ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami plantation
電話 0845-24-0465 大地の恵み
お買い物はこちらから送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
hr
新着情報 Information
 プライバイシーポリシー
 農家兼業日記43
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク(ちょこっと寄り道)
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
お買い物 He buys it and it is a thing.
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
商品一覧 Goods list
 柑橘類
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 ハーブ類
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
因島のおばあちゃんのみかん園スタッフです!
準備中

 私たちが栽培しています

携帯用Qrcord
ホームページ
携帯Qrコード ホームページ
メール
携帯Qrコード メール
戻る 農家兼業日記1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  次へ
16 17
18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
 35 36 37 38 39 40 41 42
 母の3回忌
 2017/7/16 母の3回忌の法要には、身内15人が集いました。10時半から実家に置いて勤行開始、菩提寺金蓮寺にお墓参り後、白滝山荘において会食。終了後、息子家族は孫たちと海水浴に行き、宿泊先のホテルへ、、、
夜中3時頃に自宅を出て島に到着したのは朝8時だったので、疲れていることでしょう。
到着したときは、孫たちは部屋で遊びたがっていましたが、薪ストーブの煙突工事中のため部屋には入れず、台所でサンドイッチを食べて実家に向かいました。大坂の妹家族も祝日も仕事があるとのことで、ゆっくり話こともできないまま、甘夏みかんをお土産に見送りました。
3時過ぎ帰宅、壁の中塗り前に並べた耐火煉瓦を夜7時半頃まで補修、
 孫たちと
シャボン玉や花火で遊ぶ孫たち にょろにょろとのびる花火 シャボン玉 シャボン玉
 2017/7/17 祝日の今日、大工さんは煙突工事に来てくださっています。
今朝は、ハチミツの出荷を済ませたら、耐火煉瓦の補修を行う予定でしたが、10時過ぎ、ホテルをチェックアウトした長男家族が寄ってくれました。裏庭でシャボン玉をしたり、おかしな花火をしたり、絵本を読んだり、甘夏みかんジュースを絞ったりして、3時前頃まで遊んで帰りました。予定していた仕事は3時半過ぎから、取り掛かり暗くなるまで頑張りましたが、終わり切りませんでした。昨日も帰宅後、暗くなるまで耐火煉瓦の隙間の調整などしました。気になること、やりたいことは山積していますが、早めに終わらせて、目地入れは左官の武ちゃんの指導で進めていく予定です。

週間天気予報では、雨マークはなく、潅水を早めに行っておかないと、木が心配です。早く山に行きたいよ~
店舗の土壁(中塗り仕上げ)
北側のキッチン、ニッチのある壁 北側の収納庫のある壁 階段裏は北側の冷蔵庫の場所 薪ストーブを置く南側の壁
 2017/7/13~15 13日には、北側の壁塗が完了、ニッチ、収納庫の木材はクスの木の古材です。とても良い香り、、
収納庫の扉は壁土仕上げになるとのことです。15日は西側と南側が完了しました。自然なイメージを大切にという思いから、土壁は中塗りで仕上げとなります。
みかん山に山小屋を建てる準備が始まりました  
みかん山の桑の木の下から見る風景 みかん山のシンボルツリー「桑の木」
 2017/7/15 この桑の木は、みかん山のシンボルツリーです、、

 雨上がり、空気の澄み切ったときには、四国山脈が見えること
があります。
 子供の頃から、ここからみえる景色が大すき
でした。

 生口大橋が完成したのは1991年です。生口橋が完成して9年後、みかん山で母とみかん作りを始めました。
 
車で通うことができるため、大橋の夜景も見ることが出来ます。
 外灯ひとつない山の中ですから、子供の頃は、暗くなるま
でこの場所にいるなんて考えられないことでした。
 
 みかん
山の麓までは、50センチ幅ほどの傾斜のきつい農道を200mほど下り、
 車がやっと通れる狭い山道
を1.5kほど歩いて帰っていました。

 途中には、池が3つ
あり、初めの池は、なかま池といって、子供の頃夏休みは、この地域の子供たちは、
 なかま池で
泳いでいました。
 辺りには田んぼが広がっていました。
 池は
田んぼへ水を引くためと、地元の木材を浸けておくために利用されていたのです。

