ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami plantation
電話 0845-24-0465 大地の恵み
お買い物はこちらから送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
新着情報 Information
 プライバイシーポリシー
 農家兼業日記41
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク(ちょこっと寄り道)
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
お買い物 He buys it and it is a thing.
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
商品一覧 Goods list
 柑橘類
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 ハーブ類
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
因島のおばあちゃんのみかん園スタッフです!
準備中

 私たちが栽培しています

携帯用Qrcord
ホームページ
携帯Qrコード ホームページ
メール
携帯Qrコード メール
戻る 農家兼業日記1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ
16 17
18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
 35 36 37 38 39 40
2番目の孫の入学式 
2番目の孫、美月の入学式 1年生になったね!おめでとう!美月
 2019/4/10 4月6日満面の笑顔でピカピカの一年生です!夢と希望にあふれて、うれしそうな美月、、
        一年生入学おめでとう!!
この日、講習会と重なって、すぐにお祝いを言ってあげられませんでした、、片づけや報告などで、夜中12時過ぎまで。翌日は店舗工事のDIY、夕方から市民劇場、帰宅して受注処理、会計処理と、時間に追われる毎日、
この笑顔を見ると、思わずこちらも笑顔になってしまいました。いつも元気いっぱい、5月のGWには会えるかな、その時にいっぱいお話聞かせてほしいです。

裏庭の整備をしながら、おくらと、バジルの種まき、人参が毎年こぼれ種で増えています。そして、人参の不思議?!だんだん太いのが出来るようになってきました。 
 2017/4/11 今日は、一日雨降りでした。レモンの出荷後、2時間ほど裏庭の手入れ。
出荷作業後店舗DIY、庭に野菜や果樹の苗の植え付け
竹木舞の棕櫚縄の巻き方を教わっています イタリアンパセリ、シエデ、ブラックベリー、カモミールなど植え込み、 麻紐を天井に張ります 漆喰を塗るので麻紐を張っているところ
 2017/4/9 金曜は左官の武ちゃんに木舞かきの指導を受けながら、竹木舞をかいていきました。入り口の右、店舗北側のキッチンの壁(土壁)です。
天井と梁に漆喰を塗るので麻紐も張っています。

今日は、午前中、庭に果樹や野菜の苗をうえたあと、スタッフ雅ちゃんに天井の麻紐張りをお任せして、スタッフ真希ちゃんと裏庭の整備をしました。

古民家活動・店舗DIY
2017/4/8 今日は、ぬまくま民家を大切にする会の総会に出席、久々でした。のじま屋大工店さんのお話の中のひとつに、古民家には土間という空間があって、コミュニティ空間として暮らしにとって大切な役割を持っていたという貴重なお話も聞くことができました。
午後2時前帰宅後、スタッフが収穫してくれた八朔、甘夏、レモン、安政柑の荷造り出荷、明日は全員集合で店舗工事のDIY
 
