ようこそ!ここは自然栽培柑橘のネットショップ≪因島のおばあちゃんのみかん園≫です
Natural cultivation citrus Murakami farm
電話 0845-24-0465 大地の恵み
お買い物はこちらから送料 お支払いについてお問合せ お便りはこちらから村上農園のご紹介地図(村上農園所在地)トップページへ特定商取引表記
新着情報 Information
 プライバイシーポリシー
 農家兼業日記5
 お客様便り
 今年の温州みかん
 今年の八朔
 安全なみかんって?
 ナギナタガヤ
 柑橘レシピ 
 みかん豆知識
 みかんの梱包
 八朔の梱包 
 はちみつの話
 リンク(ちょこっと寄り道)
 手作り石鹸レシピ
 Facebook
お買い物 He buys it and it is a thing.
 listbuttonFAXでのご注文
 listbuttonお買い物カート
 listbuttonメールでのご注文
商品一覧 Goods list
 柑橘類
 温州みかん
 八朔
 甘夏みかん
 ネーブル
 キンカン
 レモン
 キヨミオレンジ
 すっぱい夏みかん
 アンセイカン
 スウィートスプリング
 百花はちみつ
 柑橘はちみつ
 ハーブ類
 ローリエ
 カモミール
 サフラン
 ハブ草茶
 山椒の実
因島のおばあちゃんのみかん園スタッフです!
準備中

 私たちが栽培しています

携帯用Qrcord
ホームページ
携帯Qrコード ホームページ
メール
携帯Qrコード メール
戻る 農家兼業日記7へ
 
2012/3/19 出荷作業後、甘夏ミカンのせん定始動。チェーンソーで枯れ枝、下垂枝を切り上げた後、花梗枝(実がついた後の枝)をせん除。昨年寒波で枯れたレモンの木と、イヨカンの木も切り倒し処分しました。
2012/3/20 午前中郵便局に行くと、閉まっていたので今日は祝日だったんだと気づきました。午後よりせん定作業、6時20分帰宅。
2012/3/21 午後からせん定の続き、甘夏ミカンのせん定は5時半に終了。首から肩にかけて筋肉痛、右中指腱鞘炎。明日は八朔園、頑張ろう!!(@_@;)
2012/3/22 午前中、甘夏ミカンの出荷作業、本業の事務処理、午後から八朔園のせん定。
 
 
2012/3/15 甘夏ミカンの果皮でピールを作りました。17日自然栽培講習会が福山市内海町田島で開催されるため、講演会スタッフの方々へのお土産に作りました。前日に田島の古民家でお泊りする予定だったのですが、仕事の都合でお泊りは出来なくなり、夕食をしながら打ち合わせして一旦帰宅しました。オレンジピールは乾燥させるのに3日はかかるので薄切りで作り扇風機をかけっぱなしで丸一日乾燥させました。
自然栽培 イヨカン イヨカンの収量は50k 
 2012/2/11 中庄町「せどの畑」でイヨカンの収穫終了。昨年の寒波で2本枯れ、今年の収量は50kでした。
ちょっとさみしい感じです(ー_ー)!!
収穫しながら、枯れ枝の切除、切り上げせん定をし2時間ほどで終了。
西浦のみかん山「出雲地」にも行き、キヨミオレンジの残りを収穫。
切上せん定後の実りの様子(収穫前) 
自然栽培因島産八朔 収穫前 自然栽培因島産ネーブル 収穫前
               八朔          ネーブル 
2012/2/1 午後から、因島三庄町の八朔を500k収穫ネーブルも1本だけ、枝の一部分に小粒がたくさん実り、色付きも良くなっていたので収穫。仕事の合間に息子たちが手伝ってくれたので、寒波の前に収穫を終えることができました。長い間雨が降っていないので、果皮は少し乾燥気味ですが、甘味が増し一段と美味しくなっています。我が家では、傷あり八朔を毎日毎日、飽きもせず食べ続けている所為か、風邪もひかず、異常乾燥にも負けずみんな元気いっぱいです。八朔に含まれる機能成分シネフィリン・ナリンギンのおかげでしょうか?
切上せん定後の実りの様子(収穫前)  
因島三庄町の八朔 実り 因島三庄町の八朔 実り2
2012/1/22 切り上げせん定を施した枝に実がつくと、このように↑枝がしなって収穫がしやすくなります。このような枝になった実は、平均Lサイズ~3Lサイズがほとんどで、MSサイズは見当たりません。また、これだけ実が生っていても、どの枝も折れていませんでした。これは植物ホルモンの働きによる結果です。

八朔・甘夏ミカンの味が安定してきたのは2年前から。3年前までの有機肥料施肥期は、毎年味にばらつきが出ていました。何故酸味の強い実が所々に出るのか、糖度14度以上の実がでるのか、まったく訳がわからず、高価な有機肥料を施肥し、手をかけ頑張っても結果が出ないことに行き場を失っていました。

今は、有機肥料を施肥すれば根が傷むので味にばらつきが出るのは当然だと理解できます。肥料施肥すれば、植物ホルモンの働きが変化する。せん定方法でも植物ホルモンの働きは変化する。実践が結果を示してくれました。

