしれないと忠告をもらって、これは運動のきっかけにという思いと、赤ちゃんが生まれるとしばらくは子育てでお出かけもままならない日が続くし、今しかないかもと思い出かけました。
この旅以降雨の日以外は、毎日ウォーキングと妊婦さん運動を続けているようです。

6日は久留米絣の工房で藍染体験もし、藍は体にも良いというお話を聞いて生まれてくる赤ちゃんのお布団を久留米絣の生地で作りたいと思いつき、はぎれをたくさん購入しました。

地震被災地ボランティアをされている鶴さんにもお会いすることできました。古里を思う熱い思いを持った人たちとの出会いがあった有意義な旅でもありました。
麦刈、、風の草刈り、、
手作業で風の草刈り風になって園内を吹き渡る
2016/6/4 小さな麦畑の麦刈り
雨が降るまでにと思ってかっていましたが、雨が降り出しました。

小雨のうちに風の草刈り、、、風になって、、、園内を吹き渡る、、、
新緑が目にまぶしい 新緑が目にまぶしい

 雨で煙るみかん山、黄緑色の新芽が、とても愛おしく思えます。

通院と事務仕事
お出かけ後のたまった事務処理 娘の検診の帰りに尾道港へ
2016/6/2 通院の帰りに、尾道港へ、、、

午前中は、娘の検診、尾道港のショッピングモール内で食事、ひと時ゆったりとした時間を過ごし帰宅。

午後からは、月末から月始めにかけてお出かけしたので、たまった事務仕事の処理。
今日は気温が28度、お部屋をやさしい風が通り抜けて行くので気持ちよくお仕事できます。

お気軽にメールお問合せください。Tel 0845-24-0465
722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:http://www.ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami plantation. All Rights Reserved