甘夏みかん園の花桃 甘夏みかん園の花桃
 2017/4/8 甘夏ミカン園の花ももが8分咲き、北と南に1本ずつ咲いています。昨日も今日も雨降りで、花びらが濡れて開き切って見えませんが、お天気が良くて光が強いと、白い花は反射が強く、きれいに写りません。曇りか、早朝の柔らかい光のほうが、きれいに写ります。
スタッフと、今日の送りの甘夏みかんを全部採り切りました。今年の甘夏ミカンは残せませんでした。夏場の作業の休憩にあると体が癒されるから、ちょっぴり残念です、、でも、嬉しいです。本当の完売です(^_^) ありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。
 2017/4/7 朝、レモンの出荷準備後、今日は左官の武ちゃんの指導で、天井漆喰塗り前の麻紐張り、キッチン土壁塗り前の竹こまい掻きをしました。夕方、市民劇場、前進座公演「柳橋物語」の観劇の送迎車が来てくださって、ハッと思い出しても後の祭り!すっかり記憶の外になっていました。先に行ってもらって、30分遅れで別便で追っかけましたが、もう始まっていました。感激の観劇、、、管理人は、バタバタ劇を日々熱演中、、、、(^^; 、、
重曹洗濯講座 
2017/4/6 重曹洗濯講座in因島 参加者7名
講師ー松田久輝さんイラストレーターかじうめちえこさん
石鹸洗濯で黄ばんだオフホワイトの綿シャツの黄ばみ、靴下、小豆の越し袋、布巾などがきれいになりました。重曹、過炭酸ソーダ、クエン酸等、人にも、地球環境にも優しい素材で、洗濯機のカビまできれいになっちゃう‼ 汚れたものは早めの処置が大事なポイント、
楽しい(*^^*)重曹お洗濯ライフ、おすすめです! 
芽吹き 
芽吹き 芽吹き
2017/4/5 八朔の枝に小さな芽が吹き始めました。 
生口島までレモンと甘夏みかんの収穫に 
生口島の甘夏みかんとレモン 糖度は12.6度、さわやかで美味しい! 大玉なので房も巨大!!
2017/4/4 午前中、事務処理、繰越後の記帳を出来る範囲で進めています。

午後から生口島へ甘夏みかんと、レモンの収穫に、、、、、
超巨大、、と言えば大げさですが、2L3Lクラスの甘夏みかんばかりです!!糖度、12.6度でした。さわやかです、疲れが癒えます。自然栽培なので雑味はありません。90歳のおじいちゃまが、毎日、落ち葉を運んでは、園地に撒いておられます。今日も畑のお手入れをされていらっしゃいました。

4時前に帰島、大急ぎで荷造りし、集荷時間にぎりぎりセーフ!今日は女性ドライバーさんだったから間に合いました。いつもは、4時で集荷締め切りです。日曜日は3時までです。厳しい~(^^;  
 
白滝山荘でお花見 
白滝山荘でお花見 白滝山荘でお花見ランチ 
2017/4/2 11時半過ぎまで出荷作業をし、白滝山荘にお花見に行きました。昭和初期、宣教師ファーナム氏家族が住んでいた洋館です。建物は、日本で数々の建築を残すアメリカ人ヴォーリズが宣教師のために建てた住居で有形文化財に登録されています。
当時の8mビデオ↓
https://www.youtube.com/watch?v=GkCOxKp4Ue8

みんなで、お花見ランチしました。すてきな洋館での楽しいひと時でした。
http://www.gambo-ad.com/hotel/index.php?ar=2&id=29

甘夏みかんの剪定、役に立たない竹支柱猪柵
甘夏みかん園の選定作業最終段階
2017/4/1 エイプリルフール、、学生時代は、この日の嘘は許されるって、だましだまされあって楽しかった記憶があります。もうそんな冗談はつうじなくなってしまったのか、ここ何年もエイプリルフールという言葉さえ聞くこともなくなりました。

さて、春爛漫のこの日、出荷作業後、甘夏ミカン園の剪定最終段階、、、
下垂枝、古い弱枝など切り上げていきました。園内がスッキリ、通りやすく爽やかな空気の通りを感じます。

干ばつ時期になると、猪が根の周辺を掘り返すので、それも痛手となり、一昨年夏以降、葉が黄色く変色し始めました。

猪柵は功を奏せず、、、
2017/3/31 今日は雨降りの一日でした。小降りを狙ってキンカンの収穫に行きましたが、寒さで果皮がしわになっている実が多く、残りは小粒ばかりでした。月末の事務処理と、書類の分類作業で23時過ぎまでかかり、帳簿の入力作業をする気力が湧きません。この時期は、しなければならい事が山積、、体は一つ、明日も頑張ろう!!
2017/3/30 生口在住の70代の自然栽培仲間烏山さんから、柑橘の販売先について相談がありました。
農協には出荷できないし、青果場では安くたたかれるので、何とかならないかと、、、、
山に囲まれた、周囲からの農薬の飛散の心配もないレモンの圃場。
この日は、疲れ切ってすこし休養と思い、午前中は受注処理のみ、午後から出荷準備をし、相談のあった自然栽培完熟レモンの圃場を視察に行きました。90歳のおじいちゃんが、山から落ち葉を集めてレモン畑に敷き詰めていました。90歳過ぎて、現役で頑張っておられる、、そして、烏山さんの何とかしてしてあげたいという心情、、、
耕作放棄園地になってはならないと思いました。