 川エビやどんこ、タナゴ、フナ、鯉、
メダカ、水澄し、アメンボ、ヤゴ、沢蟹、蛍の幼虫、カワニシなど
 たくさんの
生き物がいました。
 そんな環境がいつか戻ってくることを
願っています。
 再び美しい自然が戻ってくれることを願って、里山保全活動の拠点として、店舗をリノベーション中です。
 ここから大地の再生に取り組んでいきたいと思っています。
 荒れた竹林の整備も、山小屋を起点にすすめていけるようにと願っています。

 小さな拠点から、どこまで歩き続けていくことが出来るでしょうか、、、
 1歩ずつ、少しずつでも、進んでいくことが出来るなら、未来は必ず見えてくる、、、
 そう信じて歩いていきます、、、、

山小屋の設置個所の確認 山小屋を建てる場所に杭打ち 
 のじま家大工店の社長さんが、山小屋の設置場所の確認と、傾斜の角度など確認してくださっています。今日は山小屋を設置する場所に杭打ちをしていただきました。

景色も良くて木陰になるので、エアコンなどなくても過ごしやすい場所です。海から谷を通り風が吹き渡ります。
 2017/7/13 耐火煉瓦の目地を壁土にしようか、通常の目地材にしようかと迷って、電磁波過敏のお客様に、通常の目地材に麻炭を混ぜ合わせればどうでしょうか?とご相談したところ、安らぎ効果があるので良いと思います、とのお返事をいただきました。早速左官の武ちゃんに相談し、中塗りが終わってから日程を決め始めることになりました。セメント材にも、空気を含む有機素材を混ぜ込むことで、環境対策になっていくことを大地の再生講座で学ぶことが出来ました。ご縁に感謝です!!
 薪ストーブ設置個所に耐火煉瓦を並べ終える
薪ストーブ設置個所に耐火煉瓦を並べ終える 7月11日にはトイレの中塗り完成
 2017/7/12 耐火煉瓦を並べる作業、夜中まで、、、高さ調整もしながら、形が不揃いのアンティーク耐火煉瓦を100個以上、スケールで大きさを計りながら合わせていきました。フィボナッチ数列を意識して、並べるレンガの数と、5行目の横線、5列目の縦線をところどころに配置、安定して見えるように、大きなレンガをランダムに並べて、大小のレンガを合わせていきました。基本の線を決めておくと、並べやすいです。何時頃だったか、息子がラインから「飯」と知らせてくれていましたが返事もせず作業続行。心配して見に来た息子「何時じゃ思うとんね!早よぅ飯食えや!」と呼びに来てくれましたが、脳がやり切ってしまおうという意識に占領されていたため、「ありがとう」だけ伝えて続行。

延々と11時40分過ぎまで、、、
南の窓から、レモン月夜が見えて、、、お月様、笑ってる(*^^*)、、、だけど、やり切った後の心地よさ、、「やった~!」って思わずバンザイしちゃいました。でも、まだ並べてるだけで、仕上げが残っています。
目地入れをして、隙間の大きいところには、玉石をはめ込みたいと思っています。

明日13日は左官の武ちゃんが、職人さんを連れて、壁の中塗り仕上げに来てくれます。11日には、転圧をかけてくれた後、トイレの中塗り仕上げをしてくれました。超美しい仕上がりです。
日にちが延び延びになったことで、壁土が発酵し粘りが出ているためです。
発酵している壁土は、微生物の作用で不思議な紋様が浮かび上がってくることがあります。
どんな壁になっていくかは、日が経ってみないとわかりません。
宮大工の棟梁、野島さんはそれを味わいがあると言われていました。

合間で蜂蜜や甘夏みかんのご注文も入り、休憩時間に受注処理、お問い合わせの電話もあったりと、、
間をおいて、並べ具合を確認する気持ちの余裕も持てました。感謝です。

週末にはお婆ちゃんの3回忌の法要もあるので、久々に家族身内が集います。
二階のコミュニティルームは、薪ストーブの煙突工事のため、使えない状態です。長男家族が帰島するのですが、さて、どこにお泊りしてもらえば良いか??困った、、、((+_+))

薪ストーブ設置箇所の土を転圧 
2017/7/11 明け方近くまでかかって、網蓋が6個完成しました。今日は左官の武ちゃんが、転圧機で土を均してくれます。あまり固くしめすぎないようにお願いしましたが、土自体が乾燥しているので、噴霧器で湿らせながら転圧。
有孔管設置完了 
有孔管の網蓋制作中 有孔管の網蓋 換気口の通った床下に有孔管を通す