切ってはならない枝を切っていると養分を根に送ることができなくなり樹は衰弱し枯れていく。言葉を発しないけれど、しっかり観察していると結果が見えてくる。 ハイッ!結“果”です、、、(~_~;)
八朔の糖度12.6度この八朔の糖度は11.9度これは12.1度 甘いです。こちらは12度 これも甘くておいしいです。
2012/1/22 収穫した八朔の実の糖度を計測すると、平均12度前後。無肥料栽培2年目となります。味がどうなるかと不安もありましたが、確信が持てるようになりました。

相変わらず見栄えはよくないですが、食べやすく理想的な味加減、青味が残っている実でも12度を超していました。まだまだ改善点はたくさんあります。ガンバリます!!(^。^)
/
甘夏ミカンの収穫
2012/1/21 午前中は末息子が昨日からの続き、甘夏ミカンの残り7本の収穫を済ませてくれました。おばあちゃんの家の駐車場で寒波に気を付けながら、しばらくの間(半月~1か月)空気の乾き具合、湿度など様子を見ながら、風をあてた後みかん小屋に棚入します。
午後から因島三庄町の八朔を収穫する予定でしたが、あいにくの雨、いえいえ!(^^)!有難い恵みの雨です。25日-3℃と出ていた予報も、昨日から-1℃に変わっています。このまま2月初旬までこの暖かさが続いてくれたら最高です。油断せず、朝晩の温度変化を把握していかないと!

午後からも雨は止まず、今日は出荷作業と、本業の事務処理(繰越処理)、ホームページの更新。一昨日の雨の日は、ぎりぎりで源泉の申告にいきました。
畑の作業ができないときも、仕事はたくさんあり、したいこともいっぱいあります。少し時間ができたら、買い物にも行ってみたいなぁ.....
キヨミオレンジの収穫 2012年のキヨミオレンジ 
2012/1/20 出雲地(みかん山)のキヨミオレンジを収穫、キヨミはデリケートなので、果皮障害が起こり易いけれど、中実には問題はなく、障害が出ていてもすごく日持ちがします。果汁たっぷりなので、毎朝ジュースでいただいてます(^・^)ウフッ役得!? 
甘夏ミカンの収穫1 甘夏ミカンの収穫2 
2012/1/20 週明けから零下の予報。本業の仕事の合間に、息子2人が甘夏ミカンの収穫を手伝ってくれました。24日までには八朔もすべて収穫を終える予定です。今年は収穫前から甘夏みかんは食べやすく、棚入後が楽しみです。グリーンオレンジ(スウィートスプリング)も甘くて思わず『美味し~!!ちょっと食べてみて!』

2012/1/19 雨、気温はやや暖かめ、毎日最低気温の確認、油断はできません。零下2度の寒さが来る前に収穫をしておかなければなりません。25日は-3度の予報が出ています。 

2012/1/18 中庄町、向うの畑の八朔をおばあちゃんと末息子と3人で収穫。収穫している間は我慢していましたが、帰宅後パクパク!とまりませ~ん(#^.^#) 甘酸っぱくて、ほろりと苦味があって、やっぱり里の八朔が一番かな?!(#^.^#)
温州みかんで陳皮つくり 陳皮の出来上がり 
2012/1/15 温州ミカンの果皮で陳皮つくり。半月ほど乾燥させると出来上がります。みかん豆知識のページにも掲載していますので、ご参考までに。 
みかん園のネーブルの木1 みかん園のネーブル2 
2012/1/13 みかん山のネーブル5本
色付いた実から収穫を始めました。ぷちんと実を摘むと、シトラスの香りに包まれます。これも収穫の喜びの一つです。 
中庄町の八朔園 八朔園の最上段 
2011/1/11 ↑因島中庄町の八朔園(向うの畑の八朔の木。ここにはこうした実がついていない木が10本近くあります。雑木に覆われ、ひ弱な枝が高所に伸び、収穫が困難だったため、立枝を切り、木を低く育てようとしたためです。
 数年前までは日の当たらない雑木と竹に覆われた雑林のような圃場でした。
ここまでにするには8年ほどかかっています。
 
 今は写真のように光が入る明るい圃場になっています。強せん定で枯れるかと思っていた八朔樹も切り上げせん定を4年間続け、勢いのある立枝がこれだけ伸びてきています。

 来年は、実りが期待できるかもしれないと思うと、半ば諦め、伐採してしまおうかと思っていた当時のことが脳裏を巡っていきます。
 切ってはいけない枝を切ってしまったことへの後悔は消えることはありません。自分がしてしまった失敗を、二度と繰り返さないように後世に伝えていかなければと思っています。