レモンや甘夏みかん、安政柑の圃場の周辺には、いろんな種類の野菜も植えられていました。
午後の光に輝いて目に眩しい野菜たち、、、柑橘の島生口島では、後継者不足により、多くの柑橘園が山と化していきつつあります。このままではいけない、、地に這いつくばるように、守り続けてこられたこの圃場を、次代へと繋いでいかなければ、、、
孫たちが大喜びしてくれました(#^^#)
長男家族のもとへ届いた柑橘 長男家族のもとへ
2017/3/29 一昨日、スタッフが荷造りして送ってくれた安政柑と甘夏みかん、八朔が、長男家族のもとに、今日届いたと写真をLineから送ってくれました。ヤケがあったり、傷があったりなのに、「おばあちゃん、美味しいおみかんありがとう!」と、電話でかわいい声が届きました。美味しいと言ってくれてとても嬉しかった、、、気にせず食べてもらえて有り難いなぁって、、、今日も感謝の一日でした。煉瓦並べは今日はできませんでした、また明日頑張ります。 
アンティーク煉瓦並べ終わりました 
薪ストーブを置くスペース トイレのタイル張り完了
 2017/3/26 今日は全員集合で、午前中安政柑とキンカンの収穫出荷作業後、アンティーク煉瓦(岡山県備前市、備前焼の窯で使用されていた耐火煉瓦)を並べ終わりました。
                    ばんざーい\(^o^)/
形が不揃いなので、並べるのが大変でした、、黒く写っているレンガもグレーです、、、
明日はスポンジでレンガを拭いて汚れを落とし、目地を入れます。

この煉瓦、マイナスイオン効果がすごいのでは!と思っています。

2017/3/27 目地入れ出来ると思っていましたが、左官さんからダメ出しが出てしまいました。やり直しです、、、、歩いたとき、ぐらつきのある個所もあったりで、もう一度並べ替えることにしました。甘くないですねぇ、、

スタッフは、安政柑やキンカンの収穫をし、出荷作業、竹藪の整備中、管理人は重たいレンガをあっちや、こっちに移動させながら、ぐらつきの補修もしながら、合わない煉瓦を専用の金槌で叩いて形を整えながら、夜中11時頃まで頑張りましたが、力尽きてしまいました。腕、指、腰、肩がギクシャク、慣れないことって本当に大変ですが、♪楽しくて♪どうにも止まらない♪~

2017/3/28 今日も煉瓦と格闘、終わりませんでした。トイレのタイル張りが終了、こちらは左官の武ちゃんが、ばっちり美しく仕上げてくれました。スタッフは今日も竹藪の整備を頑張ってくれています。時折小雨が降ったり、お日様が照ったり、曇ったり、雷様が鳴ったり、はっきりしないお天気でした。管理人は、重たいレンガを、揚げたり下げたり、指先をかなり酷使、関節が痛くなって腫れて曲がり辛くなってしまったので、ビワの種のエキスで湿布してDIY....痛みは治まり、快適に作業が捗りました。ビワのシップはよく効きますね。感謝!!今年はビワの実がたくさん生るといいなぁ、、