2017/7/9 パイプの切り口にステンレス製の網で蓋を作っています。床下から換気口が通っているので、空気通し出来るよう、パイプ孔を開けていただきました。網の蓋を作るのが結構時間がかかりそうです。8個必要、、夜なべかな(^-^;

2017/7/10 薪ストーブ設置場所に、竹炭を敷き詰め、6ヶ所の縦孔は60センチまで底部分が袋状に広がるように掘って、10センチ程竹炭を入れ、有孔菅を入れました。長い有孔菅は蛇行するように配置し、切り口はステンレスの網で覆って、通気口に差し込みました。

有孔管の設置 有孔管の設置
2017/7/10 パイプが土で詰まらないように、竹炭、備長炭、麻紐をパイプの周辺に覆ってから土をかけ、麻炭、麻の繊維、竹炭を土に振りかけながら、又土をかけ、麻紐を入れ、3段階程繰返し、点圧が加わっても、土の中の炭や麻紐が空気を保ってくれるように設置してみました。 
有孔管の設置 有孔管の設置
 2017/7/10 明日は、点圧機で土を平にした後、耐火煉瓦を並べていきます。今夜も、パイプの網蓋作り残り5個、頑張ろう、アドバイスを下さった皆さま、ありがとうございました。自己責任で最後まで頑張ります(*^^*)  
空気通しパイプの網蓋作り 空気通しパイプの網蓋
 2017/7/10 ソルフェジオ周波数528hzを聞きながら、有孔菅の網蓋を制作中、、、後4個
チーズかじりながらワインφ(゜゜)ノ゜ 物づくり楽しんでいます。

予定は火の車なんですが、同じ物事に取り組むにも、楽しい方が良いですよねぇ(#^^#)、、って開き直り、、、
11:50残り3個、、今日中には当然終わらない~(>_<)

タイムリミット金曜日迄、、、13日はクラス会の役員会
まっ!!何とかなるっしょ( 一一)
金曜日は週に一度の発送日 
週1回の発送日 明日の配達用はちみつ
 2017/7/7 今日は送りの荷造りと明日の配達分の蜂蜜の瓶詰めラッピング後、薪ストーブの煙突が押し入れを通過して屋根に抜けるので押入れを空っぽにしていたら、こんな時間(11:30)になってた、
明日の出荷の準備に追われて、、 
 2017/7/6 明日は週に一度の出荷日です。
ご進物用の受注処理に追われ、一日あたふた、、
お腹が空いたなぁと思って時間を見ると、19時過ぎていた、、
息子が夕食の支度をしてくれ、「味、どうじゃった?」と聞いてきたので、「ありがとう、美味しかったよ」と答えると、、「うん」、、

「風呂、沸いとるけぇ、早よぅ入れよ、、」
気持ちがほっこり、、疲れも癒えちゃいました、、毎日が感謝の日々です、、
空気通しのパイプを入れる準備 
60cmまで掘って土の状態を確認 空気通しの孔の土の様子
2017/7/5 午前中、ハチミツの出荷を済ませ、雨上がりにホームセンターで業務用の掃除機を購入電器屋さんにも行って家庭用掃除機の部品を注文した帰り、行かない方がいいかと迷ったのですが、密柑山の麓の土砂崩れのあった箇所を見に行きました。
枯れて倒れた竹が通路を塞いでいたり、雨水でおもくなった細い竹が垂れ下がっていたり、強風、台風の後は通行が困難になっていることが多く、道具を持たずに行ってやはり大変でした、しておきたいことが山積しています。
帰宅後、空気通しの孔の土をほぐしながら業務用掃除機で吸い取って有孔管を通す準備、昨日から60cm深さまで掘って土の状態を確認しましたが、臭いもなくきれいな真砂がでてきたので一安心。

夕方になって、ローリエが残りわずかになっていることに気づき、暗くならないうちに収穫に、、、
 
今日も蜂蜜のラッピング
 夕食は、息子が買ってきてくれたアジを塩焼きにし、もやしと縮緬雑魚とすりごまの酢の物、大根おろしはお願いして、、夕食の準備の後、ハチミツのラッピングの続き、12時前、シールが足りない、今日はお仕舞い、、、
収穫し立てのローリエ 収穫したローリエを洗って乾燥中 天井からつるして乾燥
ラッピングの後、香りに癒されながら、夕方収穫したローリエを洗って乾燥中です。気忙しいけど、元気で動けることに感謝、心満タンの一日でした。 あすもきっと、良いことがいっぱい待ってる(^^♪ あ~、、もうすでに今日になってる  
百花蜜&柑橘密を瓶詰中 
 百花蜜のラピングが終わりました。 柑橘密と百花蜜の瓶詰とラッピング
2017/6/30 月末と出荷日が重なりました。
29日朝、百花蜜20kと柑橘密40kが届けられていましたが、手を付けられず、30日、薪ストーブ設置場所に有孔管を配置する予定でしたが、届いた有孔管はサイズが合わず返品となり、工事は延期となったため、玄関ドアのデザインについて打ち合わせし、アパートの部屋数6部屋分のドアの見積もり等お願いしました。