 写真右、西北側は、雑木や蔓や茨の根が張り廻っているので管理が大変です。苗木を植樹していこうと思っていますが、急斜面を300m下まで収穫物を運ぶ重労働を思うと躊躇ってしまいます。
また、北の急斜面は、今から45年ほど前、台風の雨の影響で、土砂崩れが起こり、大きくえぐれています。何十トンもの土砂が、300m下の道路からT農園まで流れ込んだときは大変でした。地域の人たちが協力し合って土砂を取り除いてくれました。
竹と雑木の伐採 夏みかんの収穫 
2011/1/11  因島中庄町の八朔園(向うの畑)には夏みかんの木が3本あります。明日出荷するため収穫しました。ここの南側斜面からは孟宗竹、雑木が迫ってきています。昔は耕作地でしたが、もう何十年も放置されたままです。日陰になるので、竹と雑木の伐採を行いました。このような放置園での作業は重労働です。地域で対策ができるとよいのですが....
3年で1m50㎝伸びた八朔 切り上げせん定した枝の八朔 
2012/1/11 因島中庄町の八朔園(向うの畑)
この八朔の木は、25年以上前から1m50㎝以上育たず実もつけなかったのですが、周囲の雑木や竹を切り、4年前から切り上げせん定を施すと、3m以上生育しました。実がつくと、↑このようにしなり収穫が楽です。 
ユズ湯を楽しむ
2011/1/10 息子が毎年因島重井町の祇園祭・十七夜祭の神輿を担ぎ、豆絞りの手ぬぐいを持ち帰るので巾着にしています。巾着の中には、今夜はユズが入ってます。ぽかぽかに温まって湯冷めもしにくく香りにも癒されます。果皮に含まれる油分が皮膚表面を覆い保湿保温効果がたかまるからです。 
 
2012/1/10 7日に収穫したユズでポン酢を作りました。橙(ダイダイ)でもとっても美味しくできますよ。
★ユズポン酢 (材料 自然栽培ユズ20個、有機醤油500ml みりん半カップ 鰹節 昆布)
 ホウロウの鍋の上にザルを乗せ半分に切ったユズを絞ります。材料を全部ホウロウ鍋に入れ火にかけ、一煮立ちさせるだけ。冷めたら濾します。出し殻のカツオ節は細かく切って乾燥させ、ふりかけにします。

今夜の夕食は、蕎麦、ぶりの塩焼きと、暮れに三陸で購入した三陸ワカメをもどしお刺身に、ユズポン酢にわさびを利かせていただきました。熱々の蕎麦湯にも、ユズポン酢を少し入れると美味しかったです。

種は乾燥させ、ウォッカに漬けこんで、化粧水に利用します。
果皮も、ユズ味噌・ユズのママレード・ユズ風呂等、捨てるところってヘタくらいでしょうか。
こうしてみると、柑橘って万能ですね(#^.^#)
村上農園の根性橙の名前の由来
竹藪に囲まれ、蔓にまかれ、枯れる寸前のところ、周囲の竹を伐採し、切り上げせん定を施しましたところ、年々枝葉をのばし勢いを取り戻し、4年後にはたわわに実を付けるようになりました。
ダイダイの底力! 橙の古木
2012/1/7 みかん山の端っこには根性橙(ダイダイ)が1本あります。八朔園にも2本。甘夏園にも1本。島では橙の木はあちらこちらでよく見かけます。我が家では、この根性橙を、橙ポン酢、シャンプー後のリンスとして活用しています。料亭等でも、料理の引立て役として大活躍。完熟した実はママレードにも利用できます。橙の隠れファンは結構いらっしゃるようです。根性橙の木のすぐ上にはユズの木が2ほんあります。ユズ湯に入ってみたくなり手の届く範囲のユズの実を収穫。
夕日を浴びた夏みかん 黄昏色の夏みかん
2012/1/7 ママレード用にと夏みかんのご注文があったので収穫しました。今年の晩柑類は、雨の恵みで酸抜けがすすんでいて食べやすいです。↓夕日を浴びてみかん山は黄昏色です。
黄昏のみかん山
2012/1/5 因島三庄町の八朔園での作業、実の様子は順調。色付きの良い実は糖度も11度平均、酸抜けが早いので食べやすい。
柑橘園の様子キンカンの甘露煮  柑橘園の様子キンカンで酵素つくり
キンカンの古木 古木キンカンの実
2012/1/4 因島中庄町向うの畑の最上段にある2本の↑金柑の古木。実付が悪く色づきもでない樹でしたが、4年前より周囲の雑木や竹を切り、切り上げせん定を施し、手入れを続けてきた甲斐あってか今年はたわわに実を付けてくれました。色付きの良い実を試食しましたがとても甘く感動です。今日、写真を撮り直し摘果と防寒対策をしました。
 甘夏みかんを収穫
 2012/1/3 因島中庄町せどの畑甘夏ミカン園、携帯で撮影したので画像が悪いです。ママレード用にとご注文があり、甘夏ミカンを収穫しました。

お気軽にメールお問合せください。Tel 0845-24-0465

722-2211 広島県尾道市因島中庄町4142-5
村上農園 Tel&Fax 0845-24-0465 携帯090-1185-1466
URL:http://www.ii-mikan.com/Mail:

上に戻る

Copyright (C) 2005 Studio Murakami farm. All Rights Reserved