2017/3/29 昨晩は、24時過ぎまで煉瓦を並べる作業を続けましたが、夜中の作業では、音を出さないようにするため、作業が捗らず疲れも倍増、今日は、午前中里山保全に向けてのうちあわせ、受注処理。午後から甘夏みかんの剪定、収穫と出荷作業。
因島中庄町八朔園の整備 
八朔の切り上げ剪定 60年のビワの木を伐採 伐採したビワの木を切り分ける
 2017/3/25 午前中、一段目の八朔・栗・柿の木の切り上げ剪定。
中段の崖っぷちに60年ほど前から自生していた5mのビワの木を伐採、 上段の竹藪の整備、持ち主さんが放置しているため、園内に竹の根が侵入、、余分な労力と時間が費やされる、、行政はこうした問題をどう考えているのでしょうか、、農家の実態をもっとしっかり把握し、対策を講じてほしいと思うのですが、、、 
八朔園に隣接する竹藪の整備 八朔園に隣接する竹藪の整備 八朔園に隣接する竹藪の整備

午後からは、レンガを並べる予定でしたが、午前からの続き、八朔園に沿って100m範囲に広がる竹藪内の、主に雑木と枯れた竹の処理を行いました。竹や雑木が迫ってくると、八朔は実を着けなくなってしまいます。朝も昼もチェーンソーの刃を研いで使用していましたが、3時間フル回転、2台のチェーンソーが切れなくなりました。おまけに手作業で身を屈めた時でしょうか?剪定ばさみを落としてしまいました、探しても見つかりません、、、17時過ぎ、作業にならないので終わりました。
膝も、肩も、腰も、指も、腕も限界です、、、

 DIYも剪定作業も!
白ビワの古木 樹齢90年以上のビワの古木 橙の木
2017/3/24 薪ストーブ設置場所のDIYも気になりながら、剪定も超特急でやりきらなければなりません!残っていた橙の実もスタッフに取り切ってもらいました。
因島中庄町の八朔園内の琵琶の古木2本・八朔・夏みかんを切り上げ剪定、このビワの古木、実が生らなくなって何年経つだろう? 枝が枝垂れて光を遮り、おまけに花が付きすぎている、、ハシゴが届く範囲で下がった枝を切り上げていきました。急傾斜地にあるので、三脚をセットするのも大変です。一部ハシゴがかからない位置の崖っぷちの枝は切ることが出来ませんでした。写真中央の中段の中心にあるビワの木は、樹齢90年くらい?
明治25年生まれの祖父が、接ぎ木にしたと聞いている。
枝が地に付きそうなくらい枝垂れ、花をびっしり着けているのに、実が生らない状態が3年以上、剪定も行っていなかった、、


  切り上げ剪定すると、木の周辺で作業するにも、通りやすくなり、明るくなって八朔や橙の木が嬉しそう(^.^)

女性の胴回りほどある5mを超えるツバキの木に、木に寄生する蔓性の植物がへばりついて取ろうとしても取れません。このツバキ、広がった根から2mほどの高さの苗が3か所に育っているので大きな木は伐採することにしました。通路に近いため、枝が通路に落ちないよう慎重に一枝ずつ切り落としていきました。一枝道路に落としてしまいましたが、車が通らなくて幸い、スタッフに枝処理を手伝ってもらいながら、18時前までかかって片付けも終了。高い木の上で、チェーンソーを使う時はかなり緊張します。こうした緊張感も楽しみながら、今日も、精一杯やり切りました。明日半日かけて、もうすこし園内整備を進めます。 
DIYで電磁波対策 
コンクリートをはつり、銅の棒を地下の土にしっかりとたたきこみました 薪ストーブの設置場所に電磁波対策 
29/3/22 今朝、出荷準備後薪ストーブを設置する場所に、大工さんと左官さんに指導してもらいながら、DIYで電磁波対策中です。電動コンクリート斫機もはじめて使ってみたけれど、振動がすごい‼
アース棒を差し込む穴を30cmほど斫って、やっと土に到達です。アースとアース棒をつなぎ、長めの棒をアース棒の頭に置いて深く入り込む位置まで叩き込む。アース棒が見えなくなるまで深くたたき込みました。コンクリート床に鉄筋が入っている場合は、鉄筋にアースをつなぎアーシング対策を行います。三か所斫って、鉄筋の梁2か所と、薪ストーブの設置場所にアース棒を埋め込みました。