大工さんとの打ち合わせ中に、今日の出荷分の甘夏みかんが届き、午後からは、甘夏と蜂蜜の出荷作業。
昨日とは打って変わって、気忙しい一日となりました。

昨日は先輩方にすてきな場所を案内していただき、尾道の街再発見、楽しみも増えました。地元食材をふんだんに使ったランチの楽しめる和風レストランやアートなカフェは、また行ってみたいところです、素敵でした。

一日留守にすると、お仕事が溜まりに溜まってしまい、どこから手をつけようかと、数分間まんじりともせず考えてしまいました。まずは、ハチミツの瓶詰作業を早めに済ませおけば、後は箱の入荷を待ってラッピング、、、、雨のない日は第一回の摘果作業、土砂流れの現場の応急処置も気になっています。優先順位から行けば、耕作放棄園地の応急処置を急ぎたい所ですが、出荷準備も大切なお仕事です。今日も、ご縁のある方々に助けられ、感謝の一日を過ごすことができました。合掌、、、

2017/7/1~4 はちみつの出荷に追われています。ラッピング・瓶詰・出荷作業、3日午前中は島内に配達。午後から発送作業、ラッピングの続き、4日も発送作業、夕方大工さんと薪ストーブの設置について打ち合わせ、薪ストーブを設置する場所の空気通しのパイプが届いたとのことで届けてくださいました。明日は、業務用の掃除機を買って、空気孔の土を掘りだし、有孔管を通すための準備をします。
楽しい午後のひと時 
ミロラテ 手作りクッキー&サクランボ 抹茶ラテ  
 2017/6/29 午前中、受注処理、ハチミツのラッピング、配送準備を済ませ、12時前、中学時代の先輩お2人のお誘いがありランチに。ランチの後は、市民劇場例会説明に参加、そして、アートカフェに、、久しぶりに女性同士でお話、、未来が明るく感じられる濃い内容のお話でした。楽しかったです、、、
お庭のミントでミントシロップ&モヒート はちみつ100%
ハチミツ入り、ミントシロップ&モヒート ハチミツ入り、ミントシロップ&モヒート
 2017/6/27 ミントシロップ&モヒート作ってみました。レシピではライムが使われていましたが、そんなのないし、、完熟レモンで代用、ミント、ハチミツ~(^^♪ 久々の甘いドリンク、ラム酒も少し入れて食前にいただいてま~す!さわやか、、、
こちらがレシピです。
http://310tkd.com/vege/post-4206/
 柑橘はちみつの初出荷日
還暦行事後のお泊り会にて
 2017/6/26 初回蜂蜜の出荷を終え、ラッピングの箱の整理をしていたら、還暦の記念行事の後のお泊まり会で写した写真が出てきました、、、そう言えば、写真の整理がまだ出来てなかったんだ、、
皆で着回して楽しい思いでになった一枚の写真、、、
みんなどうしているかな、

気になることはたくさんあれど、、、暫くは、蜂蜜の出荷準備で動けそうもない状況です。 

蜂蜜の発送準備 
雨の少ない梅雨入りでしたが雨降ってきました 柑橘はちみつ出荷準備中 柑橘はちみつ出荷準備中
 2017/6/24 午後から雨が振りだしました。
来週発送予定の蜂蜜のラッピングに、昨晩からかかりきりです。
夕方、島根の知人より突然電話が入りました。庭に植樹して頂いた植物たちが元気に育っているかと気にかけてくださっていました。そして、知人の知人の諸々の問題について尋ねられたので、未解決の状態で放置されていることに関しても、併せて、大まかに、起こった出来事をありのままお話ししました。

さて、目指すところは、里山保全に向けて一歩ずつ、焦らず急げ、、
店舗が完成したら、匠による軸組工法の山小屋を設置、山の整備を進めながら、里山でゆたかに暮らす、を目指します、、、


2017/6/25 今日も、発送準備で一日が終わりました。
夕方になって、お気に入りのカップで、5日ぶりの珈琲タイム(*^^*)

アメリカの建築家フランク・ロイド・ライト氏が設計した「帝国ホテル」内に展示されていたカップをノリタケの森で発見、即買っちゃいました。

                         フランク・ロイド・ライトのデザイン

フランク・ロイド・ライト氏がデザインしたものをノリタケが現代風にアレンジした作品とか、、、
 2017/6/22 今日はクレーン学校、小型建設機械受講一日目でした。スケジュール一杯の中での挑戦、、、かなりきつい状況です、、明日は雨の中実技訓練、大丈夫なんかな??