その後、土を入れ締めていきます。ここはむらになってはいけないのでプロの左官さんにお任せ。
管理人は、一輪車で土運びを頑張りました(^^; 麻紐、麻の繊維、麻炭を入れながら土を締めていきます。

 叩いて固くなった土の上を歩くと、コンクリートやアスファルトの上とは全く違って、膝や腰に負担がかからないやさしい固さだなぁと感じました。
電磁波対策に麻紐を使います 電磁波対策に麻紐を使います

天井を漆喰で仕上げるので、剥がれ落ちないためのつなぎの役割をする麻紐をほどいています。紐をほどいているのはスタッフの真希ちゃん、
この麻紐は、電磁波過敏のTさんに身につけていただき効果を検証済みです。
Tさんは,携帯電話やパソコンを素手で触ると触れた部分が膿むというほど、ひどい電磁波過敏症の方です。
そのTさんが、大阪から横浜まで、この麻紐を身につけて新幹線に乗って耐えられたと報告をいただきました。麻のパワー、素晴らしいです!

 2017/3/23 今日も店舗のDIYの日でしたが、午前中収穫出荷、真希ちゃんと生口までご予約分のレモンと橙の収穫に行きました。午後から、左官さんに教えていただきながら、薪ストーブの設置場所にアンティークレンガを並べていきました。
難儀しています。しかもかなり重たい(◎_◎;)、、結構体力消耗します。
伝統工法-込栓 
入口ドアと窓の部分のくぎを使わない込栓(伝統工法)です。施工-のじま家大工店
2017/3/21 今日は雨降り、事務仕事をしながらゆっくりと過ごしています。

午後からは荷造りを頑張ります!!
昨日、八朔・温州みかん40本余りの切り上げ剪定と収穫作業で、右腕、肩の付け根全体、筋肉痛が出てしまいました(笑)
やり始めると加減というものが無くなってしまい、日が暮れるまでやっちゃう、、今朝は腰がギクシャク、、雨に助けられて少し休養できました。

16時過ぎ、荷造り完了。

雨が降って気がかりなこともひとつ、19日峠のみかん園の土砂崩れで埋まってしまったみかんの木の周辺の土砂を撤去したところが、どうなっているか、、、ちょっと潤った程度の雨降りだったので、きっと大丈夫?!雨水が斜面を流れて行かないように溝を堀ながら土砂を均しています。これも、まだ作業途中です。しなければならないことが山積、、、

明日は、店舗改装工事に左官さんが入ってくださいます。トイレのタイル張り工事前に下地コンクリート打ち、薪ストーブスペースに土を入れて焼きレンガを敷いていく作業をDIYで行います。アーシングのためのアースをどこに取るか大工さんに確認中。大工さんも初めての取り組みなので、詳しく調べて一つ一つ確認しながら、アース棒の設置場所についてすすめてくださっています。こういうところ、すごく心強いです。電磁波については、未だ解明されていない問題ではあるのですが、体に異常をきたすほどの症状がでる人たちが多いこと、身近の知人にも4人ほどそういう人がいるため、電磁波対策には、慎重に取り組んでいきたいと思っています。触ると触ったところが膿むという酷い症状の方もいるのです。心地よく過ごせる場所となることが一番の願いです。
海辺の柑橘園にて収穫と切り上げ剪定
養分を無駄に消費している枝の処理 残り少なくなった八朔
2017/3/20  残り少なくなった海辺の八朔を収穫後、密集して光が入らない、作業性の悪い枝(下垂枝・養分が行き届かず枯れかかっている枝・寝ている枝)処理を行いました。木と木の間に空間が出来たことで、適度な光が入り、空気の流れが変わったことがわかります。この日も、薄暗くなるまで切った枝の処理をしました。
峠のみかん園の剪定終わり  
2017/3/19 午前中、峠のみかん園の剪定、昨日の、道法さんの自然栽培講習会の様子を、FBからアップすると、生口の烏山さんから見学の申し込みがあり、午後から急遽講習会会場となった圃場を案内することになりました。

案内後、18時前までねばって、峠のみかん園の剪定が終了しました。
今日は予定が山積していたため、写真撮影も、休憩も、食事もとる時間がなく過ぎていきました。夕食に玄米とお味噌汁がいただけたことがとても幸せでした。感謝です!!