19日は、薪ストーブ設置の打ち合わせで愛知県安城市に、、、
翌日は明治村、ノリタケの森見学、日本の素晴らしい文化に感動してきました。

そして、翌日は薪ストーブ設置場所に敷く竹炭が岡山から届けられ、軒下に広げて乾燥、杜の園芸、中国支部の皆さんには大変お世話になり、薪ストーブ設置に向けて大工さんとの打ち合わせ、そして、今日明日はクレーン学校受講、
帰宅後、今日の内に明日の送りの甘夏の出荷準備。
明日は左官さんが中塗り仕上げに入ってくれます。

しか~し!店舗の中は、レンガも土も上げられたままの状態なので、明日の朝早く、壁の付近だけでも竹炭を敷いて土を入れ、レンガを並べておかないと!!
留守の間は、相棒や息子たちがフォローしてくれているので、ずいぶん助かっています、、、感謝の日々です。

2017/6/23 
小型車両系建設機械特別教育終了証をいただきました。受講生30人くらいいたような、、、2組に分かれて操作方法を教わりました。教官「3時間ほどかけてみっちり訓練すれば慣れますよ、、、」「はい!頑張ります!ありがとうございます!」と笑顔でお返事したものの、疲れました、、、((+_+))雨降らなくてよかったけど、暑かった
薪ストーブを置くスペース 
 
2017/6/17 やり直し、土方しています~(^o^;)
耐火煉瓦をもう一度取って、土も取って、竹炭を敷き、有孔菅を通します。土のすぐ下がコンクリートなので、湿気が上がり、悪溜まりができないようにするためです。土をいれてすぐの時は、地固めをしているときに水が浮いていました。
麻の繊維、麻炭を入れた効果も確認することが出来ました。じめじめはしていなかったので、麻の繊維と麻炭が粉であっても入れたことで、微量でも空気の層ができていたことと、1ヶ月以上たっていたことで乾燥したのでしょう。
やってみて、改善点も見つけられればと、、自己責任でやっています。完成前に気付くチャンスがあってラッキーでした。明石の隊長の家の大地の再生講座から学ぶことが出来ました。屋内での対策になるので、アドバイスを頂きながら、使う素材も竹炭と麻の繊維です、、土を取っていくと、やはり、コンクリート面とコンクリートに近い土の層は湿り気が残っていました。
 
6/16今日の風の草刈り 
 2017/6/16 今日の風の草刈り
草のなかに、草でまん丸く作られた巣が二つ、巣作りの邪魔しちゃったかな、、
草は高さを残して刈っているけれど、もう戻ってこないかな、、、それとも、巣だった後???
 2017/6/16 ヒメジョオンは、観賞用に中国から輸入されたと聞きました。
美しいお花だと思います。食用にもなるそうです。
蕾を少し摘んで食卓に、、
 みかん山の琵琶と梅の収穫
野生の琵琶の収穫 実生の琵琶が籠いっぱい取れました
2017/6/15 孟宗竹の薮の入り口、数本の実生の野生琵琶のなかに、大実の木があります。甘酸っぱくて美味しい、小さめの実も種取り用にかご一杯収穫しました。

夕方、うみかぜ草園の、ののちゃんとおかあさんといっしょに、梅の収穫もしました。コンテナ1杯分くらいの梅が収穫出来、今年の梅干し作りに利用されます。ののちゃんは、梅の木に登って、大きな梅の実を元気いっぱい収穫していました。
 
大地の再生講座「明石市のたいちょ-の家」 
写真準備中 
 2017/6/12 兵庫県明石市での大地の再生講座「隊長の家」に日帰り参加しました。明石市の公共工事が、500tものコンクリートの擁壁工事に対し、日本で初めて、自然との共生という視点から、当初計画していた内容の変更を行い、水脈整備と空気通しを取り入れての工事を、講座形式で現場で座学が行なわれることになり、一般の人たちも参加できることになったのです。自然と共生する方向へと公共工事の未来が変わっていくことが出来るなら、日本の未来は明るいものとなるでしょう。参加して感想を述べる場では、日本初の場所に立っているという感動で涙があふれ、言葉になりませんでした。