途中までになっているみかん山のキヨミオレンジの剪定も急がなければなりません。優先する作業はいくつも重なっています。すべてが思うようには捗りませんが、精一杯やりきっていきたいと思います。 
因島中庄町において道法正徳さんの講習会 
 隔年結果に陥った早生温州みかんの手入れ 密集した枝の処理
 2017-3/18 隔年結果に陥った、今年生り年の早生温州みかんの処置について学びました。摘果処理の時期は6月末、主に地すり枝、木間が狭く込み合った下垂枝の剪除を行い、花を減らす処置を施す。6月末摘果を行うことで、翌年の結果母枝となる夏芽の発芽を促す、とても大事な、学ぶ機会には中々恵まれない貴重な指導を受けることができました。
 before after
 2017/3/18 八朔園に移動... 切り上げ剪定をしていると、木が高くなりすぎないかという主催者の疑問点に対し、立枝を残し高さ調整を行っていくという指導が行われました。
切ることは必ずしも、木にとって良いことではなく、切ると切った枝には根が繋がっているので木は衰弱しますという大事な説明もなされました。木が密集していると収量に影響が出るため、木と木の間を空かしていく。
 花が多く着く下がった枝を切り上げる 枝を立てると有葉花が付く
 切らないほうが良いけれど、通路の確保、作業性も考慮しながら、注意深く切り上げられていきました。
今後、木がどう回復し、どれほどの収量を上げる木になっていくか、切り上げ剪定による植物ホルモンを生かす自然栽培へ一歩が踏み出されました。
密集していた園地に、心なしか、爽やかな空気のながれと、決して強すぎない光が差し込んで心なごむ思いがしました。
島にまた一つ、安心安全な圃場が増えていくのかと思うと楽しみでなりません、、、
 完熟八朔の収穫出荷/温州ミカンの剪定 
鳥さんに啄まれた八朔がたくさん 有葉果 今日の送り用 
 2017/3/17 完熟期になると、鳥さんたちが見逃さない!美味しくなっています!!穴の開いた八朔は3Lサイズで傷もなく美しく育った実ですが、この通り、、、、なんと贅沢な野鳥なのでしょうか!!もっときれいに食べなさい、、、もったいないよ

自然栽培下の八朔は、雑味がなく、袋ごと美味しく食べることが出来ます。袋部分にはペクチンが豊富に含まれているので、腸が喜ぶ!捨てちゃうのはもったいない、、休憩しながら、真希ちゃんに袋ごとでも美味しいよ!って言うと、
「えっ!じゃぁ食べてみます、、、あっ!ほんとに苦くないですね、食べることできます!すごいですね、、」
今日はお天気最高です!!
お隣の畑では、80歳のおばあちゃんが、苗木を植樹されていました。
昨日5本、今日5本、まだ10本ほど植えるんよ、とおっしゃって頑張っておられます。
励みになります、、(#^^#) 現役80歳素晴らしい!!
 
 中生みかんの剪定 苗木の剪定 温州ミカンの剪定作業
  2017/3/17 午後からは峠のみかん園の温州ミカンの剪定をしました。1段目がほぼ終了、、、紅梅が青い空の色と対比して綺麗でした。
帳簿の繰り越し/受注出荷/  
峠のみかん園の紅梅 
 2017/3/16 申告が終わると、繰り越し後の入力の仕事が満タン、受注出荷を済ませ、記帳に専念、半日かかりきっリになれたのでかなり進みました。あともう少し!!
お気軽にメールお問合せください。Tel 0845-24-0465
722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:http://www.ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami plantation. All Rights Reserved