実現にあたって、杜の園芸の隊長さんの決してあきらめないという強い祈りと努力、代表である矢野さんのアドバイスと実績、前例のない工事を実現させるため、市の職員の方々のご苦労など、どれ一つがかけても、実現は適わなかったことでしょう。

続きは編集中です
裏庭の菜園で
青大豆を撒きました ビワくらいの男爵 無肥料のメークイン、ちっちゃいよ~
 2017/6/11 一雨来そうな空模様、午前中は、レモンの追加のご注文があり荷造り。
メダカの餌やリに裏庭に行くと、菜園の小さなブロッコリーに青虫さんがいる、、、横取りしちゃいけないでしょ!!とブツブツ言いながら、取り合えず植えていれば食卓に上る、大豆も蒔いておこうかな、、、
ということで、大豆を50粒ほど撒きました。アバウトに、裏庭の開いてるところ、あっちこっちと、、
芽を出したらどこに撒いたかわかるでしょ、、(^^;

そんな風に植えた男爵とメークイン、ビワくらいに育っている(;^ω^) お味噌汁にちょうど良い、、、数があったら、息子の大好きなポテトフライに、、、雨が降り出したので、今日はここまで、、、種まきの後の恵みの雨、、、嬉しいな~(^^♪
橙畑のお手入れ 
橙の芽欠き作業と風の草刈り 橙畑の管理
 2017/6/10 橙畑の様子を見に来ました。新芽が元気よく出ています。草刈りは5月中旬スタッフが来てくれたので、それほど伸びていませんが、風の草刈りと芽欠き作業をしました。
園内の一部分しか進んでいなかった水脈整備ですが、整備したところは、木が一気に伸びて、新芽がたくさん芽吹いており、有葉果もまずまず着いているようです。

猪が掘り返して、道路に石ころが散乱し、通る人に迷惑にならないように管理する約束でお借りしているので、帰り際に30分ほどかけて、通路際の雑草取りと石ころを出来る範囲で除去しました。
メダカの稚魚がいっぱいに
メダカの産卵時期です 小さなメダカさんがいっぱいになりました。
 2017/6/10 卵のついたほてい草を入れ、バケツを日向に置いておいたら、水温が上がり、稚魚がいっぱいになりました。池の中では、メダカたちが毎日のように卵を産み付けています。

バケツの中では、孵ったばかりの透明な稚魚が、数え切れないほど泳ぎ回っています。(◎_◎;)どれだけ増えるんでしょ~
お近くの方、メダカを飼ってみませんか、、、(*^^*)
ビワが山盛り
山盛りのビワの実 ビワの種酒
2017/6/9 今日は週1度の発送日でした。17個の荷造りは一人ではちょっときつい量でしたが、甘夏を届けてくださった生口島のご夫妻がお手伝いしてくださったので助かりました。お二人は、作業後お好み焼き屋さんで昼食を摂られたそうです。管理人は、雑穀ご飯に卵かけで、行者ニンニクの醤油漬けを刻んで、ヘンプシードナッツとすりごまを混ぜ混ぜしていただきました。食事の30分前には、必ず水分を摂取、代謝がよくなり快調です、、、生野菜を摂取する時間を持った方がよりよいのですが、今日は、ビワで代用でした。

ビワが山盛り、息子たちはたべないので、知人に送ったり、ご近所に差し上げたり、、まだまだ、木にはたくさん生っています。今年は豊作でたくさん種酒が作り置きできます。よかった、、、(#^^#)

利尿作用もあり、カロティンが豊富、ビタミンB、リンゴ酸、カルシウム、クエン酸、鉄分など、、、
ビワの花も、風邪に効能があるようです。花の時期はちょうど寒い冬、花を水に15分ほど浸して日に2度飲むとよいのだそうです。はちみつ漬けにした花を蒸して食べても良いそうです。参考ページ「健康栄養効果効能」

今日は酒屋さんにウォッカ4リットルお願いしました。
ビワの栽培について、剪定時期、摘果など、もっとお勉強しておきたいと思います。
 
お気軽にメールお問合せください。Tel 0845-24-0465
722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:http://www.ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami plantation. All Rights Reserved